ロレックスの魅力とは?
オーバーホールをする理由について

大人の男性が憧れる時計と言えば、やはりロレックスです。ロレックスを着用することにステータスを感じる人もいるようです。今回は、ロレックスの魅力やオーバーホールの必要性について紹介していきましょう。

ロレックスの魅力

こちらでは、ロレックスの魅力について見ていきましょう。創立100年超えの老舗ブランドはどのような魅力があるのか、時計購入を検討している人も参考にしてみてください。

 ・完成度が高い

ロレックスは高級時計ですが、完成度や実用性の高さに定評があります。さまざまなシリーズが展開されていますが、どのシリーズも完成度が高く多くのファンを魅了しています。

 ・シンプルで精巧なデザイン

ロレックス自体、基本的なデザインが変わらないことで有名です。ほとんどのシリーズが50年以上の歴史を持っていて、多少のデザイン変更はあっても大幅なものではありません。奇抜なデザインがある時計も増えている中、ロレックスは独自のシンプル路線を突き進んでいるのです。

 ・使用場面を選ばない

ロレックスはビジネスマンにおすすめされているという印象がありますが、実はどんなシーンでも活躍するデザインとなっています。腕時計は使用場面に合わせて変えるものと言われていますが、ロレックスに関してはどのシーンにもマッチする特徴があるのです。

ロレックスの人気シリーズと言えば?

ロレックスはさまざまなシリーズが存在します。しかし、どのシリーズが人気を集めているのか分からない人も多いでしょう。こちらでは、ロレックスの人気シリーズについて見ていきましょう。

 ・デイトナ

2016年に発表されたデイトナの最新モデル「116500LN」は誕生してから不動のナンバーワンに君臨し続けています。デイトナ自体は1963年に誕生した歴史が長いモデルです。しかし、2016年に発表された最新モデルで一気にトップに上り詰めました。

 ・エクスプローラー

ロレックスと言えばエクスプローラーと言われるほど、多くの人に人気を集めています。名前の通り探検家(エクスプローラー)のために開発されたものであり、武骨な雰囲気がありながらもロレックス本来の洗練された印象は変わりません。

 ・サブマリーナ

エクスプローラーと同様に多くのファンを持っているシリーズ、それがサブマリーナです。ロレックス本来の雰囲気の中にカジュアルさも感じるタイプです。年齢問わずに人気を集めているシリーズでもあります。

オーバーホールが必要な理由

ロレックスのように高級時計を持っている人は、定期的にオーバーホールに出します。費用もかかってしまうのであまり気乗りしない人もいるでしょう。こちらでは、オーバーホールが必要な理由について見ていきましょう。

 ・時計の健康診断

オーバーホールは時計にとっての健康診断のようなものです。時計内部の保油性やネジのゆるみなどが起こっていないかしっかりチェックをします。サビや腐食などが起こっていたら、その時点で修理することで修理費用を抑えることもできるのです。

 ・3年目が重要

オーバーホールは定期的に出す必要がありますが、購入して3年目は特に重要です。

なぜなら、新品時に金属粉が出やすい時期であるため、異変が起こりやすいのです。そのため、最初の3年目でオーバーホールに出しているか出していないかで末永く使えるかどうかが決まると言われています。

 ・劣化状態を知る

ロレックスは長く使える腕時計ですが、オーバーホールをしないと寿命が早くなってしまいます。本来であれば修繕するべき時期にしていないからです。高級時計だからこそ、メンテナンスの手間も惜しまないようにしてください。

ロレックスのオーバーホールでおすすめの業者

こちらでは、ロレックスのオーバーホールを任せたい業者について見ていきましょう。どの業者に依頼するべきか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

 ・カナルクラブ
業界最安値を誇るオーバーホール業者です。最安値でありながら、技術力が高いので安心して任せられると答える人が多いです。状態によって異なりますが、17,000円からという破格の金額でオーバーホールが可能となっています。

 ・タムタイム

40年の実績や信頼を持っている業者です。数多くの時計の修理、オーバーホールを行ってきているので知識や技術力は確かと言えます。安心して任せたい人におすすめです。

 ・大樹

創業30年以上を誇る修理工房です。オーバーホールの完成度が高く、大切なロレックスをしっかり修繕してくれます。

ロレックスのオーバーホールについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

ロレックスのオーバーホールはどの業者でもいいわけではありません。
しっかり実績や信頼度などをチェックしておきましょう。
オーバーホール業者が決まっていない人は、
今回紹介した業者から検討して見てはいかがでしょうか。