「2017年は行動の年。この年に動かなければ、この後数年停滞する」


去年の今頃、何人もの霊能者や占い師からそんな忠告が出回っていたのを、あなたはご存知でしょうか。

その2017年もあと僅か。今年はあなたにとって、行動の年でしたか?

「行動らしい行動ができていない」
「そんなこと今さら言われても・・・」
「もっと早く知りたかった」

もしもあなたがそんなふうに思ったとしても、諦めないでください。
今ならまだ、間に合います。
しかし、これ以上待っている時間はありません。

2018年を飛躍の年にしたいのであれば、今すぐ行動してください。

でも、何をすればいいの?

一刻を争う時ですので、率直に申し上げます。

ゆっくり時間をとって詳細を考えたり、
失敗してもやり直しできた春先や夏ならまだしも、すでに師走がそこまで来ている今、
無駄に消耗している時間はありません。

あなたが今、一番最初にすべきことは
「何をすべきか」をクリアにすること、です。

来年の計画を立てればよい

そもそも、この先数年間が停滞して不毛に終わらないようにするため
「今年行動を起こすべき」と言われているのです。

ならば今年も終わりに近づいた今、
将来へつなげるためにもっとも効果的な行動は

「来年の計画を立てる」

ではないでしょうか?

実は、わたしがこの単純かつ重要なポイントに気づくまでには
こんないきさつがあるのです。

年収ゼロの起業生活

申し送れましたが、井上由紀と申します。

現在カナダのノバスコシア州というところに住んでいて、
食と心、経済力を含めた総合的な「自立」を目指す方のお手伝いをすべく、
ワークショップやコーチングといった活動をしています。

そんなわたしは5年前、引っ越してきて間もないカナダの片田舎で一人起業をしました。

そう言うと、何だかカッコいいですよね。
しかし現実は決してカッコいいものではなく、むしろその真反対。

  • ワークショップの参加者ゼロ
  • 大量の不良在庫で大赤字
  • 旦那に「ママゴト」と笑われる
  • 経費を払えば利益ゼロ、自分の給料もゼロ

そんな状況を何とかしようと
イベントに参加したりチラシを作ったり、マーケティングを勉強したり
自分なりに一所懸命努力をしました。

その甲斐あってビジネスは少しずつ成長を始めましたが、
そのための努力は睡眠時間を削るくらいでは足りず
次第に家族や自分の生活をどんどん犠牲にするようになったのです。

  • コンピュータのし過ぎで視力の低下、肩こり、頭痛
  • 子供の学校の行事を忘れる
  • 食事が手抜きになる
  • 家が散らかる、汚れる
  • 家族との会話が減る、話題に付いていけない
  • 家族や友人に連絡をしなくなる
  • 運動不足
  • 確定申告を忘れる
  • 庭が雑草に覆われる
ほか、挙げればきりがありません。

おまけに、一応上向きとは言え成長のスピードはカタツムリ並みで
起業から3年以上過ぎてまだ、売上は完全なママゴトレベル。
スーパーでレジ打ちしている方がよほどお金になったでしょう。
自分のあまりのビジネスセンスのなさに情けなくもなりました。

そんな中、石の上にも3年と言いますが
とにかく細々でも続けているといろんなチャンスがやってきます。

ある人との出会い

友人のイベントをきっかけに、あるリトリートのオーナーJさんと知り合いました。
その方は気さくでありながらとても優雅な雰囲気をまとい、
初めて会うわたしのことも暖かなハグで迎えてくださいました。

Jさんの経営するリトリートには、世界各地からお客様が絶えることなく、
毎年ご主人と海外旅行、近々フロリダに別荘を購入予定とか。

「成功者というのは、こういう人のことを言うんだな~」

と心の中で思いました。

そのJさんが言ったのです。

10月には翌年の予定を立てる。

それを聞いて思い出したのが、やはり当時出会ったばかりだった、わたしのコーチングのメンターの言葉でした。
その方も同じく「10月に翌年の予定を立てる」と言われていたのです。

これは単なる偶然でしょうか。

そこで「偶然かもしれない」などと思ってしまわなかったのは、本当に幸運だったと思います。
それからわたしは、そのお二人の言葉に確信を持って、自分も10月に翌年の予定を立ててみたのです。


