STDチェッカーで性病検査
評判や信頼性はどうなっているの?

あなたは性病検査をどこで受けますか?

性病検査を自宅で専用のキットを使って行うというのも結構普及してきました。

病院で受けるのが確実とはいっても、病院には行きにくい、時間がない、もっと人知れずこっそりと検査を受けたいという人も多いものです。

性病検査キットとして有名なきっとはいくつかありますが、その一つとしてSTDチェッカー(STD CHECKER)というものがあります。

ここではSTDチェッカーの情報について書いていきます。

STDチェッカーで受けられる検査は?

STDチェッカーで受けられる検査は
・クラミジア検査
・淋病検査
・HIV(エイズ)検査
・梅毒検査
・マイコプラズマ・ウレアプラズマ検査
・カンジダ検査
・トリコモナス検査
・B型肝炎検査
・C型肝炎検査
・高リスク型HPV検査
・一般細菌検査

というラインナップになっています。
一般的な性病であればこれですべて検査することが可能です。

性病検査キットは1種類ではなく、全部の性病を検査するというわけではありません。STDチェッカーの場合、24種類が用意されていて、必要な検査に合わせてキットを選ぶという仕組みになっています。

STDチェッカーの価格

STDチェッカーの価格はそれぞれの検査項目によって異なります。
現時点での最高価格は男性用のタイプUで徹底的に検査したい方用ということで10項目22,275円(税込)というものがあります。

これは尿検査、血液検査、のどの検査を含みます。
具体的には
尿 クラミジア、淋菌、マイコプラズマ、ウレアプラズマ
血液 HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎
のど クラミジア(のど)、淋菌(のど)

という項目を検査できます。

価格が安いものでは男女共通のタイプKで3,300円で血液検査で梅毒のみの判定というものもあります。

高いものから安いものまでありますので、本当に心配な方は全部の検査をしてもいいですし、特定の症状の疑い・心配があるとわかっているというのであればその項目だけをピンポイントで調べるという方法があります。


※STDチェッカーはあくまで性病検査であり、治療を目的としたものではありません。すでに明確な症状が出ているという場合は病院に行って治療するしかありませんので気をつけましょう。

何を検査すればいいのかがわからない場合

検査をしたいと思っているけれども何を検査すればいいかがわからない場合はどうしたらいいのでしょうか。

これは、STDチェッカーのホームページ上で「あなたにぴったりのSTDチェッカーは?」という項目があり、質問に答えることで、調べる項目がわかるようになっています。

そんなに性病に詳しいという人はいないでしょうし、自分の場合はどうなのかということを一度調べてみるのもいいと思います。

性病は知識を持たずにそのままにして悪化してしまったり、さらに人に感染させたりというのが怖いものです。
しっかりと早めに検査すべき項目を検査しておけば安心です。

検査結果が出るまでの時間

STDチェッカーを使っての性病検査は上の図のようなスケジュールになっています。
約1週間で検査結果が分かる仕組みということで非常に早く結果を知ることができます。

郵送でのやりとりということで、その時間は発生しまいますが、STDチェッカーのラボでの検査期間が1~3日。

そしてその結果がインターネットで確認することができます。
病院に行ったりする必要はありませんし、何か検査所からの書類等を待つ必要もありません。
このことがスムーズな検査に繋がっています。

スマホでID・パスワード・採取日でチェックすることができますので、なかなか普通の検査だと結果を聞けにいけないという人にも簡単に知ることができる仕組みになっています。

STDチェッカーの信頼性について

STDチェッカーの信頼性については、全く心配する必要はありません。

・登録衛生検査所、自社ラボで検査を実施
・郵送検査認定事業者として公益財団法人 性の健康医学財団より認定
・STD研究所は2003年より設立し、すでに多数の実績を持つ
・プライバシーマーク取得済
・製品も医療機器として認証済み、無菌室で製造
・問い合わせには性感染症分野の専門員が対応

STDチェッカーは販売代理店や流通業者が取り扱っているわけではなく、STDチェッカーの運営自体が研究所によって行われています。

HIV検査においては、厚労省の外部制度管理調査に参加し、100%の結果を証明しています。
病院に行くのと、郵送検査だったら精度に違いがあるのか?と心配があるかもしれませんが、精度に関しては全く問題はありません。

実際に治療となった場合にはもちろん病院に行って治療する必要はありますが検査段階においては郵送検査でも十分だということです。

STDチェッカーの評判について

STDチェッカーの評判としてはどのようなものがあるのでしょうか。
正確な評判を知るために、公式サイトではない、一般の人が自由に投稿できるところでの口コミ・評判というものを調べてみました。


・簡単に検査ができました。仕事が忙しかったのでコンビニ受け取りで。仕事の休憩中に検査もしてしまいました。検査結果もスマホで見ることができますし忙しい人におすすめです。

