子どもの幸せを願うお母さんが
笑っていられますように

不登校だった娘が見せてくれた景色
感じさせてくれた人のやさしさと温かさ
不登校は不幸じゃない
親子のしあわせを再発見する貴重な体験でした
(自己紹介より)

☆Sunny Smileよりお知らせ☆

★新着★
🆙✲4/11(日)//アメブロ更新しました。
《再始動!フリースクールHOPEさん》

✼4/4(日)//アメブロ更新しました。
《4月の親の会等開催情報》

不登校関連情報を載せてます↓
【Amebaブログ↓】
https://ameblo.jp/colorful-flower720

娘の不登校「気づけなくてごめんね」

こんにちは。こちらのページを訪れて頂きありがとうございます。Sunny Smile です。

私の娘は小学校6年生から中学校3年生まで不登校でした。私は娘が3歳の頃に離婚しシングルマザーになりました。子供の世話は実家の母にお願いし、3つの仕事を掛け持ちし朝早くから夜遅くまで休みなく仕事をしていました。女手ひとつで生活し子育てしていくのに必死でした。

 そんなある日、娘の友達のお母さんから連絡がありました。
「Sunnyさん、ちょっと外で会いましょう。話があるの…」そこで聞いたのは娘がネットの書き込み欄に学校でのつらい心境をつづっているという事実でした。

 私は頭が真っ白になりました。
「気づけなくてごめんね…」
娘に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 今思えばずいぶん前から様子がおかしかったのです。
学校からひとりで帰って来るようになり、外へも遊びに行かなくなっていました。表情がなくなり能面のような顔になっていました。

 でも、私は何もしてあげられませんでした。毎日の生活の事でいっぱいいっぱいになっていました。

娘に笑顔が戻った日

学校に行かなくなり時間を持て余した娘は自宅でYouTubeを見る時間が増えました。そこであるアイドルのファンになり、そのアイドルの動画を見るのが日課になりました。娘なりにやりたい事を見つけたようで少しづつ元気が戻ってきました。

 私は娘に内緒でそのアイドルのライブチケットを2枚手に入れました。
「一緒に出かけるよ」
と行き先を告げずに連れ出しライブ会場へと車を走らせました。

 その日、私は娘の笑顔を見ました。1年ぶりの笑顔…。久しぶりに娘の生き生きとした表情を見ました。しゃべらない、笑わない…ロボットみたいだった娘が、隣で笑ったり、感動して泣いたりしていました。

 「やっと感情が戻ってきたな。人間らしさが戻ってきたな」
娘の姿に安心しほっと胸をなでおろしたのを覚えています。
「今笑った!笑ったよね!」
少しだけ自分のことも褒めてやりたくなった瞬間でした。

子供たちとお母さんの笑顔を守りたい

私たち親子は教育相談センターに、家以外の安心して過ごせる居場所を求めて通い始めました。そこで同じように相談のために通う親御さんに会いました。

 そこに通う子どもたちを見て
「こんなに素直な子たちが、なぜしんどい思いをしなきゃならないの?」
やりきれない気持ちになりました。お母さんたちも思いつめていてとても大変そうに見えました。

 「不登校だからといって不幸なわけじゃないよ」
私は心の中でそうつぶやきました。

 生活費を稼ぐため朝から晩まで働きづめだった私は、少しづつ娘と過ごす時間を大切にするようにしました。何が好きで、何が嫌いで、どんな時に何を思うのか…娘のことを改めていちから知る時間でした。そして、子供が安心して過ごせて笑顔になれる毎日を送るためには、私も子どもとの関わり方を変える事や私自身が日々を楽しんで笑顔でいることも必要だと気づきました。

 まず自分の関わり方を変えようと、私は親子のコミュニケーションや不登校になった時の対応について、講座や勉強会の情報を集めるようになりました。けれども、実際に参加することはありませんでした。シングルマザーの私にはどれも講座の内容が高く参加を諦めるしかありませんでした。

いつも笑って励ましてくれたFさん

私には頼れるお姉さん的存在のママさんがいました。教育相談センターで知り合ったFさんでした。私が仕事や家事で忙しくついつい娘にイライラしていると

「洗面台がびしょびしょになったっていいじゃない。
ごはんちゃんと食べてちゃんと寝て
生きててくれてるだけでいいじゃない」

「子どもって考えていないようでちゃ~んと考えてるから大丈夫!
必ず動き出す日が来るから、子どものことを信じてね」
そう言っていつも励ましてくれました。

たった一度の人生 心から安心して ひとつでも多くの笑顔を

ところが2019年にお世話になったFさんが急逝。
いつも私を気にかけてくれていました。
私が心が苦しすぎて返信しなくても『いつでも話し聞くからね。近いうちまた会おうね』 とメールをくれたのが最後でした。
あの時会いに行けばよかったと、今でも後悔しています。