驚くことが起こりました。

簡単に言ってしまうと、

「もっと早くからやっていればよかった!」

それまでのわたしは、
期限が決まっていることをカレンダーに書き込んだ後は
「成り行き次第」で週刻みで計画を立てていました。

とりあえずそれで、子供関係や政府への提出書類、コミュニティーの会合など
目先のこと、義務はこなせますが

  • 行こう、行こうと言いながら、家族とハイキングやサイクリング、水泳などにまるで行けていない
  • 遺書の更新など「重要だけど緊急でない」案件がいつまでたっても完了しない
  • ビジネスのアイデアが出ても実現化できない
  • 世話するつもりだった野菜の苗を枯らせてしまう

といったことを繰り返していました。
つまり、他人が決めたこと(書類の提出期限、ボランティアの依頼、頼まれた下請け仕事、等)を優先して、
自分がやりたいこと、やるべきことを

「緊急性がないから」

という理由で先延ばしにしてきたのです。

しかし10月の時点で翌年の計画を立てることで

  • ずっと行きたかった自然公園へ家族で行った
  • ずっとやりたかったカヌーを実現
  • ヨガが習慣になった
  • 家族への感謝が増えた
  • 仕事のスピードが恐ろしくアップ
  • 即決できるようになった
  • 多くの「雑事」を簡単に手放せるようになった
といったことが起こりました。
おまけに

  • 直感が冴える
  • 動揺しない
  • 大物との人脈ができる
など、考えてもいなかったことが次々と起こり始めたのです。

本当に驚きました。
同時に、こんな簡単なことなのに
以前の自分を含め、やれていない人が
たくさんいることにも気づきました。

庭師の庭は荒れている

わたしはカナダに来てから造園業界で働いていたのですが

「庭師の自宅の庭は荒れている」

ということが、ユーモアを交えた現実としてよく言われていました。
お客様の庭をきれいにするのに忙しく、自分の庭の手入れをする時間がない、という意味です。
つまり、人はどうしても

「自分のことは後回しになる」

ということ。
しかも仕事でなくプライベートならなおさらです。

しかし仕事優先、他人優先でずっと生きていくといずれ限界が来ます。
なぜならば、その後回しにしていることの中に多くの

「本当に重要なこと」

が含まれているからです。

自分にとって本当に重要なことをしないのに、
喜ばしい結果が起こるわけがありません。

優先順位をクリアにする

「予定を先に立てなくちゃ、何も起こらないわよ」

リトリートのオーナーJさんは、サラッとそうおっしゃいました。
本当にそうだと思います。

  • メールチェックしてそのまま長い返事を書いて、気づいたらもう昼前
  • 電話が掛かってきて、やるつもりだったことができなくなる
  • 頼まれたので、空いていた週末に手伝いをする

あなたにも覚えはないでしょうか?

でも、考えてみてください。
もしもあなたに、そのメールの内容や、電話でのおしゃべりや
頼まれた用事より大切なことがあったとしたら
あなたはそれでも、メールや電話や手伝いを優先するでしょうか。

ずっと行きたかったコンサートがあるとしたら?
家族の手術があるとしたら?

よほど緊急のメールや電話だったり
あなたが手伝わないとその人が大変な状況になるのでない限り

「今、ちょっと用事あるから」

となるのではないでしょうか。

つまり、あなたにとって何を選ぶべきかの優先順位がクリアであれば
あちこちで寄り道したり、余計なことに気を取られずに
欲しい結果へとストレートに行動することができるのです。

でも、断れないこともありますよね。

もちろんあなたも、人命に関わることや冠婚葬祭なら
迷うことなくそれを優先すると思います。

でも、そんなことがしょっちゅうあるわけじゃない。

それよりも「やろう」と思っている事の多くは
部屋の片付けだったり、ストレッチ運動だったり、

「どうしても今やらなければ人生が狂ってしまう!」

ほどのことではなかったりします。

そこに、滅多に話す機会のない友人から突然の電話があったり
お世話になっている人から頼まれごとをされると

「ま、掃除は明日にするか」

となっても仕方ないと思いますし、
わたしもそうすると思います。

だけどそういう事がしょちゅうで、ふと気づくと

「人のために走り回っていて、自分のことが何もできていない」
「たくさん行動しているのに、前に進んでいる気がしない」


もしあなたが少しでもそう感じているならば、
今一度、自分の優先順位と行動を見直す時かもしれません。

「どうやって?」にお答えします。

明らかに優先するしかない用件は別ですが
例えばたまにしか取れない休みの日、

  • なかなか会う機会が無い友達と食事に行く
  • じっくり読みたかった本を読む
  • 晴れた日にこそ行きたかった海へ行く

どれを優先すべきか、そう簡単にパッと決められませんよね。
どれも大切だと感じ、悩んでしまいます。

よくあるパターンだと思うのですが、
こうした「あれもこれも大切に思えて選べない」場合の解決策を見つけるには
目先のことよりも長期的、広範囲な視野を持つ必要があります。

