研磨会社とは?
研削加工のメリットや
デメリットについて

研磨会社は関連性のある企業以外では、なかなか馴染みがありません。個人でも刃物研ぎに出すことはあっても、大掛かりな作業になることはありません。今回は研磨会社の基礎知識やメリット、デメリットなどについて紹介していきます。

〇研磨会社について

研磨会社について、わからないことも多いのではないでしょうか。こちらでは、業者の選び方や料金など気になる部分について見ていきましょう。

・料金

研磨費用は会社によって異なります。なぜなら、会社によって研磨の工程や機器などが変わってくるためです。安いから良い、高いから品質に期待ができるというわけではないので、会社選びをする時は料金と作業内容が見合っているかを調べるために、評判や口コミも参考にするといいでしょう。

・ISO9001を目安にする

業者選びで注目したいのは「ISO9001」です。これは品質マネジメントシステムの国際規格であり、顧客重視の姿勢、人員の運用などさまざまな基準をクリアすることで得られるものです。この規格を取得していれば、品質が劣るということはないと思われます。

・安価な部分だけで業者選びをしない

研磨費用は意外と高額になることもあり、少しでも費用を落としたいと考えるのは当たり前です。しかし、安価すぎる金額の業者に依頼すると別の業者に依頼しなおさなければならないほどのクオリティになることもあるので気をつけましょう。

〇研磨の種類

研磨と言っても、さまざまな種類があります。こちらでは、大きく分けた3つの研磨種類について見ていきましょう。

・機械による研磨

バレル研磨、バフ研磨は「機械による研磨」に分類されます。バレル研磨の場合は、数が多い小物をまとめて研磨したい時におすすめです。バフ研磨の方は回転させながら加工品を磨いていくものです。オートバイのエンジン回りなどの部品で使われます。

・電気を通す研磨

電解研磨は「電解研磨溶液」という液体の中に加工品を入れて電気を流す研磨方法です。一般的に研磨は「表面を削る」というやり方ですが、電解研磨は表面の一部を溶かすことで滑らかにする方法です。ステンレスやアルミニウム素材に適した研磨方法と言われています。

・手作業による研磨

手作業による研磨は砥石や紙やすりなどを使うため比較的馴染み深いものです。日曜大工などで使われることも多いので、手作業による研磨で「わからない」という人は少ないのではないでしょうか。

〇研磨会社に依頼するメリットとデメリット

こちらでは、研磨会社に依頼するメリットとデメリットを見ていきましょう。研磨会社ならではのメリットとデメリットがあります。

・研磨のプロが作業をしてくれる

最大のメリットは研磨のプロが作業をしてくれることでしょう。研磨会社はさまざまな製品を扱っていることで、実績や経験の高い人が多い傾向にあります。そのため、知識をもたない人と比較すると高い確率でクオリティの高いものに仕上げてくれる期待ができるのです。

・研削作業が難しいものも対応している

ステンレスやアルミニウム素材のものなどは電解研磨が必要になります。これは研磨会社ならではと言っても過言ではありません。一般業者では研削作業が難しいものでも、研磨会社であれば豊富な知識と経験、機器でしっかり対応してくれるメリットがあります。

・費用がかかる

デメリットと言えば、やはり費用がかかることでしょう。仕事を依頼するので費用がかかるのは当然ですが、難しい研磨になればなるほど費用も高額になりがちです。業者によって費用の差が出てくるので、どのような製品を得意としているかなども見極めましょう。

〇おすすめの研磨会社について

研磨をメインにしている会社は比較的多くあります。そのため、どこに依頼するべきか悩む人も少なくありません。こちらでは、おすすめの研磨会社について見ていきましょう。

・東洋ステンレス研磨工業

機能性を付加する研磨に定評がある会社です。光や熱の拡散制御、繰り返す磨耗特性の向上など綺麗にするだけではなく機能性も追加する研磨を多く取り扱っています。

・新光ステンレス研磨

どんな研磨にも対応できる臨機応変さを持った会社です。素材の特性を知り、長所を引き出すことに特化しています。名前の通りステンレス素材を得意としていて、素材の美しさなどもしっかり出してくれます。

・ミクロン工業

意匠性の高い研磨仕上げを得意とする業者であり職人が手作業で研磨を行うため機械では対応できない細かな部分も研磨可能なので高い支持を集めています。

他の特徴などを知りたい人は下記をクリックしてみてください。

研磨会社に関する詳細はこちらをチェック

〇まとめ

研磨作業の中には専門性が必要なものも多くあります。そういった製品を研磨会社に任せることで長所をぐっと引き出してくれるのです。研磨会社と言っても得意とするものがあるので、しっかり会社の特徴と研磨してもらいたい製品を比較しておきましょう。