慰安婦被害者施設の所長、生前最後の電話相手は尹美香氏だった

市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)が運営してきたソウル麻浦区(マポグ)慰安婦被害者休養施設の故ソン・ヨンミ所長が6日に死亡する前、最後に通話をした人は尹美香(ユン・ミヒャン)共に民主党議員だったことが確認された。

中央日報の取材の結果、ソン所長は当日午前10時ごろ、尹議員と最後の電話をした。通話内訳だけが残っていて、通話内容は保存されたいなかったという。ソン所長がどこで何人と電話をしたかは確認されなかった。ソン所長の生前最後の電話だった。
ソン所長はその後、1時間も経たないうちに京畿道(キョンギド)坡州(パジュ)の自宅に姿を現した。ソン所長が午前10時57分にマンションの駐車場に降りて家に入る姿が防犯カメラに映っていた。携帯電話は誰もいない乗用車の助手席に置いたままだった。

警察はソン所長の携帯電話に対するフォレンジック調査を行った。警察はその結果を分析したが、ソン所長の死と直接関係がある内容は見つからなかったという。その後、この携帯電話は尹議員関連の疑惑を捜査中のソウル西部地検が押収した状態だ。

ソン所長は約12時間後の同日午後10時55分ごろ、自宅のトイレで遺体で発見された。この日午後9時-10時の間、ソン所長の自宅を訪れた尹議員の秘書官が人の気配がないため、午後10時33分ごろ119番通報をしたことが確認された。

尹議員は同日夜、自分のフェイスブックに亡くなったソン所長との縁を紹介する過去の掲示物を載せた。「人と人の間に流れる電流、これほど強い力があるだろうか。ソン所長が3度目の辞表を出した日、私は彼女の前で泣きながら捕まえたかった」という内容などだった。
このコメントはソン所長の死亡が伝えられた翌日に削除された。尹議員がこのコメントを共有した時点にソン所長の消息を聞いていたかどうかは確認されていない。
この記事では重要な情報が抜けている。
それは、「尹議員がソン所長へ電話をしたのか」、「ソン所長が尹議員へ電話をしたのか」だ。

まず、ソン所長が尹議員へ電話をした場合を想像してみる。
自殺する当日、午前10時ごろという時間帯だ。
自殺するほど精神的に追い詰められていたのであれば、前日から当日にかけてほとんど睡眠なんてできないはずである。ソン所長が自殺を決意していたならもしかすると一睡もしていないかもしれない。そんな状況で午前10時ごろという常識的な時間帯に電話するだろうか。死を決意し、いたたまれなくなり、最後に尹議員へ電話して自殺を結構しようとするなら朝の5時でも6時でも外が明るくなったら時間に関係なく電話をかけるのではないだろうか。
また、午前10時ごろの電話の後、午前10時57分にマンションの駐車場に降りて家に入る姿が防犯カメラに映っていたというのも腑に落ちない。死亡推定時間が発表されていないため、家に入りすぐに自殺した可能性はあるものの、最後の電話は自殺を決行する直前にかけるだろうと想像できる。

逆に尹議員がソン所長へ電話をした場合。
尹議員は政治家という業務時間が無いような仕事ではあるものの、夜は寝て、朝に起き、午前8時や9時に1日の仕事を開始するだろう。ということは、当たり前だが午前10時ごろというのは仕事中のはずだ。

可能性は低いが尹議員が独自の判断でソン所長へ電話をした場合を想定する。
尹議員が一番気になっている寄付金の件でソン所長へ問い合わせするなら、もっと早い時間でもいいはずだ。なぜなら、この状況に於いて、夜眠る時に自分がどうすれば悪者にならいですむだろうかと考えない訳がない。
恐らくベッドに横になりソン所長へ「自分(ソン所長)が勝手に寄付金を横領したように告白してくれ」と頼もうと考えたのだろう。電話をかける午前10時までどうやって説得しようか考えていたと思われる。

可能性の高いケースとして前日に何者かから指示されたパターン。
前日にバックに居る何者か大物政治家からソン所長に罪を着せるように指示された。
尹議員が戦友として長く時間を共有したソン所長に罪を着せるのをためらい、当日の朝一で電話をかけることができなかったかもしれない。併せて、ソン所長が納得できる言葉や取引材料を探していた。または根回ししていたとも考えられる。

可能性の高いもう一つのケース、当日に何者から指示されたパターン。
当日の朝一で大物政治家からソン所長に罪を着せるよう指示されていた。その打ち合わせが10時ごろに終了し、その後ソン所長に電話をかけた。

