なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

教師を捨てれば、教師になれる。

何の取り柄もない私が、26年間、誇りをもって教師を続けてこられた理由。

知りたい!


あなたは「教師として成功したい」と思っていますか?

「成功」の定義はさまざまです。

生徒や保護者、同僚から信頼を得る。
生徒の能力を伸ばす。自身の能力を伸ばす。


もしそう願うなら、できるだけ早く、教師を捨てなければいけません。

「教師を捨てれば、教師になれる」

この考えを身につけていただくために、研修会を用意しました。


日程:随時  
参加費:必要経費(会場使用料)
定員:∞人(会場に応じて)
 場所:新潟市内の公共施設内研修室

+開催依頼を随時受け付けています。



この研修会で手に入るもの。

今いる場所で輝く。

あなたはご自分の得意に気づいていますか?
キャリアの見直しをすることで、
今の職場で輝く方法が見つかります。

仕事以外で輝く。

朝から晩まで職場にいても、案外報われることは少ないもの。あなたが持つ「役割」は、教師だけではありません。多くの役割とのバランスを取ることが大切です。

セカンドキャリアで輝く。

「100年人生」の時代です。リタイアした後も、あなたにとって大切な時間は続いていくのです。ところで、あなたはどれだけ具体的なプランを描いていますか?

あなたは、こんなふうに思いませんか?


現在の教師の多くが、
学習指導、部活動指導、クラス経営等において、

一過性の、はやりのテクニック頼み

に陥っていると感じます。

そのような、「教師の成功例」はよく聞かれる話です。

しかし、それは「個人的な成功例」です。

「あの先生」ができたことが、
「あなた」にとって最適な方法か、
あるいはあなたの価値観に沿った取り組みなのかは
全く別の話です。

すべての教師が、
年齢も、スキルも、キャリアも異なる中で、
「個人的なケース」を追うことに
どれほどの意味があるでしょうか?


私たちは、
年齢を重ねても、
異動先がどこであっても通用する

本質的な考え方やふるまい方

を身につける必要があります。


さらに、
教師は生徒という「未来」の育成に携わります。

しかし残念ながら、
現在の学校教育は「未来」を見ているとは言えません。


生徒に「未来」を見せるためには、
教師自身が、教師を捨てなければならないのです。


不思議なことですが、
教師が教師を捨てることによって、
どんどん本物の教師に近づいていきます。

そして、
学校内では生徒や保護者からの信頼を得、
学校外ではさらに充実した時間を過ごせるようになるのです。


大切なことは、

あなたが、どうしたいか?

それがすべてです。

会 場

ハードオフ エコスタジアム新潟

デンカ ビッグスワンスタジアム向かい