無痛分娩の特徴や
横浜で対応しているクリニック

近年は無痛分娩を選んで出産する人も増えています。出産時の痛みは女性にとっても恐怖であり、少しでも軽減したいと思うのは当然です。そう言った理由から無痛分娩を検討する人が増えているのです。今回は、横浜で無痛分娩に対応しているクリニックについて紹介していきましょう。

無痛分娩の特徴

無痛分娩と言っても特徴などが分からない人もいるのではないでしょうか。こちらでは、無痛分娩にはどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

 ・痛みを和らげる出産

麻酔を使用して出産の痛みを和らげる方法です。無痛分娩という名前から、まったく痛みがないと勘違いされがちですが完全な無痛ではありません。あくまでも痛みを「和らげる」くらいだと覚えておきましょう。

 ・費用について

無痛分娩は健康保険を利用できません。そのため、すべて自己負担となります。病院や施設によって費用は差がありますが、5万円~16万円の間と言われています。16万円前後になるのは大学病院などであり、一般的には5万円~10万円の間を考えておけばいいでしょう。

 ・普及率は低い

無痛分娩と注目されてはいますが、完全に普及しているわけではありません。日本では1割未満というなかなか難しい数字が出ています。これから普及はしていくでしょうが、誰もが気軽に行えないのは自己負担なども理由のひとつと言えるでしょう。

無痛分娩のメリット

こちらでは無痛分娩のメリットについて見ていきましょう。これから出産を控えている人は、無痛分娩のメリットを知って検討してみてください。

 ・痛みが緩和される

無痛分娩の最大のメリットは、やはり痛みが和らぐことでしょう。痛みが和らぐことでスムーズなお産となり、体力の消耗が軽減できるのです。

 ・産後の回復が早い

こちらは個人差がありますが、産後の回復が早かったという意見も多くあります。出産後は体力消耗をして日常生活に戻れるまでに大きな時間を要する人もいます。そういったリスクを減らすために無痛分娩を選ぶ人もいるようです。

 ・心臓や肺が悪い人におすすめ

無痛分娩を選んだ人は陣痛中の酸素消費量が少なく済むと言われています。ただ、これはすべての人に当てはまるかはわかりません。そういった報告がある程度で覚えておきましょう。産婦人科の医師から心臓や肺が悪い人は無痛分娩を勧めるということもあるようですね。

無痛分娩のデメリット

無痛分娩にはメリットばかりに感じられますが、デメリットもあります。こちらでは、無痛分娩のデメリットについて見ていきましょう。

 ・かゆみ

個人差はありますが、無痛分娩を体験した人の中にはかゆみを感じる人もいるようです。軽度の人もいれば、かきむしりたくなるほどのかゆみに悩まされる人もいます。

 ・足の感覚が鈍くなる

麻酔による影響だと思われますが、足の感覚が鈍くなって力が入りにくくなる人もいます。ただ、これはずっと続くわけではなく、一時的なものです。そのため、感覚が鈍くなっても過剰な心配は必要ないと思われます。

 ・頭痛

針を刺したり、チューブを入れることで頭痛を引き起こす人もいるようです。出産時の痛みは軽減されたけど頭痛に悩まされていたという人もいます。

横浜で無痛分娩に対応しているクリニック

横浜にはさまざまな産婦人科があります。こちらでは、無痛分娩に対応しているクリニックについて見ていきましょう。

 ・聖マリアクリニック

麻酔専門医が常駐しているクリニックです。洋室と和室を選べて、完全個室となっているので入院中もリラックスできます。他にも家族の宿泊なども可能なので、出産前の女性が不安を感じにくい環境づくりがされているのです。

 ・おとめクリニック

完全個室のクリニックであり、産科麻酔医が在籍しています。間接照明による落ち着いた雰囲気で妊娠中の女性をリラックスさせてくれます。クリニックというより、最高級のホテルに宿泊しているという感覚の方が正しいかもしれません。

 ・東條ウィメンズホスピタル

シェフによる豪華な食事が特徴的です。マタニティビクス、マタニティクッキングなどの教室が充実しています。無痛分娩は予約制なので、事前予約が必要となっているので気を付けましょう。基本的には自然分娩を推奨しているクリニックです。

横浜で無痛分娩に対応しているクリニックについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

横浜には無痛分娩に対応しているクリニックが多くあります。
無痛分娩は滅多にありませんが、事故が起こっているケースもあるので
しっかり説明を受けた上で慎重に決めてください。
クリニック選びの場合は、麻酔医が常駐しているクリニックの方がいいかもしれません。
快適に出産までの時間を過ごせるクリニック選びを心掛けてください。
クリニックによって食事を重視しているところ、部屋を重視しているところなど
異なったポイントがあります。