展示会ブースの重要性と
施工会社選びの基準

展示会やイベントなどで設営するブースの重要性をご存じでしょうか。展示会で設営したブースによって、集客率は大きく変わるといわれています。ここでは、展示会ブースの重要性や、会社選びのポイントなどをまとめました。

集客できるかどうかが決まる

展示会では、できるだけ多くの方にブースへ足を運んでもらう必要があります。自社製品やサービスのアピールをする絶好の場なので、少しでもたくさんの人に来てほしいと考えるのは当然のこと。多くの出展者は同じことを考えているはずです。

しかし、実際に展示会が始まってみると、人だかりができているブースもあれば、閑散としているブースもあります。会社の知名度がほぼ同じで、扱っている商品やサービスが同じでもこうしたことは起こってしまうのです。

人が集まるかどうかは、展示会ブースで決まります。もちろん、商品やサービスの内容も重要ですが、それ以前に足を運んでみたいと思えるような展示会ブースでなければなりません。まずはできるだけ多くの人々の興味を引き、それから自社製品やサービスのプレゼンをするのがベストな流れです。

展示会ブースで重要なのはとにかく目立つこと。それを理解している会社は、人の目を引く目立つブースを設営して集客に成功しています。集客できるかどうかは、すべてブースで決まるといっても過言ではないのです。

信頼度が変わる

展示会ブース次第で、出展者への信頼度が変わってきます。やはり、顧客目線で設計されたブースだと評判もよく、信頼度が増すと考えられます。足を運んでくれた人のことを考えた設計、動線まで考慮されたブースだとなおさらです。

予算が少ないケースだと、展示会ブースにもあまりお金をかけないことがあります。商品やサービスに強い自信をのぞかせるほどこの傾向は強くなります。しかし、ローコストで設計された展示会ブースはどうしても陳腐になってしまい、来場者の足が遠のいてしまうことも珍しくありません。

あまりにもチープなブースになってしまうと、どんなに商品やサービスが素晴らしくてもそれ以前の問題です。まずは足を運んでもらわなくては伝えたいことも伝わりません。ブースにお金をかけられないくらい経済的に困っている会社、というレッテルを貼られてしまうリスクもあります。

展示会ブース会社の選び方

展示会ブースのデザインや設計などを行う会社はたくさんあります。こうした専門の会社に依頼するメリットは、なんといってもワンストップで依頼できることです。

ブース製作をA社、コンパニオンの派遣をB社といった具合にわけてしまうと発注や調整の手間が相当かかります。専門会社なら、すべてを一元化して発注できるため時間も手間も大幅に軽減できます。

選ぶときのポイントですが、やはり金銭的な部分は無視できません。予算がある程度決まっているのなら、予算に応じたサービスを提供してくれる会社を選ぶ必要があります。ただ、低予算なりのブースになるようでは意味がないので、少ない予算でも最大限の集客が可能になるようなブースを設営してくれる会社を選ぶことが大切です。

たとえば、業者によっては再利用可能な資材を用いて低コストなブースを製作してくれるところもあります。これなら、予算を抑えつつ希望に沿ったブースの設営が可能になるかもしれません。

また、デザインの設計はもちろん展示会当日もさまざまなサポートを行ってくれる会社もあります。コンパニオンを派遣してくれたり、プロデューサーやディレクターなどの人材を用意してくれるところも。

さまざまな部分を比較しよう

展示会ブースのデザインや設営などを行っている会社はたくさんあります。会社によって提供しているサービスや強みが異なるので、できるだけいろいろな会社に目を向けてみましょう。

公式ホームページを運営している会社がほとんどなので、まずは各社のホームページにアクセスしてみましょう。どこまでサービスを提供してくれるのか、集客できるデザインを考えてくれるのかなど、さまざまな部分を比較しながら選ぶことが大切です。

事前にメールなどで相談ができるのなら、話しを聞いてみるのもおすすめです。過去の事例なども交えて説明してもらうと、イメージが湧きやすいかもしれません。予算やサービス内容、サービスの領域など、トータルで比較しながら業者を選びましょう。
展示会ブースの重要性をもっと知りたい、おすすめの会社を知りたいという方は、
下記にご紹介するサイトに目を通してみましょう。
集客力を高めてくれる展示会ブースを提供している会社の情報も網羅しています。

まとめ

展示会ブース次第で、集客できるかどうか変わるためデザインや会社選びはとても大切です。
自社の素晴らしいサービスや商品を多くの方に伝えるためにも、
集客できる展示会ブースで挑みましょう。