未来へ橋を架ける物語を語る会
地域・コミュニティの「枠」を越えて創造する
「いのち」の価値と「幸せ」の意味
2018/09/12 19:00~
~ ゲスト ~

「与贈工房」 ・「自己組織化する学校」
田原 真人
×
「ありえる楽考」主宰 鈴木 利和
×
「起業ひふみ塾」主宰 秋田 稲美
×
「総合在宅医療クリニック」市橋 亮一

「田原 真人」が今年は熊本~大阪~名古屋~東京を縦断します。

組織やコミュニティの枠を越えた“繫がり”から、未来へ橋を架ける物語を一緒に考えていきたい。

9月12日に行われる名古屋での「イベント」では”いのちの価値”、“本当の幸せとは何か?”をテーマに、参加者と一緒に考えていければと思っています。

未来へ橋を架ける試み

田原 真人のメッセージ

世界はナラティブ(語られる物語)からできています。

多くは声の大きな人(社会的成功者や権力保持者)が物語を語っていて、その物語をいつの間にか私たちは受け取って、その物語を生きています。

世界にはいろんな物語が語られていますが、今日は自分の内なる声から出てくる物語ってなんだろうな?って考えるきっかけになる日にしたいなと思っています。
自分たちの内なる声を語り始めた時に、もしかしたら生きる物語が変わっていくかもしれません。

アメと鞭を使い分け、設定された「正解」を求めていく構造を作り、「正解」にキッチリはまる事が「幸せになる事」と教えられてきました。
「本当の自分に蓋をして社会の正解を選択し続けないと生きていけない。」と私たちは教えられてきましたが、その教育に「疑問」を持ち始めている人たちは、私たちが思っている以上に世界にはいると感じています。

古い社会構造のレールから外れた人たちが新しい試みを始めて実践コミュニティを作り、お互いが知り合って繋がっていき、新しい物語が形成され、広がっていって古い社会構造から新しい社会構造に橋が架かかり、構造転換が起きていきます。

今回のイベントは、この橋を架けるプロセスに繋がるようなイベントにしたいなと思っています。

2018年 田原

「何のために生きているのか?」
「いのちの価値」とは何か?

プレゼンター

鈴木 利和

「生きる意味」

私は、それぞれの人が「生きる意味」と繋がる事が出きれば、モノを持つことや人と比べることに、興味がなくなっていき、「繫がり」や「助け合い」、持っているものを「分かち合う」世界へとシフトしていくと思っています。

人が終わる時にどう思って終わるんだろう…

どんな地位とか立場とか物盛ってるとか言ったって、「死ぬときには関係ないじゃん」ってほとんどの人がなるはず。

この機会に「自分が生まれた意味」と「いのち」ある間に一番大切にする価値を一緒に見つめていきましょう。

村上 桃香

「分かち合うために」

小さい頃に好きだったアニメ「名犬ジョリー」のエンディング曲の歌詞、
「ビスケット一枚あったらジョリーと2人で半分こ♪ちょっぴり悲しくなったら涙も2人で半分こ♪」大人になった今も耳に残っています。

でも社会に出ると、半分こどころか、自分さえよければいいという場面や、奪い合う場面も…

それだけ心に余裕がなく、時間や制約に縛られているのかもしれません。

だからこそ
自分が何を感じていて
命をどう輝かせたいのか

今回が、それぞれの思いを分かちあい、繋がり合う機会になりますことを、楽しみにしています。

市橋 亮一

「今がすべての始まり」

“予想可能な人生は、もう生きたことにしよう”結果が予測できるような事は、もう“体験した”こととして、そうでないものを選択したい。

いつだって今がすべての始まりだと思っています。

僕の最終目標は、年をとり仕事ができなくなっても価値ある人でいること。
「村の長老」のイメージ。

ただそこで笑っているだけで、周りの人が勇気をもらえるような存在。

そんな自分になるために、日々多くの経験を積んで学んでいきたい。生きているうちはずっと成長していけるはずだから。

会 場

国内でも珍しい「在宅医療」専門のクリニックに併設された居場所スペース【かがやきロッジ】
吹き抜けのスペース
吹き抜けのスペース
かがやきロッジ

“地元の方々が気軽に立ち寄れる「町の保健室」「居場所」であり、

多職種のひとが相談に来られる「相談室」であり、
在宅医療の普及や教育を発信する「情報発信基地」であり、
全国各地や海外から視察や研修を受け入れる「学校」「キャンプ」でもありたい。”

