タワーマンションを売却しないと後悔する理由とは?

タワマンマニュアル

タワーマンションを購入して生活が厳しい?

タワーマンションを購入したのはいいですが、後悔している人も多いようです。

ローンの返済以外にも、毎年かかる固定の出費もバカになりません。

部屋は快適でも、タワマン内で気を使ったり・日常生活が不便と言う人もチラホラ・・・

そんな折、今後のタワーマンション価格が暴落するという話もあります。

そこで、購入したタワーマンションは売却すべきなのか一緒に考えていきます。

タワーマンションを売却すべき理由

タワーマンションが資産価値になると検討した結果、購入した人は多いでしょう。

中国人の様に、投資目的で購入した層もいます。

しかし、5000万円以上のタワマンションをローンで購入した場合、返済期間にもよりますが、

毎月の返済額にプラスして、固定資産税や都市計画税、修繕費、様々な維持費がかかるので、生活が苦しいと感じる人も多いようです。

返済するローン以外に、別途で毎年100万円以上の費用が発生しているのです。

「こんなに維持費がかかるとは・・・」と、改めて感じている人も多いはず。

それでも、購入したタワマンの価格が上昇すれば、今の苦労も報われるはず。

一方で5、6年前に購入した人から見れば、資産価値は上がっているはずですが、最近購入した方は、今後の値上がりへの期待はなかなか厳しいはず。

これだけタワーマンションが建設され、日本の人口も減少する中で、確実に需要よりも供給が多くなっていきます。

その結果、価格が下がることは目に見えています。そもそも日本のマンションは、購入した時点で、その価値は半減します。

しかも、オリンピック後には、日本の不動産価格は暴落すると言われています。

万が一暴落するのであれば、価値が高いうちに購入したタワーマンションを売却することを検討する必要があります。

なぜオリンピック後にマンション価格が下落するのか?

どこの国もそうですが、オリンピックなど世界的なイベントが起こる場所では、数年前から不動産をはじめとする価格が上昇していきます。

外国人投資家はもちろん、値上がりを期待する国内の投資家も購入するからです。

その結果、連鎖的に価格は上昇します。

現在の日本では、オリンピック開催までの値上がりを期待した中国人投資家が結構買っているという噂もあります。

オリンピックが開催される1年前位から売られると予想されています。

つまり、オリンピックが開催される期待から価格が上昇したので、オリンピックが終われば価格が下落するのは、当然かもしれませんね。

もちろん、日本経済の発展を期待したいところですが、少子高齢化をはじめ、社会保障費の支払いさえ困難になっている状況です。

このような状況でも、次々にタワーマンションが建設されているのです。

立地の良い場所であればオリンピック後も価格は下がりにくいと予想出きますが、その他の物件は下落する可能性が高いでしょう。

タワーマンションの共有部分にも異変が!

住民が利用できるトレーニング施設、プール、ラウンジがあるタワーマンションもあります。

しかし、管理費修繕費が不足しているため、プールの温水設備をやめたり、ラウンジを有料施設にする案も出ているようです。

なぜならタワーマンションというのは、規模が大きい分、その分コストもかさんでいきます。

例えば、タワマンが採用している高速エレベーター。

15年から30年以内に点検・交換が必要だと言われています。その費用でさえ、一基辺り数1000万~1億円かかります。

10数年ごとの大規模修繕も、その工事の大変さから、一戸辺り250万円はかかると見られています。

あれだけの高さがあるので、足場を組んだり、大規模な工事が必要になるのは予想できますよね?

そのため、築年数により、住民が共有して利用できる施設・設備の見直し等で、管理費等を抑える案が出てくるタワーマンションも少なくないでしょう。

タワーマンション、売りたくても売れない時代が来る?

もちろん新築、築浅のタワーマンションであれば、すぐに売却することを考える必要はありません。

立地が良く、今後も値上がりが期待できるマンションもあるでしょう。

しかし、10年後、20年後に、売りたくても売れない時代がやってくる可能性があります。

早ければ、オリンピック前後かもしれません。


徐々に修繕費や管理費が値上げされたり、毎年かかる固定費が負担になり、払えない人も出てきます。

そうなると売るという選択肢しかありません。

タワーマンションと言うと戸数が多いので、一度に複数の売りが出れば、売りにくい状況になってしまいます。

その結果、相場の価格よりも安い価格で売らないと、売れない状況になってきます。

そう考えると、資産から負債に変わる時期は存在します。

タワーマンションに希少価値があれば問題ありませんが、現在も次々に建設されているのですから。

購入したタワーマンションの価格は?

購入したタワーマンションをすぐに売る、売らないにせよ、現在の価値・価格を確認しておくことは大切です。

数年前に購入し、価格が上がっていたら、より資産価値の高い物件へ移り住むことができますし、投資目的で購入してる人ならば、売却益を出すことができます。

最近購入した方も、現在のタワマンの価格を確認しておくことで、今後の戦略がとりやすくなるでしょう。

そこで、タワーマンションの価格が分かる査定サイトを紹介します。

不動産査定・売却なら「イエウール」

・簡単な入力で・60秒で不動産の無料一括査定が可能。
イエウール」は、あなたの不動産をもっと高く売ってくれる企業と出会えるサイトです。

タワマンを売却したい人、現在の価格を知りたい人に人気のサイトです。

マンション売却の一括査定「イエイ」

・今日売ったら最高いくらで売れるのか正確に分かる!
イエイ」は、主要大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで、無料で・価格が正確に分かります。

これまで400万人以上の利用実績があり、ご自身で交渉した査定額より高く不動産を売れた人が多数。

不動産売却なら「リビンマッチ」

・一括査定で、満足度の高い売却を実現します
リビンマッチ」は、全国約1400社以上の不動産会社の中から比較ができます。

各不動産会社の強みを把握し、多くの取引事例から、満足度の高い売却を実現します。

タワーマンション売却のまとめ

もちろん、お住いとしてタワーマンションを購入した人が多いでしょう。

5、6年前に購入された方は、現在の価格を査定することで、よりよい住み替えができる可能性があります。



一方で住んでみたら、意外と日常生活が不便なうえ、維持費が高いと思った人も多いでしょう。

ただしローンとの兼ね合いもありますので、気に入らなかったとしても、すぐに売って・引っ越しという選択も難しいと思います。

どちらにせよ、不動産査定を活用することで、現状を把握して・今後の行動指針として活かせるのではないでしょうか?