そして、そうやって見えてくるあなたの優先順位を元に
その年にやること、月にやること、日にやること・・・と計画を立てて行きます。

これを前もってやっておくことで、
いざ「やりたい事、すべき事がたくさんありすぎる!」となったとき
そこから「何を選べばいいのか」がすぐに分かるようになるのです。

その計画をどこから立てたらいいのか分からないならば、方向性を見出すために

  • ステージの概念
  • サイクルの概念
  • 無意識と条件反射

を、まず理解することが有効です。

また、計画を立てたりTo-doリストを作るけど行動がなかなか伴わない人
単に「何をやるか」だけでなく

  • なぜやるか
  • 今がその時か
  • なぜ「できない」か

といったことを考えるべきです。
そうでなければ、いくら計画だけ立てても
「欲しいゴールを得る」という目的は達成できないでしょう。

わたしのこれまでの経験と知識を全て投入し
こうしたことまでカバーした結果、やっと出来上がったのが
「2018年コンシャスプランニング」プログラムです。

自分の家族や友人たちにもぜひ使って欲しい。
これを体験することで未来のステージが上がって欲しい。
そんな思いを込めて作りました。

今すぐ行動する覚悟はありますか?

そうやって苦労の末、やっと出来上がった渾身の作ですが
今すぐ使ってもらわなければ来年1年、いやひょっとしたらそれ以上の何年かが
「何も上手く行かない」「ストレスが溜まる一方」になるかもしれないのです。

最初に言いましたが、今年も残すところあと僅か。
本当に時間がありません。
それを痛切に感じているからこそ、このレターも寝る間を惜しんで書いています。

「いや、まだ2ヶ月あるでしょ?」

そう思っている方もおられるかもしれませんね。
しかし、上でお話したように「長期的、広範囲」の計画を立てたいならば
1時間やそこらで計画できると思うのは間違いです。

「最大の成果は、最高の計画から」

旅行する際に、いかにトラブルなく臨機応変に対応でき
ストレスフリーで楽しい時間を過ごせるかは
「いろんな状況を想定した上で最上の準備をしたかどうか」に掛かっているように、

あなたが来る2018年を本当に充実させたいのであれば
今すぐ動くのがラストチャンスと言っても過言ではないのです。

そして、毎月1、2回しかチャンスがない「特別な日」を活かすことで
その効果を倍増させられるとしたら、どうでしょうか。

もう少し知りたい方へ

わたしが日本に住んでいたら、喜んで説明会をしていたところです。

しかし残念ながら、さすがに20時間以上かけて日本へ飛んでいくことは
今すぐは無理な身です。

ということで、どうやって今から最速で計画を立てられるのか
もっと詳しく知りたいという本気の方のために、
さらに具体的なお話を盛り込んだ
地味ですが内容の濃い閲覧者限定サイトをご用意しました。

ところで最初にお伝えしておきますが、
来年の今頃成果を感じるためには
計画にもそれなりの時間を費やす必要があります。

具体的には46日間、10月20日スタートです。
と言っても毎日何かをしなければいけないわけではないのですが、
スタートの日と終了日は「普遍法則」ですので、わたしの勝手で変えることはできません。