という、市橋亮一医院長の想いによって昨年10月に建てられた

【 総合在宅医療クリニック 】に併設されている「居場所空間」

宿泊施設もついています

※別途布団レンタル料金がかかります(2000~2500円程度)
 申し込みフォームにて「宿泊」をお選びください

場所

〒501-6014 岐阜県羽島郡岐南町薬師寺4-12
【 アクセス方法 】

●名鉄名古屋駅から笠松駅まで、快速特急か特急にご乗車いただき25分です。

笠松駅からタクシーで1メーター、徒歩10分程度です。

(特急は一部通過する電車があるので、確かめてご乗車ください。)
●飛行機でお越しの方は、中部国際空港から「特急岐阜行き」にご乗車いただくと
笠松駅まで乗り換えなしでお越しになれます。

(なお、ミュースカイは笠松駅には停まりません。)

かがやきロッジ関連サイト
総合在宅医療クリニックホームページ http://www.sogo-zaitaku.jp/
住まいマガジン びお http://www.bionet.jp/2018/02/27/gururi-10/
ブログ~大人の夏合宿2018in岐阜かがやきロッジが最高だった~ https://hondamadai.com/2018/08/06/638/
ブログ~大人の夏合宿2018in岐阜かがやきロッジが最高だった~ https://hondamadai.com/2018/08/06/638/
場所

〒501-6014 岐阜県羽島郡岐南町薬師寺4-12
【 アクセス方法 】

●名鉄名古屋駅から笠松駅まで、快速特急か特急にご乗車いただき25分です。

笠松駅からタクシーで1メーター、徒歩10分程度です。

(特急は一部通過する電車があるので、確かめてご乗車ください。)
●飛行機でお越しの方は、中部国際空港から「特急岐阜行き」にご乗車いただくと
笠松駅まで乗り換えなしでお越しになれます。

(なお、ミュースカイは笠松駅には停まりません。)

イベント詳細

日時 2018/09/12/19:00〜21:00
場所 かがやきロッジ :〒501-6014 岐阜県羽島郡岐南町薬師寺4-12
定員数 30名
参加料

3.000円

※宿泊の場合、別途布団レンタル料2.500円かかります。

イベント詳細

まだよく知らない者同士がお互いを知り、繋がって、未来へ橋を架ける物語になるような、そんな仲間になっていけるような
「楽しくて、面白くて、心に残る」とようなイベントにしたいと思っています。

各参加者の内なる物語が語られ、「いのち」の価値やそれぞれの「幸せ」にきづいていけるきっかけになればいいなぁ
と思っています。

今回、利用させていただく【かがやきロッジ】さんにはオープンキッチンもあるので、
会場移動なしでそのまま懇親会を行う事が可能です。
また、宿泊も可能ですのでみなさんのお時間の許す限り、繫がりの深まる有意義な1日にしたいと思っています。

参加料

3.000円

※宿泊の場合、別途布団レンタル料2.500円かかります。

未来へ橋を架ける物語を語る会~9/12名古屋
スマートフォンでのお申込みはこちらから

参加できない方も「次の一歩」へ!

9/10熊本、9/11大阪、9/12名古屋、9/13東京でのイベントに
参加した方、そして参加できない方も、
ぜ~んぶつながるオンラインイベント、企画しました!

9月11日から9月21日までの10日間、自由にZoom対話をするため、
専用のZoomアカウントをひとつ貸し出し、Facebookグループで連絡を取りつつ、
都合のつく時間に、自由に対話の場を重ねていきます。
ツアーが進むごとに参加者が増え、小さな波がやがて大きなうねりとなり、
9/22のOSTにつながることを願っています。

名古屋以外のイベント詳細】
9/10熊本
9/11大阪

「次の1歩」のページ