システム販売実績


やさしい手システム利用事業所数294事業所!!

やさしい手グループ:システム導入実績32社!!
やさしい手グループ以外:システム導入実績25社!!

販売提供実績57社/104事業所

製品紹介

  • 訪問介護事業におけるサービス提供責任者業務を楽にしたい!!
  • 特定事業所加算要件を満たすための管理ができるシステムを探している!
  • 通所介護のアセスメント業務やモニタリング業務など、お客様宅訪問時に効率的に実施したい。
  • 夜勤を含むシフト管理に悩んでいる。人員を効率よく配置して、無駄のない経営をしたい!
  • 訪問看護のサービス記録などの業務をお客様宅訪問時に効率的に実施したい!!
  • 訪問介護・訪問看護・通所介護でのサービスの予定実績管理をしっかりやりたい!!
  • 夜勤を含むシフト管理に悩んでいる。人員を効率よく配置して、無駄のない経営をしたい!

【やさしい手の介護システム】

介護保険制度施行前より行っている在宅介護サービスで培った運営ノウハウを、やさしい手で提供させて頂くシステムに存分に盛り込んでいます。
介護現場の困りごと、管理が煩雑になりがちな介護保険制度の要件を満たし、事務作業や、事業所の皆様のスケジュール管理や、お客様宅訪問時の記録業務等を可能な限りシステム化いたしました。
事業所責任者の管理業務や、事業所の皆様の業務効率化、介護現場でサービス提供を行って頂く方々の全般的な業務を効率的に行えるようなシステムを提供させて頂きます。

【開始までの流れ】

【主なシステムのご紹介】

H2介護システム

【H2介護システムのご案内】

  • 1
    訪問介護員と介護記録等のタイムリーな共有をしたい。
  • 2
    訪問介護員の訪問スケジュールを自動化したい。
  • 3
    特定事業所加算を取得したいと思っているが、今は難しい…。
  • サービス提供責任者の業務が多く煩雑なため、効率の良い管理が行える様にしたい。
  • 2
    訪問介護員の訪問スケジュールを自動化したい。
そんなお悩みは、やさしい手のH2介護システムにおまかせください!

【導入メリット】
導入によって、こんなメリットが…

事例1:訪問介護員へ情報伝達がスピーディーに!
訪問介護員のモバイル端末を通して、サ責からの情報伝達と、訪問介護員からの報告事項が双方向かつ迅速に情報共有できた!
事例2:こんなにコストがさがった!!
日々の情報伝達・訪問介護員の割当など、多くの事務作業が軽減できた事で、残業なく通常勤務時間内に業務が終わるように変わった。
事例1:訪問介護員へ情報伝達がスピーディーに!
訪問介護員のモバイル端末を通して、サ責からの情報伝達と、訪問介護員からの報告事項が双方向かつ迅速に情報共有できた!

【機能のご紹介】

機能1:介護記録共有機能
H2介護システムから、訪問介護員のモバイル端末への情報伝達、訪問介護員のモバイル端末からの報告がタイムリーに行えます。
機能2:訪問介護員自動割当機能
週間のスケジュール・日々のスケジュールの両方について、最適な訪問介護員を自動で割当することができます。
機能3:特定事業所加算管理機能
特定事業所加算に必要な、毎月の会議や、定期的な研修・健康診断受診などが一元管理できます。
機能1:介護記録共有機能
H2介護システムから、訪問介護員のモバイル端末への情報伝達、訪問介護員のモバイル端末からの報告がタイムリーに行えます。

【画面イメージ】

H2看護システム

【H2看護システムのご案内】
訪問看護事業所運営でこのようなことにお困りではありませんか??

  • 1
    記録情報等、情報管理が煩雑なため一元的に管理したい。
  • 2
    票管理は簡単だと思っていたけど、実際には大変。
    管理を効率的に実施出来る方法を探している。
  • 3
    将来、事業の規模を拡大したいと思っており、システム導入を検討している。
  • 医療保険請求、介護保険請求を一元的に管理出来るシステムを探している。
  • 2
    票管理は簡単だと思っていたけど、実際には大変。
    管理を効率的に実施出来る方法を探している。
そんなお悩みは、やさしい手のH2看護システムにおまかせください!