そうすると、あなたの2018年の年間計画が完成するのが12月の最初になります。
「今すぐ行動でギリギリ」という意味が分かっていただけるでしょうか。

しかし。
そういっている間に、もう10月20日は過ぎてしまいました。

「だけど、今これを見たんですが」

そういう声を、すでにいただいております。

わたしがもう少し早く、このキャンペーンを始めていれば
こんなことにはならなかったわけです。

そういうことで、今これを見た、という方のために
このプログラムの詳細を詳しく知ることができるサイトを
別途公開しております。

完全にプログラムに乗っ取ることはできなくても
エッセンスだけは、そちらでしっかり盗んでいただけるよう
作らせていただいたつもりです。

勘のよい方なら、これを見ただけで
ご自分で計画が立てられると思います。

2017年いっぱい公開していますので
ぜひご覧になってください。

開発者紹介

井上 由紀・プロフィール

Ordinary Family Food & Life Ltd. 代表取締役

福井県出身。
26歳で単身カナダへ渡る。
1年の英語留学のつもりが、いろいろなご縁あって20年の滞在に。
ランドスケープ(造園)技師、デザイナー、コンサルタントを経て2013年に食を通して身体と心の健康をサポートする Ordinary Family Food & Life Ltd. を設立する。
各種ワークショップ・イベント企画参加、マーケティング指導から起業相談、人生相談まで、幅広い経験と実績を持つ。
二児の母。

ビジネスの仲間たちから、
応援の声をいただいています。

Fuzei Gardens & Tree Services Ltd.
代表取締役 Edzard Teubert さん

ユキの先見性と長期的視野が、彼女がどんな分野においても素晴らしい成功を収めている秘密です。

個人であれグループであれ、それぞれのユニークな状況とゴールを総合的に導いていくスキルを持って、自己認識、フォーカス、方向性と現実化を可能にしてくれる、驚くべき存在です。

Foresight and long-term visioning is a portion of what makes Yuki Inoue amazingly successful at every endeavour she decides to focus her attention upon.

Yuki reaches beyond leadership by collectively guiding individuals and groups to achieve their unique opportunities and goals resulting invariably in self-recognition, focus, direction and actualization.


「現地語で教える日本語会話」講師
マッキンノン・あきこ さん

井上さんと交流グループで出会ってから今年で3年目になります。

井上さんは私たちのリーダー的存在で、疑問や相談をグループに投げかけるといつも最初に返事をくれたり励ましてくれたりします。彼女の言葉は優しいですが、背中を押してくれる手は強いです。具体的に順序良く話してくれるので、わかりやすいですし、新しい行動を起こす時のステップが軽くなります。

その井上さんが何かをするためのプログラムを組まれたなら、目指す方向へ確実な1歩1歩を感じると確信しています。

アーティスト・絵本作家 島田カオル さん

井上ユキといえば、行動の人!

質問すると、答えはなんでもポケットに入っているように パッパッパとすぐに出てくる。 思いついたら、すぐ実行。失敗してもムックリとすぐ起き上がり そして、さあ次へ!と動き出す。

大都会でガンガン働いていそうな感じなのに カナダの田舎でオーガニック生活の中、お味噌を作ったりしている優しいユキちゃん。

私は井上ユキをとても信頼し、尊敬しています。

認定ヘルスコーチ・Raw N' Green 代表
Judy Green さん

ユキのことを現す、3つの言葉を選ぶとしたら…プロフェッショナル、洞察力、そして共感力。

ユキはクライアントのゴール達成をサポートするため、常に自分のスキルを磨くことに余念がありません。彼女のクラスは楽しくていろんなことを教えてもらえます。彼女のコーチングはしっかりとこちらのことを理解してくれながら、深くて鋭い。

一緒に仕事するのがとても楽しい仲間です。

Three words best describe Yuki: professional, insightful and compassionate.

Yuki has dedicated herself to learning the skills that will best assist her clients in reaching their goals. Yuki’s classes are fun and informative. Her coaching is compassionate and insightful.

It has been a joy to work with Yuki and I look forward to doing so again in the very near future.

ライフワークバランスコーチ
篠澤 好恵 さん

ついに、由紀ねえのサービスが始まりましたね!おめでとうございます。

彼女はコーチングなどもされておられることもあり、 人の話を聞き、その人が持ってるものを引き出す、 その人が発する言葉からその人の状況を理解し、共感する、 共感しながら必要な事はしっかり指摘する などがめっちゃうまいです。私も何度勇気づけられ、カツを入れてもらい、力を得てきた事か。

彼女は一度かかわった人はいつも意識していて、 その人の役に立つことが何かないかを常に考えてるようなタイプの人です。 ですので、突然、「○○チャン、こんなのあるけど、どう?」 「こんなことやってみたら?」 なんてお誘いもあるかもしれませんよ♡ (私がそうでした(笑))

その彼女のサービスが9800円なんて安すぎです! めっちゃおススメです。