役員面接を控えた
あなたへ
セレブリックス
営業パーソンの
生の声を届けます。

現在活躍中のセレブリックス社員に
インタビューを実施しました。


今でこそトップセールスとして
輝かしく活躍しているあの人たちも、

みな営業未経験からスタートしています。

営業未経験だからこそ味わえる
喜びや成長、やりがいは
もちろんある一方で、

試行錯誤や苦労、思いがけない壁に
直面することは日常茶飯事です。



インタビューを読んであなた
がセレブリックスの仲間として
働く姿を改めて

イメージしてみましょう。

役員面接にたどり着いた今だからこそ、
思い描く世界が明確になり、

自身の考えに変化が
生まれているのではないでしょうか。


セレブリックスではどんな経験ができて、
どんな人間になれるのか?

社員のリアルを知った上で、
自分が働く姿を想像しながら

読んでいただきたいと思います。

~セレブリックスで異例の【単独プロジェクト】に配属~

西村舞子(にしむらまいこ)
東海大学出身
2017年新卒入社(社会人3年目)
セールス事業本部 コンサルティング事業部所属
チーフ

入社後は飛び込み営業のプロジェクトを経験後、ベルフェイスプロジェクトに異動し現在に至る。現在は、新規開拓の営業ではなくカスタマーサクセスを担当している。セレブリックスの就活時代はガチガチに緊張しすぎて、面接で「タメ口面接(緊張を解くために面接官とタメ口で話す)」を経験。アイドルが好き。

Q. 西村さんは、ベルフェイスのプロジェクトに【単独配属】を経験されましたね。

A. そうです。超異例の配属でしたね。チーフもメンバーもいない状態で、一人で配属されたんです。セレブリックスの営業って、基本的にチームで営業するので異例でしたし、大抜擢だったって聞いています。笑

Q. 大抜擢されて、もちろん期待やワクワクもあったと思いますが、逆に一人のプロジェクトって不安じゃなかったですか?

A. 不安じゃなかったです。もともと、新しい環境とか新しい取り組みが好きだったし、一人も好きだったので。逆に一人の営業の方が向いてるかもなーって思ってたくらいでした。なので、ベルフェイスプロジェクトの話が来た時は、すぐ快諾しましたね。

Q. セレブリックスに一人のプロジェクトが存在することに対してどう思いましたか?

A. 正直、「一人プロジェクトなんてあるんだ」とは思いました。でも、代理店としての営業でしたし、以前経験した飛び込み営業とは違って、インサイドセールスのプロジェクトだったので、結構嬉しかったです。ウキウキしている気持ちの方が大きかったです。

 

Q. ベルフェイスプロジェクトで営業をやっていて、気持ちの変化はありましたか?

A. 最初はもちろん、営業手法も環境も新鮮で楽しかったです。でもそのうち、一人が寂しくなりました。笑 ベルフェイス社に常駐していた時は、セレブリックスの卒業生もいて面白かったんですけど、気軽に話せる環境ではなかったんです。少しずつ、肩身が狭くなってくというか。そういう自分がいることに気づきました。定例会の用事でセレブリックスに戻ってくると、「あ、みんながいる…。」って安心している自分がいて、その時に「私はセレブリックスの文化が合っているんだな」ということに改めて気づかされました。
飛び込み営業の時は、一緒に働く人が全員セレブリックス社員でしたが、いざ他社に常駐して働いた時に、企業文化の大切さを心から思い知りました。セレブリックスへのアイデンティティも強まりましたね。

 

Q. そうだったんですね。でも、環境って、成果とは違ってなかなか変えるのが難しいじゃないですか。どうやって環境に適応しようと努めたんですか?

A. ベルフェイス社で自己開示をしていきましたね。会社のオフィスがビール飲み放題のオフィスだったので、飲み会の時とかに、自分の趣味の話やプライベートの話を積極的にするようにしました。自分の周りの環境を、自分の意思で自分に合う環境に変えていったっていう感じですね。

 