私自身もがんを経験しています。
検査の日も、告知された日も1人でした。

あの日、『悪性腫瘍』と書かれた手術日の書類を手にショックと大きな不安を抱え、どうやって帰ったかは覚えていません。

そんな経験した私が今思うこと。

 命には限りがあるのです。
使える時間には限りがあるのです。

 毎日いろいろなことがあります。
けれども、私は愛する子どもと笑っている時間が多い方がいいです。
不登校に悩んでいるお子さんやお母さんにも、やっぱり笑っていてほしいのです。

 人生はたったの一度きりだから。

不登校になった娘が教えてくれた人の温もりと共に生きる歓び

不登校や生きづらさを感じている人もやりたい事をやっていいのです。
あきらめなくていいのです。
やり方はいくらだってあるし、協力してくれる人たちもいるのです。

 娘が見せてくれた景色がたくさんあります。
体験させてもらえたことがたくさんあります。
人と繋がることや頼る事で気づかせてもらえたことがあります。
人ってあたたかい。優しさにふれると心があったかくなる。

 娘が不登校から復活する過程で私に気づかせてくれたことです。
不登校は不幸じゃありません。
私たちの幸せを再発見する貴重な体験でした。

 お子さんの幸せを願うお母さんや保護者の皆さんが安心して過ごせますように。
1日も早くお子さんと心から笑い合えますように願っております。
最後までお読み頂きありがとうございました。

SunnySmileの活動実績

不登校は不幸じゃない㏌新潟市

2019年8月18日(日)
新潟市教育委員会の後援で開催する。
新潟市内の全通信制高校のパンフレットを集め配布。
通信制高校やフリースクールについて各代表様からの説明、保護者様から質疑応答を受け理解を深める。70名以上の保護者様と支援者様にご参加頂く。

不登校ママcafe~学び編~

2019年12月7日(土)
MamaCafe 川村久実子ファシリテーターを迎え、
子どもの特性を知る『強みを活かす!子どものタイプ別対応法』
を開催。限定10名様の保護者様にご参加頂く。

天気の子プロジェクト㏌新潟市

2020年1月23日(木)
『フリースクールロビオキ』様の主催協力、新潟市教育委員会の後援協力のもと開催。
保護者様、支援者様、通信制高校の生徒など161名が参加。
映画【天気の子】を鑑賞し、多様性のある生き方にふれる機会となる。

わたしらしく、あなたらしく~不登校のその先へ~

2020年2月23日(日)
新潟市で初めて『新潟市教育委員会』『新潟市教育相談センター』も特別参加の大相談会を開催。
新潟市教育委員会から不登校について現場からの説明や、新潟市教育相談センター長による施設紹介・個別相談を行う。
また、新潟市内の『親の会』『フリースクール』の代表様による紹介と個別相談も行い、不登校経験者や経験者の親御さんの経験談をトーク形式で聞き理解を深める。
126名の保護者様にご参加頂く。

わたしらしく、あなたらしく~不登校(経験)をしあわせの糧に~

2020年9月6日(日)
新潟市内で28年間、不登校で悩む保護者の方に寄り添ってこられた親の会『アーベルの会(子どもの発達と不登校を考える会)』の代表 西信之様から、夏休み明けのお子さんが心配な保護者の方へ「何が大事なのか」ご後援頂く。
新型コロナ感染対策として参加人数を30名様に限定し、満員で開催。
質疑応答の時間も設け、学び多き会となる。
後援は引き続き新潟市教育委員会。

ゲーム交流会㏌新潟市~スマブラSPトーナメント~

2020年11月3日(火・祝)
主催:SunnySmile//共催:フリースクールロビオキ様//協力:新潟西警察署 生活安全課:一富会館様 親子30組限定で開催。
家で日中オンラインゲームを1人でしている子どもたちに、自分と同じ境遇の仲間との交流の場を作ってあげたいという想いから企画・開催。
これを機に、オンラインの正しい使い方を新潟西警察の方から学び、使用の際の約束事や注意点を親子で話し合うきっかけとして頂く。
後援は引き続き新潟市教育委員会。

不登校ママcafe~学び編~

2019年12月7日(土)
MamaCafe 川村久実子ファシリテーターを迎え、
子どもの特性を知る『強みを活かす!子どものタイプ別対応法』
を開催。限定10名様の保護者様にご参加頂く。

