施工管理技士の資格取得は派遣会社がおすすめの理由

施術管理技士になるには資格取得が必要です。建築現場で技術者になるには必須の資格ではありますが、資格取得の費用が気になっているのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、派遣会社を通して資格取得する方法です。どのような方法で資格を取得できるか紹介します。

施工管理技士の資格の種類は6種類

・建設機械施工技士

建築現場での管理者として働きたいと考えているなら、建築機械施工技士の資格が必要になります。この資格を取得しておくと現場監督ができたり、ブルドーザーなどの機械のスペシャリストとしても認められたりするため人気です。

 

・建築施工管理技士

建築現場全体の監督をするために必要な資格です。現場の責任者という立場となるので、コミュニケーション能力が求められています。資格を取得すると給料にも反映されやすいでしょう。

 

・土木施工管理技士

土木現場での管理をするために必要な資格です。この資格を取得しておくと、主任技術者や監理技術者となることができます。道路工事や河川工事などで責任ある仕事をしたい方に必須の資格です。

 

・電気工事施工管理技士

電気工事の監督を任されるために必要な資格です。電気工学や電気法規などを学ぶ必要があります。電気工事の現場で上を目指す方は資格取得を考えてみましょう。

 

・管工事施工管理技士

ダクトや下水管などの管工事の監督に必要となる資格です。冷暖房設備や浄化槽の知識も必要となります。

 

・造園施工管理技士

造園業の監督者として必要となる資格です。1級を取得することで自治体が発注する造園も取り扱うことができます。道路の緑化工事から、屋上の緑化工事、公園の緑化なども監督する資格です。

施工管理技士の受験について

・受験資格を満たせば1級から受験可能

施工管理技士の資格は2級とさらにその上の1級があります。2級を取得してから1級を受けなければならないと考えられがちですが、受験資格を満たせば1級からでも受験可能です。1級は受験内容が難しいので、2級から1級へとステップアップする考え方もあります。

 

・2回の受験が必要

2級1級どちらも2回の受験が必要です。一次試験として学科試験を受けて、学科試験を合格したら二次試験として実地試験を受けます。実地試験で落ちてしまった場合は、翌年の学科試験が免除される仕組みです。

施工管理技士の受験資格は実務経験が必要

・2級の実務経験

施工管理技士の2級を受ける資格があるのは、実務経験が1年以上ある場合です。最終学歴によって実務経験の年数が異なるので確認しておきましょう。指定学科大学を卒業後は1年以上が必要で、短期大学なら2年以上、高等学校なら3年以上など確認が必要です。

 

・1級の実務経験

1級は2級より長い実務経験が必要となります。法定学科大学を卒業後3年間以上の実務経験や、短期大学なら5年以上、高等学校なら10年以上などです。実務経験のうち、指導監督的実務経験が1年以上含まれていることを確認しましょう。

施工管理技士の資格取得にかかる費用

・受験費用

施工管理技士の受験費用は、1級と2級で費用が変わってきます。1級の学科試験は8,200円、実地試験も8,200円かかります。2級の学科と実地試験はそれぞれ4,100円必要です。

 

・講習費用

資格取得のための勉強で講習会に参加する場合は、学科と実地でそれぞれ数万円単位の費用が発生します。2級と比べて1級の講習費用が高く設定されているケースもあるので確認してください。講習の参加は必須ではありませんが、参加する場合は4万円~10万円程度を想定しておきましょう。

施工管理技士は派遣会社を通すとおすすめの理由

・資格取得の補助が受けられる

派遣会社によっては建築現場の技術者を育てたい思いから、施工管理技士の資格取得に対する補助を実施しているところがあります。育成に力を入れているところでは、CAD研修が受けられたり、資格取得のアドバイスが受けられたりします。資格取得にかかる費用を全面的にバックアップする派遣会社もあるので、費用の心配をしなくても済むのです。

 

・研修制度で実務経験が習得できる

派遣会社の中では研修制度が充実しているところがあります。建築用語の習得から、測量の読み方、図面の読み方などを学べるのが特徴です。未経験者でも研究制度があれば充実した実務経験を習得しやすいでしょう。バックアップ制度が充実している派遣会社では、研修はもちろん無料で受けられます。

 

・福利厚生が充実している

派遣会社の中には福利厚生を充実させて、派遣社員の休日もサポートしているところがあります。福利厚生施設を割引で利用できるケースや、スポーツ活動を通して社員同士が交流できる場の提供も特徴です。女性へは産休制度や育休制度を充実させて、より働きやすい環境をつくるところもあります。

施工管理技士支援がある派遣会社の詳細はこちらから確認できます。

まとめ

施工管理技士を目指そうと考えたら、現場での経験が必要です。働きながら資格取得を目指さなければならないので、会社のサポート体制は重要でしょう。派遣会社を通して働く方法なら、仕事上のサポートから資格取得の支援も受けられるのでおすすめです。