純金積立のメリットやデメリットとは?
各社比較をしてみよう!

投資方法にはさまざまなものがあります。今回紹介する「純金積立」もそのひとつです。今回は純金積立のメリットやデメリット、各社の比較などについて紹介していきます。これから純金積立を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

純金積立のメリット

純金積立と言っても、投資に関して不透明な部分が多い人は「どんなメリットがあるの?」と疑問に思ってしまう人もいるかもしれません。こちらでは、純金積立のメリットについて見ていきましょう。

 ・少額投資が可能

投資と聞くと高額資金が必要というイメージがあります。投資方法によっては高額のみしか対応していないものもあるのも事実です。しかし、純金積立の場合は少額投資も可能なので比較的初心者が始めやすい投資方法と言っても過言ではありません。

 ・自動的な積立ができる

取扱会社と契約することで、事前に指定した銀行口座から自動的に引き落とすことができます。そのため、投資のためだからと毎回銀行口座に入金をしなければいけない、店舗に出向かないといけないというデメリットがありません。

 ・リスクが低い

数多くある投資方法の中でも、比較的リスクが低い方法が純金積立です。先述したように、少額投資から始められることでリスクを最小限に抑えることができるのです。

純金積立のリスクやデメリットとは?

純金積立はリスクが低いとは言いましたが、まったくリスクやデメリットがないわけではありません。こちらでは、どのようなリスクやデメリットがあるのかについて見ていきましょう。

 ・リターンが低い

リスクが低いということは、リターンも低いことを覚えておきましょう。基本的に投資のリターンはリスクに応じたものとなっているので、ローリスクであればローリターンになってしまうのは仕方ありません。

 ・手数料や年会費が必要

純金積立は会社を通じて行うものなので、会社によって手数料や年会費が異なります。純金積立は長期間続けることで成果が得られるものと言われています。そのため、なるべく毎月にかかるコストなどは低い会社を選ばないと出費が大きくなってしまいます。

 ・保管方法を知る

会社が倒産などをした場合、金が引き出せなくなる場合もあるようです。そのため、倒産時にも対応してもらえる特定保管に対応している会社かどうかをチェックしましょう。

純金積立で成功するためにはどうするべき?

投資は成功しないと意味がありません。こちらでは、純金積立で成功するためにはどうするべきかどうかを確認していきましょう。

 ・会社選びをしっかりする

先述したように「特定保管」に対応している会社を選ぶなど、契約者側でリスクを軽減できるようしておきましょう。純金積立を扱っている会社ならばどこでもいい、という考えを持っていると大きな痛手として返ってくる場合もあります。

 ・金に関する知識を学んでおくこと

純金積立は「会社選びだけすればいい」というものではありません。金に関する知識を蓄えておき、しっかりと状況を理解しておくようにしましょう。

 ・変動を把握しておく

金の価格は状況などによって大きく変わっていきます。金の変動をしっかり把握しておくことでリスクに関してもいち早く察知することができるのではないでしょうか。

純金積立におすすめの会社比較

こちらでは、純金積立を扱っている会社について見ていきましょう。純金積立を検討している人は、ぜひ会社選びの候補のひとつにしてみてください。

 ・KOYO証券

1万円分と5千円分の年間手数料は変わりません。購入手数料も無料なので、初心者にもおすすめされている会社です。ただ、保管方法が消費寄託なので特定保管には対応していません。その分、毎月の手数料なども低めに設定されているのでしょう。

 ・田中貴金属工業

特定保管に対応している会社です。サポート体制も整っているので、リスクを少しでも減らしたい人におすすめされています。購入手数料などもかかるので、若干コストはかかってしまいます。ただ、特定保管されているので最悪の事態でも対応可能な会社です。

 ・マネックス証券

サポート体制が整っていることで知名度が高い会社です。ネットでの売買にも対応しているので店舗まで行く暇がない人にもおうすめです。純金積立についてわからない人は、メール問い合わせにも対応しているのでぜひ問い合わせをしてみましょう。

純金積立会社の比較をしたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

純金積立と言っても、会社によってサポート体制や手数料が異なってきます。
そのため、しっかり自分が望むスタイルを明確にしておきましょう。
特定保管にこだわるのか、手数料の低さにこだわるのか、
どんなポイントにこだわりたいのかを決めておくことで
純金積立会社選びもスムーズにできるのではないでしょうか。
さまざまな会社が対応しているので比較検討をしてください。