若返りで注目しておきたいことは?
どうすれば失敗しない
若返りができる?

年齢を重ねても「若い自分でいたい」と願うのは、どんな女性でも当たり前と言えます。しかし、若さは何もしない人のところにはやってきません。今回は、若返りで注目したいことや失敗しない若返りについて紹介していきましょう。

若返りホルモンを増やす方法

若返りホルモンは「成長ホルモン」の別名です。新陳代謝を良くすることで、アンチエイジングやダイエットにも役立つと言われています。こちらでは、若返りホルモンを増やす方法について見ていきましょう。

・睡眠
若返りホルモンを増やすためには、質の良い睡眠を取る必要があります。6時間から8時間、しっかりと眠る習慣をつけてください。質の良い睡眠は若返るホルモンの分泌に大きく役立ってくれます。

・適度な運動
運動不足はさまざまな病気を引き起こす原因となります。そのため、適度な運動は若返りホルモンを分泌させるためにも必要なのです。運動によって筋肉が壊されることで、修復しようと成長ホルモンが分泌されます。身体の循環を良くするためにも運動は不可欠と言えます。

・アルギニンに注目
アルギニンという成分を含んだ食品を積極的に摂取しましょう。アルギニンは脳神経伝達物質の材料になるものです。脳神経を落ち着かせることで、スムーズな入眠効果などを得られると言われています。

若返りのために気をつけたいスキンケアとは?

若返り効果のためにも、スキンケアにも注目してください。こちらでは、若返りのために注意したいポイントについて見ていきましょう。

・メイクをしたまま眠らない
メイクをしたまま眠ってしまうと、毛穴を油分が塞いでしまいます。健康な肌を持っている人でも、メイクをしたまま眠ることで肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。そのため「後からメイクオフをしよう」ではなく、なるべく早めのオフを心掛けてください。

・保湿を心掛ける
若返りに欠かせないものは、肌の潤いです。ハリとツヤを保つためにも洗顔後の乾燥しがちな肌にしっかり保湿をこころがけてください。

・フェイスマッサージもしてみよう
年齢を重ねることによって起こるシワやたるみはフェイスマッサージによって軽減効果が期待されています。ただ、強くマッサージしてしまうと肌を擦ってしまうダメージを与えかねないので気をつけてください。

老けて見えさせる更年期太りに気を付けよう

更年期は男女問わず発症するものですが、症状の重さから女性の方が注目されています。こちらでは、女性に多い更年期太りについて見ていきましょう。

・更年期太りとは?
更年期は女性ホルモンが減少することで、さまざまな症状を引き起こします。髪や肌の美しさがなくなってしまうのも更年期の症状のひとつです。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少によって脂肪がつきやすくなり、更年期に合わせて太りやすくなるのです。

・エストロゲンが減少すると食欲が増える
エストロゲンの減少は食欲抑制機能も低下させると言われています。ある時を境に「何か食べていないと落ち着かない」ということはありませんか? 心当たりがあるなら、エストロゲンが減少している可能性が高いです。

・サプリや食事でエストロゲン補給をしよう
大豆イソフラボンなどは、エストロゲンと似た働きが期待できます。減少したエストロゲンのすべてをカバーできるわけではありませんが、サプリや食事を注意することによって症状の軽減が期待できます。

自然な若返りを実現させるためには?

若返りと言っても、若い世代のメイクやファッションを真似すればいいわけではありません。ナチュラルさがないと「若返りに成功」とは言えないのです。こちらでは、自然な若返りに必要なことについて見ていきましょう。

・美容治療
脂肪吸引などの美容治療は仕上がりもナチュラルなものが多いのでおすすめです。メスを使うものもありますが、身体の負担が少ないメスを使わない美容治療もあります。

・日頃から心がける
スキンケアなどを日頃から心がけることで、自然な若返り効果が期待できます。もっとも良い方法としておすすめされているものです。スキンケアアイテムなど、自分の肌に合うものなどをチェックしておきましょう。

・皮膚科医に相談する
肌の悩みを持っている人は、皮膚科医、美容皮膚科医に相談をしてください。自己流で勝手にスキンケアをしてしまうと、余計に症状を悪化させる可能性があるからです。専門医に相談することも自然な若返りの方法のひとつと言えます。
若返りに関する他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

若返りと言っても、人によって感じ方が異なります。
もっともおすすめされているものは「自然な若返り」です。
肌の異変などを感じたらすぐに対処しましょう。
早期対処することによって、症状を最小限にとどめたまま
ケアをすることができる可能性があるからです。