2021年度 京都産業大学経済学部
地域活性化フィールドワークⅠ
受講生募集用の説明会案内サイト

説明会①(対面・オンライン) 12月15日 (火)
開始時間】12時25分(~13時05分) 
【場所】5号館5301教室
説明会②(「上級英語プログラムII」内で実施) 
【開始時間】13時55分
※説明会に参加できなかった学生には、随時、メールで相談に乗ります。興味のある方は、このサイトの内容に目を通して、
kuramoto@cc.kyoto-su.ac.jp
まで、連絡をください。わかる範囲で、何でもお答えします。
今の1年生
(来年度の2年生)
から参加可能
(注意1)募集締め切りの日程
2021年1月6日(水)16時30分
※申込時に事務室に提出する書類がありますので、早めに準備して、間に合うように提出してください。

(注意2)申し込み書類の提出先
京都産業大学経済学部事務室(5号館1階)
※このウェブサイトからは申し込みができませんので、気を付けてください。

兵庫県たつの市での課題解決型フィールドワークに
参加してみませんか?

  • 特徴1:市役所からの全面協力
  • 特徴2:教室での学びの実践
  • 特徴3:他大学の学生との政策コンテスト
  • 特徴4:大学生としての自分の力で地域貢献
  • 特徴5:日頃会えない学外の人とのふれあい
  • 特徴6:グループワークで仲間と協力・新たな自分の力の発見
  • 特徴6:グループワークで仲間と協力・新たな自分の力の発見

到達目標

このフィールドワーク科目を開講するにあたって、学生のみなさんにとって「他では得られない貴重な経験」から、大学での学びを深めてもらいたいと考え、現在、準備中です。履修学生の皆さんには、以下の2点が皆さんと私の到達目標だと意識していただきたいと思います。

(1)資料収集とフィールドワークによって多様な視点から地域が抱える課題を発掘でき,論理的手法に基づく課題解決能力を体得する。

(2)フィールドワークを通じて,地域活性化の活動を直接体験することによって,受講生自身が果たしたい社会的役割を明確にする。

こんな方を伸ばせます!

  • 論理的思考力(課題発見力,計画力,創造力)
  • 実践力(リーダーシップ,働きかけ力,実行力,主体性)
  • コミュニケーションスキル(状況は握力,傾聴力,柔軟性,発信力)
  • 態度・志向性(規律力)
  • 態度・志向性(規律力)

指導方法

大学での講義の時間(現地での調査以外の時間)は、
・フィールドワークをするために必要な基礎知識の取得(講義形式)
・フィールドワークをするための準備(基本的にはグループで調査対象の決定や質問票の作成、フィールドワーク時のスケジュール作成の議論)
・発表のための準備(基本的にグループワーク)
に使います。

これまでフィールドワークに参加したことのある学生もない学生も、ウェルカムです。
その「違い」も個性であり、個性豊かな、様々な感性を持った学生に参加してもらい、多様な価値観を持つ地域の住民の方に満足してもらえる政策の提言ができればと思います。

京都産業大学の学生として、受講学生が成長することを願って、指導する予定です。

フィールドワークで行う調査結果の公表

このフィールドワーク科目は、「単に現地に行って、話を聞いて、それをまとめて終わり」、という調べもの学習とは異なります。
最終的に、たつの市の市職員の市長をはじめ行政に関わる皆さん、市民の皆さんの前で、自分たちのアイディアを発表します。
発表会は「政策アイディアコンテスト」という形で、他大学との合同で行います。

そのために、京都産業大学経済学部の大学生として、地域で起こっている問題(経済問題)に対して、
①そもそも何で、
②それは誰のどういう行動が引き起こしているのか、
③どれくらいの規模の問題なのか
④なぜこれまで解決できなかったのか、
を現地で調べた情報を基にまとめ、解決策として、
⑤誰のどの行動に対して、
⑥地方公共団体や市民自身がどのように働きかければよいのか、
⑦そのための制度の変更は必要か、や
⑧どれくらいの予算が必要か
を考えます。

また、現地での発表会の後、いただいたコメントを基に改訂し、大学内でも発表会を行います。

スケジュール案
(授業の各回の内容を実施場所で分けて書いています)

大学での講義・グループワーク
第1週・第2週
(第1回~第4回)
ガイダンス,講義
第4週、第5週
(第7回~第10回)

フィールドワーク計画作成

第7週
(第13回、第14回)

課題の整理

第9週
(第17回、第18回)
政策提言作成
第11週
(第21回、第22回)

政策提言の修正

第13週
(第26回、第27回)

実施報告書の作成

第14週
(第28回、第29回)

実施報告書の作成

第15週:変則
(第30回)
学内報告会
第13週
(第26回、第27回)

実施報告書の作成

現地orオンライン・フィールドワーク
第3週
(第5回、第6回)
キックオフ会議・現地視察
第6週
(第11回、第12回)

フィールドワーク①(日帰り)

第8週
(第15回、第16回)
フィールドワーク②(日帰り)
第10週
(第19回、第20回)
オンラインで市担当者と議論
第12週:変則
(第23回~第25回)
政策コンテストで発表
第12週:変則
(第23回~第25回)
政策コンテストで発表

教員紹介

倉本宜史(KURAMOTO Takashi)
京都産業大学 経済学部 准教授
趣味は、旅です。
学生の成長を実感できた時が、一番うれしいです。