猫健康診断
キャンペーン

2018年2月限定!猫ちゃんの健康診断キャンペーンを実施します。

期間中は特別価格で健康診断を受けられます。是非、猫ちゃんの健康状態をチェックしましょう!

猫の1年は人間の約4年に相当するため人よりも早いスピードで歳をとります。そのため、定期的な健康診断の継続が病気の早期発見、早期治療、発病予防、重症化予防につながります。愛猫と長く健やかに過ごすために健康診断を受けてみませんか?

健康診断の内容

特別価格
5,300円(再診料込)

◆問診
最近の健康状態を飼い主様にお伺いします。

◆体重測定
太っていないか、痩せていないかを調べます。

◆一般身体検査
視診、触診、聴診器診を使い目、耳、口の状態、心臓の状態、体表の腫瘍、皮膚炎等がないか皮膚の状態のチェックを行ないます。

◆血液検査(血球検査+血液生化学検査15項目)
採血を行い、貧血、炎症の有無、肝、腎、膵蔵機能、コレステロール値などのチェックを行います。

うちの子、元気そうだけど
健康診断はどうして必要なの?

気が付きにくい
病気サインをチェック

猫ちゃんは病気になっても、なかなか症状をみせないようにします。そのため、気づいた時に悪化していることが多いです。簡単な検査で発見できる病気は非常に多く、早期発見することで病気の完治率も上がります。

その子独自の
異常サインを把握

猫ちゃんは生活スタイルなどにより、何を「異常のサイン」とするか異なります。健診を定期的に行う事でデータが蓄積され、その子独自の「異常のサイン」と診断できるデータを作る事が出来ます。

将来の治療費を
経済的に抑える効果

人で健康診断の意識が高い方が、治療費が少なくなるという研究発表がありました。動物達も同じで、定期的な健診を受ける事で早期発見・治療に繋げることができ、治療費が安く済みます。

2月末までの
特別価格です
3月以降のフィラリアシーズンはワンちゃんの来院が増え、猫ちゃんにストレスがかかることがあります。今の時期にご来院されることをお勧めします。
2月末までの
特別価格です
3月以降のフィラリアシーズンはワンちゃんの来院が増え、猫ちゃんにストレスがかかることがあります。今の時期にご来院されることをお勧めします。
猫ちゃんニュース

ワクチン接種はお済ですか?

1.猫ちゃんは、呼吸器や全身性の感染症にかかることがとても多いです。

2.これらの病気は、生活の質の低下につながり、命に関わることもあります。

3.ワクチン接種により予防ができます。また、発症した場合も症状を軽減し、治療にかかる時間や費用を少なくすることが出来ます。

⇒若いうちから定期的にワクチン接種することで、猫ちゃんの健康と長生きに繋がります!

猫風邪にご注意ください!

猫風邪の症状は主に以下です。

□ 鼻汁   □ 食欲低下   □ 口腔内の潰瘍
□ くしゃみ □ 角膜炎    □ 咳
□ 発熱   □ 結膜炎    □ よだれ
□ 軽度の肺炎 など

猫風邪の原因となるウイルスは複数あり、これらが複合感染した場合、より重い症状を引き起こし、命に関わることもあります。ワクチンでしっかり予防してあげましょう!

室内飼育をオススメします

ネコちゃんが屋外に出てしまうと、色々な危険があります。
できる限りお外に行かないようにしてあげましょう。

危険1 交通事故や落下事故
危険2 他の猫ちゃんとの喧嘩よる外傷
危険3 ウイルス感染のリスク増加

室内でも以下に注意を

□ 水をはったバスタブ   □ 暖房器具でのやけど
□ 電気器具のコード    □ ビニール袋かじり

猫のエイズと白血病検査

外出する子、ケンカ歴のある子の場合猫免疫不全ウイルス(猫エイズFIV)や猫白血病ウィルス(FeLV)に感染していないかの検査をオススメします。

感染猫との食器の共有、喧嘩や母子感染などが主な感染経路のため、FIVやFeLVは気が付かないうちに感染してしまっている可能性があります。注意しましょう。

ノミ・ダニ予防お忘れなく!

◆放置をするとアレルギーや皮膚炎に!
◆ノミ・ダニを介した病気が人に感染することも

当院では通年予防を推奨しています。

※室内飼いでも油断は禁物です!人が家の中にノミを連れ込んだり、ノミが自ら家の中に入り、猫ちゃんに寄生します。

猫ちゃんにもフィラリア予防

フィラリアってどんな病気?
蚊によって感染する病気で、心臓に長さ20~30センチのそうめんのような白い寄生虫が感染し、最終的に命に関わります。

室内飼育なら予防しなくても大丈夫?
人も室内で蚊に刺されることがあるように、室内飼育でも安全ではありません。

予防方法は?
月1回のスポット剤の投与で予防ができます。

当院ではノミ・ダニ・フィラリアを1つの薬で予防することができます!