Q. そのあと、ベルフェイスのカスタマーサクセス*プロジェクトに移動して、本社にも戻られましたね、業務内容はどのように変わったんですか?
*カスタマーサクセス:受動的に顧客の要望を満たすためだけをサポートするのではなく、顧客の成功(=事業の成果)と自社の収益とを両立させる事を目指し、能動的に顧客に対して働きかける仕事

A. カスタマーサクセスなので、実際にサービスを利用してくれているお客様に、もっとお客様のためになるようなサービスを提案する、というような仕事に変わりました。お金の話より、お客様がより満足してサービスを使ってくれるように、こちらから能動的に与える、というイメージでした。なので、今までのような、自分の営業目標達成への執着ではなく、自分の提案で、お客様がサービスをどんどん使えるようになっていくのが目に見えてわかるところに、嬉しさとやりがいを感じるようになりました。お客様の幸せをもっと自分事のようにとらえられるようになりましたね。ただ、もちろん売上目標もあったので、目標達成のために逆算して行動する、というのは難しかったですし、頭は使いました。

 

Q. 今もカスタマーサクセスの仕事を続けているんですよね?

A. はい。ただ厳密に言うと、多岐に渡る仕事を任せてもらえるようになりました。最近だと、インサイドセールスのメソッドを自分で作っています。まずは社内向けに展開する予定なのですが、ゆくゆくは社外に拡販していくためのメソッドです。あとは、ベルフェイスのプロフェッショナルとして、社内の利用者含め、トラブルや問題解決をしていたり。なので、いつも新鮮な気持ちで、いろいろなことにチャレンジしています。

 

Q. もし、西村さんがアウトバウンド(新規顧客開拓)の営業プロジェクトに戻るってなった際に、以前の営業活動から改善させたい事や進化させたいことはありますか?

A. あります。自分が数字を見て、自分の手で改善していきたいなと思います。というのも、営業をしていたころは、チーフやリーダーの下でメンバーとして、ただただがむしゃらにやっていたんですけど、今は、もっともっと頭を使って分析したりして営業活動をしたいなと思っています。成長してできることが増えたからこそ、こういう気持ちが生まれたんですけどね。

 

Q. 以前はがむしゃらに営業をやっていたということなんですけど、がむしゃらだと、たまに我に返って「私、なんのために営業やってるんだろう?」って思ってしまうことってあったと思います。そんな時に、西村さんはどうやって気持ちをリセットさせていたんですか?

A. ありましたね笑 そんな時は、まず、「私が目標達成さえすれば、自分の人生の全てがうまくいく」と考えていました。そう考えていた理由は、セレブリックスに対して、社内の人間関係や制度、待遇に一切不満がなかったからです。だから、営業の目的を見失いそうになった時も、自分と同じセレブリックスにマッチした人と一緒に働けていて、それに満足しているのであれば、この環境を捨てたくない、という想いが強かったんです。で、この環境を捨てないためには、「数字で結果を出さないとな」「自分が頑張ればなんとかなる」って自然に思うようになって、リセットできました。

 

Q. セレブリックスの社員のどういうところが良いと思いますか?

A. まず愚痴を言わない、っていうところですね。あとは、我を認めてくれるというか、いろんな人がいるっていうことをみんなわかっていて、それをお互い理解し合っているところです。
例えば、私は一人が好きなので、パソコン見ながらお昼ごはんも一人で食べる時があるんです。そういう時は、誰も話しかけて来ません。でも、誰かと話したいなと思って、パソコンを閉じると、みんな話しかけてくれるんです。笑
なので、自分の好みや居心地の良さも全て認めてくれて、理解してくれるところが、すごく良いなと思います。

 

Q. 西村さんの思うチームって何ですか?

A. 全員が得をするために存在しているものだと思います。一人だとできることや考え方も限られているけれど、いろんな人がいることで、自分が知らない知識や意見を知ることができるし、逆に自分が知っている知識や意見を共有できる。それによって、組織が加速していく。これって、一人じゃ無理だなって思います。1+1=2ではなくて、10や100にまでなるっていうことですね。