【導入メリット】
導入によって、こんなメリットが…

事例1:管理業務が効率的になった!
介護の訪問看護と、医療の訪問看護を一体的にサービス管理できる。サービスの予定実績管理や請求作業、帳票管理などを一元的に管理できるようになり作業効率がグンと上がりました。
事例2:こんなにコストが下がった!
管理業務にかかっていた作業時間が短縮したことに加え、看護師等のルート管理によって人件費コストが大きく削減できました。
事例1:管理業務が効率的になった!
介護の訪問看護と、医療の訪問看護を一体的にサービス管理できる。サービスの予定実績管理や請求作業、帳票管理などを一元的に管理できるようになり作業効率がグンと上がりました。

【機能のご紹介】

機能1:訪問看護予定実績管理機能
訪問看護サービスの予定、実績管理を容易におこなうことができ、請求データ生成なども容易にできるようになります。
機能2:帳票管理機能
訪問看護計画書、報告書や記録等の帳票管理も一元的に管理できるようになります。
機能3:職員のルート管理機能
看護師等のルート管理ができるようになり、過剰過少配置がなくなることで健全な運営をサポートします。
機能1:訪問看護予定実績管理機能
訪問看護サービスの予定、実績管理を容易におこなうことができ、請求データ生成なども容易にできるようになります。

【画面イメージ】

H2通所システム

【H2通所システムのご案内】
通所H2システム活用による業務効率向上と労務費コスト削減の実現


  • お客様(ご利用者)へのサービス品質を高める他、タブレットによる簡単な記録入力等で、業務効率向上。

  • パソコン入力が苦手な職員でも、スマートフォンが使えれば簡単に入力処理など行う事が出来ます。

  • お客様の写真データや、動画取り込みがシステムに行えます。
    アセスメントや、モニタリング時のエビデンスもしっかりとキャッチする事が可能です。

  • ご家族やご自身での日々の体調管理情報入力等も可能。

  • 日々のバイタル情報や機能訓練内容など、1年分のグラフデータを作成し、見える化する事が可能です。
    お客様(ご利用者)の状態変化に応じた介護サービス内容の見直し検討が行えます。

  • パソコン入力が苦手な職員でも、スマートフォンが使えれば簡単に入力処理など行う事が出来ます。
やさしい手が提供する、通所介護システムは、業務フロー上のボトルネックの特定や、解消、効率的な業務推進を促します。
お客様(ご利用者)の在宅生活継続・自立支援の成果を明確にし、通所介護事業の拡大を行なっていく術として活用ができると考えております。

【H2通所システム画面】

【H2通所WEBシステム画面イメージ】

とこTON

やさしい手の業務改善システム
【とこTONのご案内】

  • 1
    事業所内スタッフの日々の業務スケジュール共有が大変。
    いつ・どこで・誰が・どんな仕事を・どのようにすすめているのかを把握し、緊急時の対処もスムーズに行える仕組みが欲しい。
  • 2
    シフトにしたがって出勤しているスタッフが、あまり効率よく動けていないような気がする…。
  • 3
    各事業所がどんな業務効率で仕事をしているか把握したいけど、本社からは確認しにくい…。
  • 新たなスタッフが配属されたが、忙しくて教育する時間の確保ができない…。
  • 2
    シフトにしたがって出勤しているスタッフが、あまり効率よく動けていないような気がする…。

本当に効率的に事業所運営ができているんだろうか???

そんなお悩みはやさしい手のとこTONシステムにおまかせください!

【導入メリット】
導入によって、こんなメリットが…

シフトの役割ごとに「やること」が全員で共有できるようになった!!
「夜勤の時何時に何をするのか」「日勤帯の看護師は何時に何をすればいいのか」があらかじめ決められているので、全員で「今日は誰が何をいつやるのか」を共有できるようになった。
残業が減った!!
毎日の朝礼で、所内スタッフ同士でお互いの業務を確認できるようになったので、夕礼の際に残務の確認と再分配を簡単に行えるようになった。その結果、無駄な残業が削減できるようになった。
シフトの役割ごとに「やること」が全員で共有できるようになった!!
「夜勤の時何時に何をするのか」「日勤帯の看護師は何時に何をすればいいのか」があらかじめ決められているので、全員で「今日は誰が何をいつやるのか」を共有できるようになった。

【機能のご紹介】

機能1:事業ごと・規模別の「モデルシフト」の設定ができます
事業の特性や事業所の規模に応じて、「モデルシフト」を全社共通設定することができるので、現場での過剰な人員配置を予防することができます。
機能2:離れた場所からでも店舗の人員マネジメントができます
エリアマネジャーなどが、遠隔で各店舗の人員配置状況、目標設定状況、スケジュ-ル管理状況などを確認し、改善指示を出すことができます。
機能3:離れた場所からでも店舗の人員マネジメントができます
ドラッグアンドドロップで簡単にスケジュールの調整や目標設定を行うことができ、スタッフの残業削減に向けた効率のよい店舗運営を実現できます。
機能1:事業ごと・規模別の「モデルシフト」の設定ができます
事業の特性や事業所の規模に応じて、「モデルシフト」を全社共通設定することができるので、現場での過剰な人員配置を予防することができます。

【画面イメージ】