スタッフ紹介

佐藤さん
小・中・大学と不登校を経験。
大学生の時に人生最大の挫折をするが、
当時、親以上に助けてくれた素晴らしい恩師との出会いにより、人生観が大きく変わる。

★☆★メッセージ★☆★
不登校を通して沢山の辛い経験もしたけど、
全ては自分の人間成長に繋がる
大切な学びの時間だったと、
今は心から経験してよかったと思っています。
これからは不登校の経験を活かして、
不登校で悩む当事者の方や
そのご家族を笑顔にすることが夢です。
スタッフママさん
大4男・大1女・中1女のママ。
今は専業主婦。
長女が中1秋~中3まで不登校経験あり。
韓国ドラマとJO1に癒される毎日(笑)
スタッフママさんチーム
いつも私を支えてくれているママ友チームです☆
お子さんが不登校を経験してるママさん方で、
悩みやツラい気持ちも経験してる、心の温かい優しいママさんチームです(о´∀`о)
スタッフママさんチーム
いつも私を支えてくれているママ友チームです☆
お子さんが不登校を経験してるママさん方で、
悩みやツラい気持ちも経験してる、心の温かい優しいママさんチームです(о´∀`о)

わたしらしく、あなたらしく~不登校のその先へ~
=不登校進路ガイダンス=
開催決定!


『大勢いる教室が苦手…』『朝なかなか起きれない…』…学校に行けない理由は十人十色様々です。
行きたくないわけじゃない『行きたくても行けない』子供たちがたくさんいます。

それは決して悪いことではありません。

今は学校以外の学びの場や居場所が、この新潟市にも少しずつ出来ています。

私たちSunnySmileが1件ずつ足を運んで、情報を集めました。
『学校以外でもお子さんの合う場所』を探しにいらっしゃいませんか?

私たちSunnySmileがお手伝いします。


*日にち…令和3年1月31日(日)
*時間…12:30~15:30 (受付12:00から)
*会場…黒埼市民会館  多目的ルーム1・2 他
(新潟市西区鳥原 )
*参加費…500円 (冊子・資料代)

*対象…小中学校に行きづらさを感じてるお子さん
不登校のお子さんの保護者、ご家族の方
学校関係者の方、教員の方、不登校関連の支援者の方

*120名様限定(保護者、ご家族の方を優先させて頂きます。場合によっては学校関係者、支援者の方のご参加を御遠慮頂くこともございます。予めご了承ください)

参加協力校・イベント内容の詳細は下記の【Amebaブログ】に載せてますのでご覧下さい☆
Sunny Smile ↓
https://ameblo.jp/colorful-flower720/entry-12648213258.html

出張 親の会 

私たちSunnySmileスタッフとアーベルの会 代表 西伸之さんと共に《出張 親の会*アーベルの会新発田例会》をスタートしました!

とてもアットホームな会です。
話したい方も、話を聞きたいだけな方も
お気軽にいらっしゃってくださいね☆

【日にち】令和3年3月24日 水曜日
【時間】18:30~20:30
【会場】新発田市隣保館
【参加費】500円(お菓子・ドリンク込み)
  
お申し込み・お問い合わせは下記のメールアドレスへお願いします。

ママスマ 希望のティータイム

60分間丁寧にお子さんの様子やご家庭の状況を聞かせて頂きます

お子さんにあった安心できる学校以外の場所を紹介します
お話をお聞きすることで保護者様のお気持ちやお考えを整理することができます
お悩み解決につながる情報をお知らせします
お悩みに寄り添い今日の安心と明日への活力を共に育みます
先の心配ではなく今すぐにできる事を一緒に見つけます

 【参加費】 60 2,000円
(2020年12月まで無料)
※今後より良いサポートができるようにアンケートにご協力下さい

希望される日時(60分間)をお知らせください。
※全スタッフ日中は仕事をしておりますので対応が夜間になることが多いかと思いますが、ご了承下さいm(__)m

「ご予約はこちら」のボタンをクリックし
必要事項を入力してメールを送信して下さい。
48時間以内に折り返しご連絡いたします。

Sunny Smileより皆様へ

このページを最後までご覧頂きまして、ありがとうございます<(_ _*)>
先日無事終了致しましたイベントでご挨拶させて頂きましたメッセージを一部、皆様にもお届けしたいと思います。

**********

 今日一歩を踏み出した事、緊張しただろうし勇気も要ったと思います。
 私もその一歩が出るまで時間がかかりました。
毎日1人で悩みに悩んで、『これじゃ進まない』と気付いた時に一歩出た事で世界が変わりました。
 私自身暗闇にいた時に、たくさんの方々に支えて頂いて今があります。
 
 新潟市にも支援してくれる人がたくさんいます。
学校に行くのが難しかったら、教育相談センターやフリースクール・一部の通信制高校には中学生コースもあります。

 今日ご来場くださった皆さん、
悩んで 苦しくて 悔しくて…
たくさんのそんな想いを1人で抱え込んで 涙してきたと思います。
1人で頑張らないでいいんだよ、
周りをどんどん頼って欲しい。
その中の1つに、情報提供している私たち団体や親の会もあるので、困った時しんどい時は、思い出してもらえたら嬉しいです。

これからも皆さんの笑顔のために、
私たち活動して参ります。
この新潟の空の下に、私たちもいるからね(о´∀`о)