みつばちが教えてくれた幸せな生き方

一般社団法人 ハニーファーム 代表理事 船橋 康貴 氏

申し込み

知っていますか?今、世界中のみつばちが減っていることを!
みつばちが絶滅すると数年で人類に危機が訪れるということを!

地球上の食べ物の約70%がみつばちの受粉に支えられている。

今、そのみつばちが地上から確実に消えつつある。



日 時

2017年8月26日(土)
14:00〜17:00



 プ ロ グ ラ ム 

13:30~13:55     〜受付〜

14:00~15:25     船橋 康貴さんによる講演

           「みつばちが教えてくれた幸せな生き方」

15:25~15:50     Asumiさんミニライブ

15:50~16:00     〜休憩〜

16:00~16:30     トークセッション    
            ふたりの養蜂家 船橋 康貴さん、長谷 裕介さん
            焙煎家 榎本 真喜子さん
           (ファシリテーター、下田 まゆみさん)

16:30~16:50     シェア会

16:50~        〜解散〜

出演者紹介

船橋 康貴

経済産業省産業構造審議会専門委員(環境部会、産業環境小委員会2008年度)

名古屋工業大学非常勤講師、日本福祉大学講師歴任、

省エネルギー普及指導員、

愛知県地球温暖化防止活動推進員

Asumi

2008年名古屋ZIP-FM FINDOUTAUDITIONにて初めての作詞・作曲の「手紙」でシンガーソングライター部門ギランプリ受賞。現在は養蜂経験を通じて、みつばちや自然の大切さを歌う楽曲を制作し活動中。

http://asumi.hi-five.bz/

web site

長谷 裕介

東京農業大学在学中に、養蜂技術を習得する。 卒業後は八王子市に拠点をおく(株)フィオにて産業化された農業や養蜂に取り組む。 東京の農業や環境の改善と発展に寄与することが使命であると位置付けて行動している。

榎本 真喜子

北海道浦河郡浦河町姉茶生まれ。高校卒業後上京。H19〜八王子寺町にある川久保商店で炭火焙煎を習い始め、川久保さん独自のやり方で、小さな焙煎機を回し、炭と火と豆と向き合う珈琲職人。

下田 まゆみ

ENTRESH 代表。個人事業主の方など、相談くださるお客様に心より寄り添い、求められている役割を丁寧に捉える、秘書的サポートサービス。女性起業応援コミュニティ「アントレ主婦」主宰。

主催者ごあいさつ

斎藤 薫

3月に船橋さんのお話会に参加して、みつばちの危機がわたしたちにどんな影響を及ぼすかを知り衝撃を受けました。 気になりだしたその日から毎日みつばちを探していますが、その姿が本当に見えないことにまた愕然。こんなに緑の多い日野でさえも…今がぎりぎりのところです。 みつばちがいなくなったからと言って、人間にはみつばちを創り出すことはできないのです。みつばちがどんな生き物なのかを正しく知り、"蜂蜜”や”刺されそうで怖い”のイメージだけでない、小さな生き物の大きな働きにありがとうと思う人が増えたら嬉しく思います。



会場


日野市勤労・青年会館

日野市勤労・青年会館

東京都日野市多摩平1−10−1

JR中央線豊田駅北口 徒歩1分



定員 : 80名
料金 : 通常価格   2,500円  
     特別前売価格 2,200円 (7月31日まで)
     当日価格   2,800円 (満席の場合は販売しないこともございます)

*小学生・中学生のお子様をお連れになってのご参加の場合、お子様価格は1,000円になります。
席に限りがございます。



                                                                 

                                                                  〜お申し込みに関しての注意点〜
お申し込みは
1.こちらの申し込みフォームへのご入力
2.指定口座へのご入金
こちらの2つが完了した時点で、お申し込みが完了です。よろしくお願いいたします。

振込口座
ゆうちょ銀行 00120-6-513539 日野花育つ
   



〜お問い合わせ〜

 TEL : 090-8683-9648(斎藤)       MAIL :  hinoumareru@gmail.com


後援 日野市・日野市教育委員会・日野市社会福祉協議会