「一生懸命勉強し、良い大学に入り、良い会社に勤めなさい」と言われて会社に入ったのに。。

大企業のリストラや
終身雇用崩壊のニュースで
不安な方へ

「一生懸命勉強し、良い大学に入り、良い会社に勤めなさい」

と言われてやっと会社員になれたのに、いざ入ってみたら終身雇用崩壊や大企業のリストラなどのニュースで現状に不安を抱いている方もいるのではないでしょうか?

最近流行りの「副業」ではなく、そもそも副業をする前に学ぶべき「お金の教養」についての無料セミナー参加のメリットと注意点(デメリット)を解説します!

無料マネーセミナー「お金の教養講座」
とは?

年間255講座の開催、延べ49万人が受講したマネースクールの定番講座。老後の不安をなくしたい、収入をアップしたい、もっと貯金体質になりたい、など普段なかなか聞けないお金のことを、短時間で効果的に学び、知識を得られる入門講座です。

セミナーの特徴とは?

  • ビジネス書ミリオンセラーの著者による、自身の経験に基づくセミナー

    関連書籍の販売累計160万部を超える著者の経験に基づく教養セミナーとなっております。



  • 多数の有識者に基づく、中立的な講座内容

    証券会社、弁護士、大学教授など様々なアドバイザー監修のもとに練られた内容であること。また教育機関として中立的な立場をとるため投資案件などの販売は一切行っていないことが特徴です。



  • 教室講座とオンライン講座のどちらかを選べる

    直接会場に行く場合には東京、神奈川、名古屋、大阪しかありませんが、オンラインで参加することも可能です(※オンライン参加の場合には有料となります)



  • ビジネス書ミリオンセラーの著者による、自身の経験に基づくセミナー

    関連書籍の販売累計160万部を超える著者の経験に基づく教養セミナーとなっております。



セミナーに参加するうえでの注意点は?

  • あくまで概要にとどまる

    今回のマネーセミナーのテーマを見ると、とてもじゃないですが時間内で細かい知識までは紹介しきれない内容だと思います。したがって、内容によっては概要に留まる部分があるかと思います。


  • 「で、何買えばいいの?」には答えづらい

    マネーセミナーを運営する会社では「金融商品の販売などは行わない」とポリシーで記載しています。つまり、中立的な立場であるがゆえに参加した後に「どこで何を買えばいいのか?」といった具体的な質問には答えづらく、自分で調べたり、検討する必要があります。


  • スクールであるから、有料プランの案内も当然ある

    マネーセミナーを運用しているのは株式会社であり、営利組織です。よって、NPOなどとは違い、有料な授業の紹介も当然セミナー内であると思います。


  • あくまで概要にとどまる

    今回のマネーセミナーのテーマを見ると、とてもじゃないですが時間内で細かい知識までは紹介しきれない内容だと思います。したがって、内容によっては概要に留まる部分があるかと思います。


それでも、
無料セミナーに
参加する
メリットは?

1

副業禁止の会社員でも実践可能な内容がある

今流行りの副業は実は9割近い会社ではまだ認められていない状況です。今回のマネーセミナーでは副業にならない手段の紹介も予定されております。

2

最新情報を効率的に入手できる

セミナーにわざわざ足を運ばずとも、低価格で、自分のタイミングで学べる手段があります。それは本です。ただし、本を出版するには企画から店頭に並ぶまで1年は普通かかりますし、ベストセラーになるにはさらに1年かそれ以上かかるケースもあります。何が言いたいかというと、皆さんの手元に届く際には、本に書かれている内容と実態の社会にズレが生じる可能性があります。今回の講師は現役の実践者のため、最新の情報を手早く入手できることがメリットかと思います。

3

「売り込みがない」と安心して参加できる

「無料マネーセミナー お金の教養講座」と言いながらも、中立的な立場をとり、商品を進めることはないとポリシーに記載されております。よって、セミナーに申込をしても、自分には必要無いと判断した場合2度と勧誘されることはありません。仮にダイレクトメールがセミナー参加後に来ても、今の法律ではダイレクトメールはユーザが必ず解除できるような仕様にしなければならなくなっており、あなたはいつでも解除できるため、継続的な案内を受けるか否かはこちらで決めることができます。

1

副業禁止の会社員でも実践可能な内容がある

今流行りの副業は実は9割近い会社ではまだ認められていない状況です。今回のマネーセミナーでは副業にならない手段の紹介も予定されております。

いかがでしたでしょうか。

 

最後に、今回ご紹介したマネーセミナーを提供しているスクールでは、「お金の教養」について次の7つの要素に分けられる、と定義しております。

お金の教養とは?

お金
の考え方

物事の本質をつかむ思想を持つ

お金の
貯め方

収入、支出の管理を習慣化する

お金の
使い方

投資・消費・浪費を見分ける

お金の
稼ぎ方

自分のスキルアップ
収入につなげる

お金の
増やし方

お金に働いてもらう
仕組みをつくる

お金の
維持管理

創りあげた資産を保ち続ける

社会還元

お金や経験を社会に還元する

お金の
貯め方

収入、支出の管理を習慣化する

最もお伝えしたいメッセージは「お金を投資する」だけがお金の教養をつけることではない、ということです。

 

なお、マネーセミナーに関する公式サイトはこちらです。