~営業は楽しいけれど、お客様のためにチームで働くって難しい~

小菅修斗(こすがしゅうと)
神奈川大学出身
2017年新卒入社(社会人3年目)
セールス事業本部 事業推進室 採用企画グループ所属
チーフ

入社後は飛び込み営業やオンライン診療サービスのプロジェクトを経験し、現在は大手人材・IT企業のシフト管理サービスのプロジェクトを担当。セレブリックスの役員面接で「何か本は読んでいる?」という質問に対し「『僕の心臓を食べたい』は読みました」と回答し、不審がられた。人と楽しいことが大好き。

★小菅さんは、就活時代は「楽しいかどうか」を軸にもって就活をし、セレブリックスに入社をしました。もともと、「人」に対する想いが強く、モチベーションが上がるきっかけも「人」だったそうです。「楽しいこと」「人」の面がきっかけでセレブリックスに入社をした小菅さんは、実際の営業活動でどのような経験をされたのでしょうか。

 

Q. 新卒で最初に配属されたプロジェクトは何でしたか?

A. 飲食店への飛び込み営業でした。

 

Q. 突然飛び込み営業のプロジェクトに配属されて、不安などはありませんでしたか?

A.なかったですね。もともと、「やってやるぞ!」っていう気概を持てるタイプだったので、頑張ろうという気持ちが強かったです。なので、最初はやる気に溢れていました。

 

Q. いつも明るくて前向きなイメージありますもんね笑。 その気持ちを持ち続けたまま実際に営業をやっていて、進捗はどうだったんですか?

A.すごい良かったです。飲食店への営業だったんですけど、結構うまくいっていました。気持ち的には「最高!」でした。「人に寄り添える」っていうところで自分の強みが発揮できたっていうところもあると思います。

 

Q. 確かに、飲食店とかリテール系の営業になると大きな会社相手ではなくなるので、戦略戦術だけではなくて、人間的に寄り添う力も結果に影響ありますよね。

A.そうですね。ただ、実は途中から一気に気持ちが落ちていった出来事があったんです。
自分の営業でサービスを導入してくれたお店から、次々と解約の申し入れが来るようになったんです。営業目標は順調だったものの、実際にサービスを使ってくれているお客様のためになっていないんじゃないかって思うようになって、自分の中で大きな悩みになっていきました。

 

Q. それは確かに落ち込みますね…。お客様に幸せになってもらうための営業なのに、結果は真逆って。そんな気持ちの中、どうやって営業を続けたんですか?

A.実は、そんな状況の真っただ中で、次のプロジェクトに異動が決まったんです。飛び込み営業をやった後、オンライン診療サービスのプロジェクトに配属されました。ただ、落ち込んだ気持ちのまま新しい営業をやり始めたものの、営業は意外とうまくいったんです。いくら落ち込んでいたとしても、次は次ですし、新しいプロジェクトでやってやるぞっていう気持ちは持ち続けていました。
で、営業が順調なまま、また次のプロジェクトに異動になりました。大手企業のシフト管理サービスの営業で、それが今所属しているプロジェクトです。

 

Q. そのプロジェクトでも順調なんですか?

A.思いがけない壁にぶち当たりました…。
もともと、僕が人好きなこともあって、飛び込みの営業をやっている頃からチームで働くことが楽しくて人間関係はストレスフリーだったんです。でも、今のプロジェクトで一緒に働いているある仲間と、度々衝突して…。こんなに人に対してムカついたことはないっていうくらいでした。笑

Q. 何が原因だったんですか?

A.タイプが全く違うことですかね。僕は、どちらかと言うと行動第一の努力タイプなんですけど、彼はセンスとか才能の部分が大きいタイプなんです。どっちが良い悪いの話ではないんですけど、コミュニケーションがあまり上手くいかないんですよ。なので、営業でうまくいっていないというよりは、内部の人間関係で苦労していましたね。

 

