スーパーホテルの支配人募集のプロジェクトが話題!!

SUPER DREAM PROJECTというスーパーホテルの支配人・副支配人募集プロジェクトが話題なのでまとめてみました。

スーパーホテルとは

SUPER HOTEL 

スーパーホテルは、大阪府に本社を置き、山本健策氏が代表を務めるビジネスホテルを運営している会社です。

2020年時点で北海道の北見市・釧路市から沖縄県の石垣市まで158店舗展開中です。海外にも進出しておりミャンマーのティラワとベトナムのハノイと2店舗。

LOHAS
(lifestyles of Health and Sustainability)を
ホテル運営の基本コンセプトとして掲げ、
・ナチュラル
・オーガニック
・スマート
な体験をみなさんにお届けすることを目指しており、一歩先いくホテルとして
人にも地球にもやさしい温かな時間を過ごすことができます。

ホテルへの想い


心地よく、健やかに。
人や地域や地球など「みんなにやさしく」
本質を大切にしていくスーパーホテル。

スーパーホテルが辿り着いたのは健康でサスティナブルなライフスタイルに出会うことのできる
ホテルサービス。
天然の素材を使った心地よい室内に、疲れを癒してくれる天然温泉に身体の芯から健やかになれるオーガニック食材。
スーパーホテルは朝食付きですが「元気な一日をスタートしてもらいたい」という想いから朝食にもこだわりが。
2012年11月から全店舗で始まったオーガニック野菜のサラダ。生物多様性や環境に配慮されており、ビタミンやミネラルが豊富。また、栽培環境にも配慮された特別栽培米も魅力。JA小松市と提携し、大阪府下のスーパーホテルでは2012年あkら石川県小松市のお米を提供しています。農薬を半分以下に抑えている特別栽培米は旨味が強く、冷やしても美味しい。
また手作りパンや、生産者とお客さんをつなぐ地産地消メニューはとても人気です。

スーパーホテルの支配人プロジェクト

Super Dream Project
スーパーホテルでは夢を追いかける支配人・副支配人を募集しています。
短期間で独立開業の夢を叶えるために必要となる資金と経営ノウハウが同時に獲得できるというベンチャー支配人の募集となります。

4年間二人で頑張ったとして4,650万円以上の報酬が手に入るとして話題となりました。
4年間の業務委託契約でビジネスホテルの支配人業務を通し経営者としての成長と繋がります。サービス業などの経験がなくとも挑戦することができ、これまでにも実業家意識のある多くの方々が利用してきた制度だといいます。

スーパーホテル支配人の一日の業務

Step
1
朝食の準備・お客さんの見送り
スーパーホテルではオーガニック食材を利用した朝食を無料提供しています。スーパーホテルの支配人・副支配人はこれらの食材の発注や提供時においしく魅力的に見せるような工夫をしたりします。
Step
2
スタッフとの朝礼
アテンダントや清掃の協力会社などパートナースタッフとも毎朝、朝礼を行います。一日の業務をお互いに確認し合い、申し送り事項なども漏れがないように対面で伝えあいます。
Step
3
経理処理・予約完了・清掃のチェック
稼働率など数値管理やお客様の予約管理、日常的なお金の流れを管理する経理処理を行います。
また、清掃チェックもスーパーホテルの支配人・副支配人の役割となっています。工夫次第では更なる利益をあげることも可能です。
Step
4
チェックイン業務・予約受付・案内
お客さんとのコミュニケーションの場。アメニティを渡したり、枕を選んでもらったりと会話を楽しみながらスーパーホテルならではのサービスを説明したりします。
プランニング・営業戦略
スーパーホテル本部との協議で宿泊プランや企画の立案実施も自由。ホテルの稼働率をアップさせるべく営業戦略やイベントの考案などを行います。
着任したその月からアイデアを生かすチャンスがたくさん。
Step
2
スタッフとの朝礼
アテンダントや清掃の協力会社などパートナースタッフとも毎朝、朝礼を行います。一日の業務をお互いに確認し合い、申し送り事項なども漏れがないように対面で伝えあいます。