可能性の高い2つのケースに関して何故可能性が高いのかというと、韓国では「言論仲介法改正案」により政権に不都合な言論を統制しようとしている。恐らくこの法案が可決すれば、この寄付金流用の事件そのものが日本を喜ばせる材料になるとして、事件の真実を報道できなくなるだろう。
なのでソン所長に全ての罪を着せ表舞台から寄付金流用事件を幕引きさせ、「言論仲介法」で事実を隠したままソン所長の罪を軽くする手段を講じるというストーリーではなかろうか。
そうなると、恐らく「ソン所長は長年慰安婦をお世話して寄付金を流用した使い道も私利私欲のためではない。」という、いかにも不自然な証拠が後から続々と出てきて、情状酌量で無罪もしくは極めて軽い罪が確定していたと思われる。

この2つのケースは、尹議員の前日と当日の行動、会った人物を調査すれば背景が見えてきそうな気がするが韓国の警察は調査しているのだろうか。少なくとも尹議員の携帯の発着信履歴は携帯会社から入手して調べるべきである。普段の人間の行動パターンなんてあらかた決まっているので、韓国ご自慢のスマホのGPSを使っていつ誰がどこに居たかを調査すれば、誰がどんな役割で動いていたがが見えてくるだろう。


私としては「当日に指示された」が一番可能性が高い気がするのだが。



これらを踏まえて、事件の流れを勝手に作る。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

慰安婦ビジネスは反日が盛り上がってこそ多額の寄付金が集まるため、政治的に日本と和解してもらっては困るし、定期的に国民を刺激しなくていけないため政治家にも資金が流れていた。

政治家に資金を提供し政治家からも重宝がられた尹美香は、これら政治家の「こんなに金集めがうまいならお前も政治家なれる。」「お前が政治家になって反日と慰安婦問題を頑張ればいい。」という言葉に気を良くして本当に政治家になってしまう。

政治家になろうとして落選した元慰安婦が落選時に尹美香に馬鹿にされた恨みもあり、尹美香の悪事も知っているので嫉妬から寄付金流用の事実をメディアで暴露してしまう。

この後、尹議員は寄付金流用が明るみに出てしまいどうにか罪を逃れる方法を探すことになる。

始めは野党や親日側の攻撃だと言って反撃した。
いつもなら親日と言われれば黙る国民も、自分らのお金が騙し取られていたとなると中々黙ってはくれない。

尹議員は自分が寄付した政治家に相談し、政治家も裏で手を回そうとするがあまり強く庇うと慰安婦の寄付金を不正に受け取ったことがバレてしまうので表立って援護することができない。


ソン所長自殺の当日、午前9時ころ一人の政治家が尹議員に電話してきた。
「このままでは私の所まで捜査の手が伸びて来そうだ。もう少ししたら言論仲介法を可決させるから、そうなったら寄付金流用事件に規制を掛けよう。そうすればこんな事件どうにでもなる。とりあえずそれまでマスコミと国民の目を我々に向かないようにしなければいけない。誰か寄付金を自由にできる人物で家族や親せきの少ない罪を被ってくれるヤツがいれば話をしてくれないか。」
尹議員は「それならソン所長が適任です。ソン所長の名前でも寄付金を募集していましたし、どの道捕まるのであれば他の罪も被ってくれと言います。その代わり、”裏で手を回して無罪にするか罪が軽くなるように根回しする”と言って説得してみます。」

それから尹議員はソン所長に何と言って説得するか30分ほど考えた。
そして午前10時、尹議員はソン所長に電話した。
「このままだと、あなたも私も逮捕されてしまう。私が議員のままならあなたの罪はもみ消すこともできる。でも私まで捕まってしまったらどうすることもできない。だから、寄付金を横領したのは全てあなたがやったと警察やマスコミに発表してくれない?できれば今日中に。」
ソン所長は長年慰安婦問題で一緒に戦ってきた尹美香にそう言われ絶望する。
寄付金を集め、集まった寄付金を元慰安婦にほとんど使わず流用していたのは知っているし、尹美香と一緒にそれをやっていたのは自分である。それでも元慰安婦休養施設を任され所長として元慰安婦を世話してきたのは自分だ。なのに自分が全ての罪を被り尹美香は何事も無かったように社会的に成功者として生きていくのか。自分は元慰安婦を利用してお金を集め不正に流用した悪者として歴史に汚名を残すことになる。親戚も迫害を受けるだろう。逮捕されるとしても尹美香なら最後まで戦ってくれると思っていたのに。
ソン所長は自宅に帰るまでの車中でずっと思考が停止していた。
そして自宅駐車場に入り、助手席に置いた携帯電話をしまうのも忘れ自宅に入った。