・彼女に検査をさがまれたのでこちらで行いました。使いやすく、結果の待ち時間もそれほどありませんでした。

・採血の検査は若干難しかった。この価格でまわりに内緒で検査できるのはいいと思いました。

・匿名で検査ができるのが良かったです。病院に行く時間がないときに助かります。病院で検査をしたこともありますが、STDチェッカーの方が検査代が安くてすみます。

・おりものの状態に違和感があって利用しました。郵便局留めができるのが良かったです。

・パートナーのための検査として使いました。検査を受けることに前向きになれるようなキットでした。

・説明書がイラスト入りでわかりやすく検査がしやすいと思いました。初めての人でもSTDチェッカーであれば大丈夫だと思います。

このような評判が出ています。
採血が若干難しい人がいるという声も上がっていますが、大半は良いという評価が多いものです。

血液検査については公式の動画も出ています。
こちらは公式ではありませんが、採血の様子というのがあがっています。
映像を見る限りそこまで難しいことでもなさそうです。
また病院での一般的な採血とは異なり、そこまでの大量の血液を求めているわけではありません。

個人でも十分になんとかできるものなのかなと思えます。

他の性病検査キットと比較した場合にはどうなの?

性病検査キットを販売、検査を取り扱っている機関というのは複数あります。

現在は、STDチェッカーと同じように、検査体制もしっかりした機関も増えていますので、他の検査キットを使っても問題のないところも多いです。

ただ、すべての検査キットについて安全かどうかを調べることはできませんし、他でも大丈夫と案内することもできません。

価格差もどうかということで見てはみましたが、検査項目によって料金は変わりますし、同じような項目であれば、そんなに大きく変わるということはありません。

数百円の差程度でしたらあるかもしれませんが、あまり1円でも安いものを追求するというような商品でもありませんし、検査ですので、信頼性の高いところのものを受けた方がいいでしょう。

STDチェッカーで十分な信頼性が担保されているため、あえて他のメーカーのものを使う必要性がないと考えます。

STDチェッカーで陽性が出たらどうすればいい?

もし、STDチェッカーを使って検査結果で陽性が出た場合にはどうすればいいのでしょうか。

STDチェッカーには医療機関への連携ということも用意されています。
医療機関の受信を希望しているということで連絡すれば、専門員が連携調整してくれるサービスがあります。

受付の仕方、診療時間、診察にかかわる情報等の具体的確認もあります。

性病検査で陽性とただ出されても、そこからどうしたらいいのかがわからないということでは不安になってしまいます。

もちろんその検査結果を持って、完全に自分だけでなじみの病院に行くということも可能です。希望者のみということで調整もしてもらえることになっています。

性病検査キットということで検査をして終わりというような認識しかないかもしれませんが、もし万一のことがあったときにも希望すれば病院連携がされるということで安心して使えるのではないでしょうか。

STDチェッカーはamazonでも購入できる?

STDチェッカーを購入するのはどこにした方がいいのか?
amazonでも実は調べるとSTDチェッカーは出てきます。

ではamazonで購入するのと公式サイトで購入するのではどちらがいいのでしょうか?

こちらは公式サイトの方なんです。
amazonで安く販売されている商品は多いですが、STDチェッカーの場合は、むしろ若干高くなってしまいます。

手数料の関係等からそうなってしまうのかもしれません。
他で購入して高くなるのであればわざわざamazon等から購入する必要性はありません。

医療上の機器というものになりますし、他のところを探すよりは公式サイトで信頼できる状態のものを購入するようにしていきましょう。

土日の対応はしていない?遅いということもある?

土日が休みなので土日に検査をしたいと考えている人もいるかもしれません。

STDチェッカーに関しては、土日は対応はしていません。
「土日祝を挟む場合は、もう少し日数がかかりますので、ご了承ください。沖縄・離島からのご返送は、検体物到着に日数がかかる場合がございます。」

このようなことが書かれています。
また、電話での問い合わせも月~金の9:00~17:00となっています。

ですが、メールでの問い合わせも受けつけていますし、原則翌営業日に返信してもらえます。基本的にコールセンターと複雑なやりとりをするということはありません。

検査をすること自体は検査キットで自分で行うものなので、土日に関係なく検査することができます。

土日は休みといっても、特に不自由となることもなく、また特別に遅くて困るということもなく、検査を進めることができるはずです。

まとめ

ここでは性病検査キットとしてSTDチェッカーについての紹介を行いました。

性病検査キットというのも現在は複数の会社が販売していますので、どれを選べばいいのか、また本当にこの方法でいいのかというのは不安になることもあるかもしれません。

ですが、STDチェッカーに関しては信頼性も実績もありますし、公式ホームページを見ても安心できるものになっています。
サイト内容も見やすく、自分に必要な性病検査キットを選びやすい仕組みになっていると感じました。

自分で検査をするということで不安に思うかもしれませんが、検査は不安なことがあるのであればなるべく早くやるにこしたことはありません。

公式サイトの情報も確認して、ぜひSTDチェッカーの利用についても考えてみてください。

以下からSTDチェッカーの公式情報も確認してみてください。