Q. チーム内でのコミュニケーションって、どうやって改善したんですか?結構大きなストレスだと思いますけど。

A.そうですね。まず、彼を理解するように努めました。タイプの違いって、その人の人格的な部分が大きいので、コントロールできないですし。なので、自分から彼を知るようにしたし、受け入れるようにしました。同時に、彼も自分のことを理解しようと努めてくれていたのを感じたので、理解し合おうと思っているんだっていうのはお互いわかっていたと思います。それもあって、初期よりはうまくいくようになりましたよ。

セレブリックスっていろんなタイプの人がいるので、もちろん、時にはそれが呵責となるときもあるかと思います。
そんな時に大事なのが、自分から歩み寄ろうとする気持ちを持ち続けることですね。相手にも自分の気持ちや態度って伝わるので。

社会人として働くうえで、すごく大事なスタンスだと思います。

~なかなか成果が出ず苦しんだ一年。その後ギネス更新&MVP獲得へ~

河﨑友彦(かわさきともひこ)
成蹊大学出身
2019年新卒入社(社会人1年目)
セールス事業本部 セールスアウトソーシング事業部所属

入社後から現在までの約1年、大手IT企業のプロジェクトで新規開拓を担当。学生時代にUberEatsの配達員としてバイトをしており、就活では内定コレクタ―だった(内定6社)。そんな中、セレブリックスの成長環境と早期にマネジメント職に就ける可能性に魅力を感じ、入社を決めた。

Q. 研修が終わって、大手IT企業のプロジェクトに常駐で配属されましたね。このプロジェクトに配属された時はどんな気持ちでしたか?

A. 特に不安もなかったですし、大きな期待もなかったです。顧客の会社が家から近かったですし、社食もあったので、ラッキー♪程度でした。笑

 

Q. か…軽いですね笑 でも、プロジェクトで営業を始めて2ヶ月の間、かなり落ち込んだそうですが、なにがあったんですか?

A. 2回つまずいたことがありました。
まず、自分が研修で学んできた営業のノウハウが、プロジェクトで使われているトークスクリプトに反映されていなくて、営業手法の飲み込みにつまずきました。研修では、潜在的なニーズを掘り起こすような質の高いトークを考えるのが当たり前でしたが、そのプロジェクトのトークは、それこそ、商品のメリットのみで売り込んでいるようなものでした。
「こんなトークで良いのか?」って疑問に思って、スクリプトを変更したいと上司に抗議しました。「研修で習ったのと違う」って率直に上司に言ってしまいましたね。
次に、プロジェクトの営業システムに慣れるのにつまずきました。うちのプロジェクトは、ただアポイントや契約を取れれば目標達成ではないんです。「1件獲得」までの仕組みが複雑で長いんですよ。まず、顧客に営業して「口頭受注」をもらうと、次に事前の審査を出すんです。この審査が通った後に、「本契約」を交わし、それが審査部に受領されて初めて「1件獲得」とみなされるんです。

 

Q. すっごい遠いですね…。

A. はい。私の初めての口頭受注は結構すんなりもらえたんです。でも、審査が通った後に、顧客から「今回はやっぱり契約はできない」って断られて、その案件が流れてしまったんです。結構期待していたので、予想外すぎてショックでした。
口頭受注をもらっても、なかなか本契約までたどり着けなくて。しかも、それって私の実力ではコントロールできない「審査」とか「顧客の都合」に左右されるので、このプロジェクトの仕組に慣れるまでは結構苦労しましたね。
審査が落ちてしまって、こっちからの営業で口頭受注をくれたお客様に「審査通りませんでした」と謝らないといけなかったり、お客様から「やっぱりごめん」って振られたり。正直地獄でした。でも同時にメンタルは鍛えられましたね。

 

Q. そうですよね。通常の営業なら、口頭受注もらったら「やったー!これはいける!」って喜ぶところなのに、河﨑さんのプロジェクトの場合は、口頭受注はあくまでもプロセスの一つでしかないんですね。

A. そうです笑 「よし、次審査出そう」くらいの温度感です。しかも、同じプロジェクトに同期が一人いるんですけど、その同期はどんどん本契約まで持っていくんですよ。まあ、ターゲットリストの違いとか、運の要素もあったんですけどね。ターゲティングによって、審査が通りやすい企業にアプローチすることも可能なんですけど、当時の私はそれを知らなくて、とにかく言われたとおりに愚直にやってました。しかも、その同期とずっと比較されて評価されるので、ストレスはありました。