ソン所長は始めは尹美香に言われた通り全て自分が罪を被って逮捕されようと考え、どういうストーリーにするか考えた。そして矛盾が無いように、尹美香に罪が及ばないように、どうやって寄付金を集めそれを何に使ったか。
いつ頃始めてどういう組織だったか。職員の役割は?元慰安婦をお金集めの道具として使って良心は痛まなかったと聞かれたらどう答える?など、警察に追及された時に答える問答集を頭の中で考えた。
ストーリーを作るため心を落ち着かせ昔の事を思い出すたび昔の楽しかった思い出がこみ上げてくる。それと同時にこれらの寄付金集めや流用は全て尹美香の指示によるもので自分は犯罪にはほとんど加担していないと気付かされる。
それは次第に憎悪となり、「自分が犯罪者として逮捕されるなら尹美香も一緒に逮捕されなければならない。」と考えてしまう。
しかし、ソン所長はそれができなかった。元慰安婦休養施設の所長として少なくとも相手の気持ち、痛みを考えることができる人間である。尹美香のように利害関係、損得勘定だけで物事を実行できない性格だ。
追い詰められていくソン所長は部屋が真っ暗になるまで悩んでいた。
そして答えが出せないまま、唯一の尹美香への抵抗として罪を被ることなく自害した。


一方でソン所長に全ての罪を被ってマスコミに発表し警察に出頭するよう説得が成功したと思っていた尹美香は次の計画を準備していた。
今日か明日にでもソン所長がマスコミに発表するか警察に出頭すると思い、「ソン所長は良い人で自分もソン所長を信頼している。自分とソン所長は長年一緒に活動していた一番の親友だ。」と、ソン所長と自分の良い人アピールをすることである。
尹美香の次の手は「信頼して長年一緒に活動してきたソン所長に裏切られた。自分が一番の被害者だ。」と繋げるための布石を打っておくのだ。
しかし、これだけ話題性のある事件なのに、夜のニュース番組でも報道される様子が無い。
少し苛立った尹議員はソン所長に直接どうなっているのか聞きたかったが、嫌な予感がしたため電話で確認するのは危険と考えた。そこで秘書官に連絡し、ソン所長が自宅に居るか部屋の明かりが点いていたら訪問して自分に連絡するように伝えてくれと指示した。
秘書官は指示通りソン所長の自宅に行き、部屋の明かりを見たが点いていないようであった。
そのことを尹議員に伝えると、「車はあるのか確認しろ。」と命令された。
秘書官は車を確認し、尹議員に車はあると伝えた。尹議員は自分の予感は的中してしまったと確信する。
秘書官に119番通報するように指示し、自分がフェイスブック投稿したソン所長を持ち上げるコメントはあまりにもタイミングが不自然で自分が関与していると勘繰られてしまうため急いで削除した。
若しくは、ソン所長が死んだかもしれないことを指示された政治家に連絡すると、昨日今日でソン所長と不自然な流れが無いようにしないと不味いぞと言われ、あわててフェイスブックの投稿を削除した。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(これは作り話であり、実在する人物、団体とは一切関係ありません。)

ヤフーのコメントでも数多く不自然と言われている方がいます。

大の大人が夜の10時ごろ家に居ないからといってレスキューに連絡するのか疑問です。
夜に訪ねて気配がしないのであれば、次の日に自宅もしくは職場に連絡するのが普通ではないですか。そこで職場に来ない、車があるのに自宅から気配がしない。あれ?おかしいぞ、っと考えないですか?

この事件はソン所長の自殺前日と当日の尹議員の通話履歴と面会人物が重要。
まずソン所長の自殺前日の行動。自殺を計画していたのであれば、前日までに多少身辺整理をしているはずだし、当日に自殺のきっかけとなる何かがあったのだとすると前日まで数日先につながる行動をしているはず。
そして重要なのは秘書官が尹議員からどのような指示、やり取りがあったのか。

自殺した場所について。
自宅のトイレということだが、なぜリビングや寝室ではなく家の中で一番狭いであろうトイレを選んだのか。
本当に自殺だとすると恐らく自分の死後、自分の遺体を片付ける事を考慮してと思われる。
もしリビングや寝室で出血を伴う死を選択したら部屋中が大惨事になる。日本人なら「浴室の浴槽」とも考えつくが韓国の浴室事情やソン所長宅の浴室がどうなっているか知ることができないので何とも言えない所。
韓国はトイレとシャワーが1つの間取りにあるユニットバスのような作りも多いので「トイレで発見された」というのはユニットバスのような部屋かもしれない。
いずれにせよ、自殺なら死ぬ前に自分の死後の気配りまで考えていたと思われる。

