第3回理系女性のキャリアを考える

リケジョキャリアと両立育児の日中韓ラウンドテーブル

2018年9月28日(金)12:00~15:00
場所:神戸学院大学ポートアイランドキャンパスD417室
JR三宮駅前そごうから大学直通バス(ポーアイキャンパス行)

グローバルに両立育児を考える

日本の常識=世界の非常識?ヒントはココに!

韓国、中国、日本。出生率は高い順に、日本、中国、韓国。リアルに少子高齢化問題を抱える国達です。一方で、仕事と子育ての両立を目指すリケジョの現状という点では、ずいぶん違うようです。
リケジョの両立キャリアをテーマに、抱えている課題を打ち明け合って、より自分らしく生きるためのヒントを探しませんか?

中国では女子高校生の70%以上が理系。結果として、理工系大学も女子が多い傾向。韓国では、子どもの学校前まで習い事のバスが迎えに来て、終われば自宅まで一軒一軒届けてくれるという両立育児キャリアママにとっては夢のような話。
少子高齢化という同じ課題を抱える国で生きるリケジョキャリア、いや、両立育児キャリアのここにヒントを探るワークショップです。
参加だけでなく、報告書を兼ねたニュースレターを希望される方も、ご連絡ください。

前半は、ランチミーティング。中国、韓国、日本それぞれで、キャリアを重ね、両立育児を実践あるいは見つめてきた働く研究者・実践者の女性3名を囲んで、ランチミーティングでそれぞれの常識を語り合うことで、当たり前が当たり前でないこと、互いにヒントを持っていることに気づいていきます。

後半は、3件の基調講演を聴いた後、全体でじっくり意見交換します。最後に、課題とヒントや対策を見える化サイクル式ワークショップでグループディスカッションします。それぞれが自分の中に持っている「ありたい私」を語り合うことで見つけていきます。参加をお待ちしています。

主催:日本女性技術者フォーラム関西部会、関西女性ライフキャリア研究会
協力:日本キャリアカウンセリング研究会
お問合せ:関西女性ライフキャリア研究会 事務局(rikejokansai@gmail.com)

日本、韓国、中国。こんなに違う?!

《日本》
●待機児童、小1の壁でキャリア継続を断念多数
●子どもの習い事送迎に奔走
●女子高校生のリケジョ率20%

《中国》
●共働きが基本、両親・祖父母、家政婦ぐるみで育児を応援
●科学技術者の4割が女性
●女子高校生のリケジョ率70%超
《韓国》
●学校に習い事のバスが迎えが来る。終われば自宅の前まで送り届ける
●家政婦サービス積極活用
●社会レベル視座の育児
●出生率は中国1.24、韓国1.05(世界最低)、日本1.44(2018)
●但し、中国は、出生率は低いが若い女性が多いので、人口はまだ増加中
●韓国は65歳以上人口が13.8%(日本は約25%)で、日本より速いペースで少子高齢化

各国でのリケジョ事情を紹介!

基調講演

《中国》「理工系女性のキャリアに関する日中比較」大濱慶子氏(神戸学院大学,教授)
《韓国》「韓国で学び、働き、育てて感じたこと」蔡 七美氏(Maulkorea、代表)
《日本》「日本の両立リケジョキャリアの現状と支援」中谷敬子氏(大阪府立大学工業高等専門学校、准教授)

タイムテーブル

12:00-12:45
ランチミーティング
  • 中国・韓国・日本の働く女性の課題の洗い出し

13:00-14:45

Part 1.基調講演

《中国》「理工系女性のキャリアに関する日中比較」大濱慶子氏(神戸学院大学,教授)

中央編訳局中央文献翻訳部日文処・専門家、(中国)中華女子学院女性学系・客員教授を経て現職。主な研究課題のひとつに「草の根の活動とジェンダーの視座からの日中公共圏の創出とその可能性」がある。

《韓国》「韓国で学び、働き、育てて感じたこと」蔡 七美氏(Maulkorea、代表)

「その人の強みを生かした、人に自慢したくなる学習スタイル」を提案する新しい形の学習・教育支援を実践。日本の大学を卒業後、韓国の大学院で学びながら子育て、その後も両立育児を韓国で実践。


(13:00-14:45)

基調講演(続き)
《日本》「日本の両立リケジョキャリアの現状と支援」中谷敬子氏(大阪府立大学工業高等専門学校、准教授(博士(工学)))

理学科卒業後、メーカー研究所研究員を経て、大学院に再入学。大阪府立大学工学部助手を経て、現職。所属機関で、有志女子学生チームROSEを支援。日本工学教育協会事業企画委員会ダイバーシティ調査研究WGメンバー。2級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)。男子4人の母。

14:45-15:00

Part 2. 見える化討論

《見える化サイクル活用グループセッション》
《Next Stage宣言》
•「見える化シート」を作ることで課題とヒントを見える化します。
•リケジョキャリア、両立育児キャリアのNext Stage宣言。
•シートは、お持ち帰り頂ききます。

14:45-15:00

Part 2. 見える化討論

《見える化サイクル活用グループセッション》
《Next Stage宣言》
•「見える化シート」を作ることで課題とヒントを見える化します。
•リケジョキャリア、両立育児キャリアのNext Stage宣言。
•シートは、お持ち帰り頂ききます。

申込方法

関西女性ライフキャリア研究会事務局 rikejokansai@gmail.com

件名:180331リケジョキャリアWS申込
本文:①氏名②所属③学年(または役職)④連絡先