「 霞が関ティール 」正式立上げイベント

霞が関ティールとは?

霞が関をもっとフラットに!有志のコミュニティとしても、昼の仕事でも、省庁横断で、年次や立場に関わらず、イノベーションを起こしていきましょう!
今年2月から立ち上げ準備を進めて来ましたが、今回のイベントをもって、正式なコミュニティ名決定と、立ち上げという位置付けでプロジェクトを回していきます。

イベント情報

日時 2019年9月28日土曜日 14:00〜18:00
場所 オープンイノベーションオフィスSENQ霞が関
条件 現役国家公務員の方々・霞が関に出向中の方
条件 現役国家公務員の方々・霞が関に出向中の方

イベントプログラム

 プログラム01 
「霞が関ティール」に込めた想いと、ビジョン・ミッション・バリューの発表

ー官僚のみんなから寄せてもらった問題意識からの「目指すもの・価値観」の具現化

2月から立ち上げ準備を始め、数十人の官僚から、入省当時の思い、今とのギャップ、そこを省庁横断でどう乗り換えていきたいかディスカッションを重ねて来ました。コピーライトの専門家にもご協力もいただき、完成したビジョン・ミッション・バリューを、霞が関ティール発起人の栫井(かこい:Publink代表取締役社長)より発表致します。(栫井の自己紹介の記事はこちら


また、官民イノベーション拠点「SENQ霞が関」を運営されている日本土地建物株式会社様からも紹介のプレゼンをしていただきます。

 プログラム02  
ティール・進化型組織とは?

ーフラットな文化とは何か、霞が関とのギャップをグループディスカッション

「いま、注目されるティール型組織とは何か?」「組織とはどうあるべきか?」
数多くの大企業の人事改革を成功に導き、省庁の幹部研修での講師もされている岩波様に登壇いただき、ティール型組織について学びつつ、みんなでグループディスカッションを通して" 組織 "について考えます。

≪登壇およびファシリテーション≫
ワークハピネス Co-Founder / eumo 取締役 eumo Academy Director 岩波 直樹 様 大学卒業後、富士銀行(現みずほ)入行。2002年ワークハピネスの立ち上げに参画。外資系製薬会社の採用戦略コンサルティング、老舗ホテルのターンアラウンド、民放キーテレビ局の人事制度改革など数多くを成功に導く。2019年より共感資本社会の実現に向け、株式会社eumoの立ち上げに参画。

 プログラム03 
プロジェクトショートピッチ

ー 霞が関で行われる様々な活動や省庁横断プロジェクトの「熱量の交差点」を生み出していきます。

 プログラム04 
興味のあるプロジェクトとのディスカッション

ー ショートピッチの各グループごとの島を作ります。
ー 興味のある島を渡り歩き、自由にディスカッションと、今後も絡みたいプロジェクトがあればコラボレーションを起こしていきましょう!

 プログラム05 
アンケート

ー 今後取り組みたいこと、運営への要望など

アンケートに今後取り組みたいこと、運営への要望をご記入ください!
新しく立ち上げるこのコミュニティをみんなで持続的に発展させていきましょう!
終わった後、希望者がいれば軽く暑気払い行きましょう(^^)
また、イベントスペースとしては100人でも入りますので、「霞が関をフラットに、省庁横断でイノベーションを!」に共鳴してくれそうな官僚のご友人がいらっしゃる方、ぜひ本グループ・イベントに何人でもお誘い合わせいただけると嬉しいです!
順次公開!

ピッチテーマ

1. 金融庁「ちいきん会」

金融庁が組織横断で、地銀と連携して地方創生を進めています。省庁横断コラボへの期待についても、話していただきます!


2. 官僚の働き方改革を求める国民の会

官僚・元官僚1000人アンケートを集めて、霞が関の働き方改革を本気で進める廣田さんにお話いただきます!


3.官僚の有償兼業

最近の改正で、官僚も有料で兼業が出来るようになり、第1号が登場しました。ご本人に登壇し、どんなことをしているのか、本業とどう調整しているか、お話いただきます!

4.ホワイト官僚宣言

働き方改革を「実際に前に進めていく」ために、働き方改革を実践する官僚達が自らの意志や取り組みを宣言することで可視化し、霞が関全体に波及させていく取り組みです。

5.SDGs

SDGsも各省連携していきましょう!
霞が関内でのSDGs普及を進めてこられた外務省の原 琴乃さん(前・国際協力局地球規模課題総括課首席事務官)から、各省連携での更なる可能性についてお話いただきます。
6.プロジェクトK

プロジェクトKは「より良い社会を実現する」ために、官僚達がより高いパフォーマンスを発揮出来るよう、霞が関の構造改革を提言する団体です。設立16年を迎え、若手中心の新運営メンバーで新たな提言を発表致します。
7.地域への霞が関コンサルチーム

自治体と連携して、官僚だからこそ分かる「規制のここまでは実は攻めても大丈夫」「省庁のこの政策とコラボしましょう」など、霞が関から地域づくりのコンサルテーションを行い、地域の先進限界事例を創出しましょう!
8.厚生労働省 改革若手チーム 緊急提言

「入省して、生きながら人生の墓場に入った」などの切実な声も寄せられた緊急提言。中心となった久米さんに登壇していただきます。提言のその後の展開を、霞が関の働き方を変えたいと思うみんなで、作っていきましょう!
3.官僚の有償兼業

最近の改正で、官僚も有料で兼業が出来るようになり、第1号が登場しました。ご本人に登壇し、どんなことをしているのか、本業とどう調整しているか、お話いただきます!

他、複数テーマを調整中!

参加申請フォーム

私達の活動にご賛同いただける方は是非一緒に挑戦していきませんか
まずはお気軽にお問い合わせください