殺人の可能性。
若干ではあるが可能性はあると思っている。
車の助手席に携帯電話を忘れた自殺するまで数時間、場合によっては十時間近く。その間、どのように思考したか分からないが、決定的な死を覚悟した後に最後に話をしたい相手がいたはずだ。
(実は私も未遂に終わったが自殺を決行したことがあり、家族にゴメンと電話したことがある。私の場合、手首、肘の内側、首を切ったが死ぬ前に発見された。死に場所に選んだのはやはり迷惑をかけたくないと思い浴槽の中を選んだ。)
自宅の電話からかけた可能性はある。なら、ソン所長から電話を受けた人が警察やマスコミが発表しているはずだ。未だそれが無いということは覚悟した死でないことを匂わせるには十分だ。
遺体には手首と腹部に傷跡があったそうだが、私がそうであったように手首は切れるが腹部は刺せない。
おかしい話だが、今まさに死のうとしている瞬間でも「痛みは少なく、苦しみも短く。」と考えてしまう。
最初に手首を切ったなら片方の手には力が入らないだろうし、このまま失血して眠るように死のうと考える。わざわざ腹部を刺すのはナンセンスだ。
逆に、始めに腹部を刺した場合。当然その痛みは尋常ではないだろう。猛烈な痛みに耐え、わざわざ手首を切るだろうか。早く苦しみから逃れたいなら手首ではなく首を切る。
そう考えると、誰かがソン所長を脅しトイレまで移動させ、腹部を一突き。そして手首を切って自殺に偽装した。と考えると納得がいく。
腹部の傷の位置や刃先の入り具合などで推測できそうなものだが、検視結果は自殺と断定されている。検視に政府の圧力がかかっていないか疑問が残る。

ソン所長の死が自殺であり死後の気配りまで考えているなら尹美香の決定的な証拠をどこかに隠しているのではないかと考えてしまう。(隠しておいて欲しいという希望もある。)
尹美香から電話を受け混乱したであろう。そして帰宅後、自宅から出ていないなら証拠はやはり自宅の中となる。
書類などは使い勝手からソン所長の職場「平和の我が家」にあると想定し、帰宅時に証拠となる書類を持ち帰った可能性は極めて低いだろう。なら証拠はソン所長自らの「告白文書」と予想。
別の記事で「ソンさんが周囲に検察捜査に対する圧迫感を打ち明けたことが知られ、検察捜査に対する反発世論が高まる可能性があるからだ。」と発表されていることから、ソン所長は悩みを無言で抱え込む性格というより他人に不満を打ち明ける性格のようである。ならば、死ぬ直前、尹美香への不満をぶちまけるのではないだろうか。
しかし、警察などの発表では遺書のようなものは見つかっていないという。やはり他殺の可能性が高まる。
または、遺書や告発文のようなものはあったが、内容があまりにも過激であったため警察上層部により隠ぺいされてしまった。
慰安婦ビジネスが反日よって利益増大することを考えると多くの現与党議員にこの寄付金が回っていると予想される。その与党議員の大将はあの人。当然慰安婦ビジネスの存在も知っているでしょうし、直接でないにしろ利益を得ているはず。
遺書や告発文にそれらの名前があったら・・・。国を揺るがす一大事。警察の判断で発表はできないでしょう。


韓国の異常な国民性は世代が変わっても治らないのでしょうかね?
自分の地位を向上させるために自分を磨くのではく他人を貶めるのが普通と考える国民です。
慰安婦に関しても、「もう日本は関係ない、自分らで何とかしよう。」とか言い出す人は出ないでしょうか。
韓国の売春ビジネスは昔も今も何も変わっていないし。

50年後や80年後にコロナウィルスで世界が大変だった時、日本に強制的に連れていかれて売春させられた。謝罪と賠償しろとか言い出すのではないでしょうか。
入国規制しているのにそこには触れず10万人くらい「私の親も。私の祖母も。」とか現れたりして。
いや、そこまで無茶苦茶で無いにしろ、コロナウィルスで世界が協力しなければいけない時に日本が輸出管理を継続したせいで韓国の輸出主体の経済が立ち直れなくなった。全て日本が悪い。くらいは言ってきそう。
韓国の未来の教科書では「コロナウィルス感染を疑われた韓国人が日本人に100万人虐殺された。」と載ってそうです。
それはそれで面白いですが、そういう嘘を教育しているので無いと言い切れないのが今の韓国。