9月1日は防災の日

8月30日~9月5日は防災週間です。
布亀
オリジナル

■9月1日 防災の日

9月1日は「防災の日」です。

台風高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、それらの災害の対処する心構えを準備するためとして、昭和35年に政府が制定しました。また、9月1日の「防災の日」を含む1週間8月30日~9月5日)が「防災週間」と定められています。

防災の日とされている9月1日は、大正12年9月1日に発生し、10万人以上の死者・行方不明者を出した『関東大震災』に由来しています。台風の接近・上陸は8月から9月にかけて多いため、この時期は防災について考える良い機会と言えます。

「防災の日」及び「防災週間」では、全国各地で防災訓練や防災意識を高め、防災知識を普及・啓発するための行事等が行われています。この機会に自分の周囲で起こる可能性がある災害や、身のまわりの危険なモノ、避難場所やひな経路等を確認して災害にしっかり備えましょう。

■連絡手段■

災害時、大切な人と離れた場所にいると不安になります。
そんな時のために安否確認の手段を共有しておきましょう。

①電話番号の共有
 普段SNSのみで連絡を取り合っていたりアドレス帳を使っている方などは
 意外と電話番号を覚えていません。

 大事な人の番号は安否確認をする時にも必要なので携帯電話の電源が切れた
 時のために紙にメモしておきましょう。


②NTT災害用伝言ダイヤル、伝言板
 代表的なNTTの災害用伝言ダイヤルです。
 災害用伝言ダイヤル「171」
 災害用伝言板web「171」

 この機会に災害用の伝言ダイヤル、伝言板の使い方を共有しましょう。

 防災週間の期間は体験利用可能!

体験利用可能日
 毎月1日及び15日  (0:00~24:00)
 正月三が日     (1月1日0:00~1月3日24:00)
 防災週間      (8月30日0:00~9月5日17:00)
 防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)

◆伝言保存期間
 伝言保存期間は体験利用期間のみ。
 伝言板の通信量は発生します。通話料については各通信事業者にお問い合わせ下さい。

③SNSの活用
 東日本大震災ではSNSを活用した安否確認、連絡が有効でした。
 電話だけでなく、さまざまな方法を準備し共有しておくことが大切です。

緊急連絡先カード付き!

布亀の「基本セット」「簡易セット」にはこの緊急連絡先カードがついてきます!
ご家族皆さんの連絡先だけでなくお薬の服用記録もできるため便利♪
防災グッズの中にご準備下さい。

■布亀の防災グッズ■

防災リュック 基本セット

一人一つの必需品!
大人一人分の目安量となっています。
18品目がセットになった基本セットです。
軽量リュックに多機能ラジオ、アルミブランケットからグリコ缶、5年あんしん保存水まで入った充実のラインナップです。
軽量リュックなのでお年寄りやお子様も安心♪

防災リュック 簡易セット

オフィスや車載用にぴったり♪
最低限のモノ集めました。
15品目がセットになった基本セットです。
黒色の持ち出し袋に入っているためどこに置いても目立ちにくいので置き場所に困りません♪
最低限必要なモノを集めたので忘れがちなオフィスや車載用にどうぞ。

保存食5年セレクトセット

5年以上期限がある保存食セットです。
年に1回見直して期限を確認しましょう。
話題の「えいようかん」が増えてリニューアル!
定番の白米、缶パン、グリコ缶に加えてえいようかんを追加しました。
手持ちの防災グッズにプラスワンとしてもどうぞ。
保存食とは思えない美味しさの食品ばかりです。

常備薬セレクトセット

防災グッズを準備する時、忘れがちな医薬品
ラジオ、保存食、簡易トイレ、、などといった定番のグッズは皆さん準備されますが、意外と忘れがちな常備薬。透明ポーチに入ってお手持ちの防災グッズにプラス下さい♪整腸薬、鎮痛剤、絆創膏、消毒液をセットしました。

ちょっとずつ防災

防災というとついつい構えてしまいがちですが、毎日の生活の中で少しずつ、気軽に防災を取り入れていく方法があります。
災害はいつ発生するかわかりません。
できる事から少しずつでも準備しておきましょう。
年に一度のこの機会にご家族皆さんで見直してみて下さい。