 

Q. 配属当初、トークスクリプトの質が悪くて抗議したと言っていましたが、それは納得できないまま仕事をしていたんですか?

A. そうですね…。でも、最後はなんでこのスクリプトでやり続けるのか腑に落ちました。

 

Q. なぜですか?

A. この商材は、潜在ニーズを掘り起こすほど質の高い営業をしなくても受注はできるっていうことを学んだんです。要は、商材が売れやすかったり、ニーズが顕在化していたりする場合は、そこまで質の高い営業を求めなくても結果が出やすいんです。研修で、かなり高度な営業を学んだので、それが当たり前だと思ってしまっていたんですね。売る商材やターゲット顧客の状態によって営業手法は選ぶべきだっていうことを学びました。
やっぱり、有名な企業とかブランド力のある企業って、そこまで高度な営業をやらなくても名前とか信用度で売れちゃったりするんですよ。逆に、知名度の低い商材やポテンシャルのある商材の方が、営業手法は複雑になりますし高度になっていきますよね。
これに気づいてから、自分の中ですごい腹落ちできました。

 

Q. では、その後は営業もうまくいきましたか?

A. そうですね。10月にコンサルティング事業部長の集中研修があって、それに参加したんです。ロールプレイングしてフィードバックもらって。この研修の翌日からすごく進捗が良かったんです。口頭受注ももらえるようになって、めちゃめちゃ楽しかったです。
しかも、一度断られたお客様を追いかけ続けて、結果受注まで持って行けたっていう案件を2件作ったんです。振り向いてくれないお客様に振り向いてもらえた時って、やっぱりめちゃめちゃ嬉しいですね。ちょー気持ち良いです笑

 

Q. 確かに、それが営業の楽しさでもありますよね。ずっと達成し続けたんですか?

A. いや、実はその後また落ちたんです…。10月の成功体験を型化して継続させることができなくて。10月の研修で学んだ手法でやっていたんですけど、なかなか継続した成果を出せなかったです。


Q. それで年末に入ってしまって、新年を迎えたんですね。気持ち的にはつらい状況じゃなかったですか?

A. そうですね。でも、B2Bマーケティング部長の言葉に、「営業って真面目にがんばったらその通りに結果が出るような仕事じゃない。壁にぶつかったときに行動をやり切れるかどうかが大事」っていうのがあって、これを忘れないようにしていました。

その気持ちを忘れずに、1月からも行動量を担保していたら、受注がぽんぽん上がるようになって、最終的には今まで未達成だった分の借金を1月に全部返済できました。帳尻合わせられたっていう感じですね。

 

Q. それでギネス記録&MVP受賞ですね。おめでとうございます!

A. ありがとうございます。社会人1年目の最後でぎりぎり受賞できました。

 

Q. この1年は、苦労と試行錯誤が多かったようですね。新卒研修で質の高い営業を学んだからこそ、現場ではその知識やスキルを調節しながら結果を出すことが求められたんですね。

A. その通りです。セレブリックスには最高峰の営業のノウハウやスキルが詰まっていますが、その最高峰の営業手法が、全ての商材や顧客に通用するわけではないです。商材の難易度や顧客に合わせてアレンジしないと、結果は出ないんです。

 

Q. そんな苦労を経験してきた中で、河﨑さんがセレブリックスで営業をやり続けようと思う原動力はどこにあるんですか?

A. セレブリックスへの入社に対する覚悟ですね。この覚悟があったからこそ、今続けているんだと思います。入社時の覚悟の深さで、その後の活躍が決まるっていうのを就活時代からずっと聞いていたので、自分の選択に対して、負けてたまるかと今でも思っています。「俺の新卒、安くねえぞ!」って謎のプライドを持っているのが、セレブリックスで続けられている秘訣かもしれません。笑