実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

学飯とは

学飯プロジェクトはコロナショックの影響を受けて、
アルバイトに制限が発生し、学業を続けることが困難になった大学生にむけて、

食事を有志で支援して、学生にも飲食店にも元気になってもらう取り組みです。
(専門学校、短大、大学院学生含む)

学飯 
食事券の申請の最終受付が終了しました。
追加を実施する場合は告知します。

学飯プロジェクトは、7月末で終了する予定でスタートしており、
現在はそのスケジュール通りで動いております。
現在、約1万食の提供目途が立っております。
申請、追加申請が供給数を上回った場合は、
困窮度に応じて配布いたします。
また、状況に応じては8月も追加配布を行う可能性もございます。

コロナで経済的に困窮している学生を市民が支えます。

学飯プロジェクトは、大学生、大学教授、社会人、企業経営者が集まり、
コロナで経済的な困窮を受けている学生と、飲食店に対して、
市民や企業から寄付を募り、それを食事券として、
経済的な困窮をしている学生に配布し、学生と飲食店を支援する取り組みです。

働きたくとも働けない。

学費を奨学金で賄い、生活をアルバイト等をしながら捻出している。
そんな学生にとって、「コロナで仕事(バイト)が無い。」という状況は、
とても大きな経済問題です。
学業を続けることにアラートが出ている学生も急激に増えている今だからこそ、支援の連鎖が必要になっています。
学飯プロジェクトでは、市民や企業から集めた資金を、食事券として学生に配布し、賛同飲食店で食事を得ることができるようにいたしました。

経済的に負担が発生している学生の方は、以下のフォームより食事券の申請をお申込みください。

学生に笑顔を届けたい。

私達、学飯プロジェクトメンバーは、困難に見舞われている学生をなんとか支えたい。そして、笑顔を作り出したい。と、強く願いプロジェクトを立ち上げています。少しでも明るい希望を届けさせてください。
Step
1
学飯に申請
一番下にあるGoogleフォームより、学飯の申請を実施してください。

Step
2
学飯プロジェクトから食事券の送付
経済的困窮状況の申請に応じて、学飯プロジェクトから食事券を郵送します。
郵送開始日は、2020年6月6日を予定しております。
Step
3
指定の協賛店でお食事をお召し上がりください
協賛店にてお食事をお召し上がりください。その時に食事券の不正利用を防止するために学生証の提示をお願いいたします。
※個人情報等の伝達は不要です。
Step
2
学飯プロジェクトから食事券の送付
経済的困窮状況の申請に応じて、学飯プロジェクトから食事券を郵送します。
郵送開始日は、2020年6月6日を予定しております。

学飯協賛店

周平ラーメン
対応店舗
周平本店  
愛媛県松山市一番町2丁目4-11

油そば周平 
愛媛県松山市清水町2丁目15-10
『学飯チケット一枚でお好きな麺類一杯と引き換え出来ます!』
上記2店舗が学飯に対応しております。
青空食堂
久万の台店 愛媛県松山市久万ノ台2番地4
『野菜をしっかりと食べに来てください♪』
さくら食堂
愛媛県松山市平和通2丁目5−10
『お腹いっぱい食べて、身も心も満たされて下さい❣️』
ごはん泥棒
愛媛県松山市鉄砲町8−2
『あなたの胃袋盗みます‼️』
太養軒
愛媛県松山市道後一万7−13
『お腹いっぱいにしてのりこえましょう!』
元帥
愛媛県松山市平和通5丁目2−9(平和通り店)
愛媛県松山市高砂町3丁目2−20(高砂店)
『中華で元気を届けます♪』
秋桜
愛媛県松山市北条辻463−1
『北条でお待ちしております♪』
愛媛県松山市二番町2丁目4−2
『街中で学飯なら蛍へ❣️』
虎キチ
愛媛県松山市道後北代2−28
おでんのお持ち帰りを提供しています。
090-3786-1760
『前日に利用の連絡を頂ければ、翌日の17時~19時にお持ち帰りおでんを用意しますので取りにきてください♪』
夢の家 本店
愛媛県松山市二番町3丁目3−1
『賄いメニュー形式でお料理をご用意します!』
日曜定休
11:00〜13:00 平日のみ
18:00〜21:00


CURCOVA
愛媛県松山市北条辻434−3
『美味しくて体に良いが哲学のお店です。』
いろは屋
松山市清水町3丁目70-2
『心温まるパンをお届けします。頑張ってください。』
さくら食堂
愛媛県松山市平和通2丁目5−10
『お腹いっぱい食べて、身も心も満たされて下さい❣️』

学飯の店舗追加について

学生の意見や希望を元に飲食店舗を随時拡張していっております。
学飯の理念に共感して、700円(税込)で
学生にしっかりとした1食を提供していただけるように、
取り組んでおります。

学飯利用に関しての注意事項

  • 利用対象者は松山市内で大学、短大、大学院、専門学校に通っている18歳以上で、経済的困窮が発生している方。
    ※聴講生は除く。
  • 当プロジェクトについては市民、企業からの寄付により運営されており、寄付金が終了した段階で取り組みが終了となります。
  • 利用に関しての申請については、経済的な困窮状態によって、追加申請も可能です。
  • 学飯を利用した学生の方に、支援者(寄付者)に対して、活動実態報告のため、メッセージなどの協力をお願いする場合がございます。

  • 支給された食事券については、第三者への譲渡・販売は、一切禁止し、当人のみが利用できます。
    ※不正利用が発生した場合は該当学生の利用停止となります。
  • 当プロジェクトは、学生、社会人、大学教授、企業経営者によって運営されています。
  • 申請内容を確認し、困窮度が低い、もしくは申請に該当しない判断した場合は、食事券を発行しない場合がございます。また、その理由は開示いたしません。
  • 当プロジェクトは予算に到達した場合に予告なしに終了することがあります。
  • 当プロジェクトは、学生、社会人、大学教授、企業経営者によって運営されています。

学飯プロジェクト
学飯チケット申請に関しての参考基準

必要となる支援状況 学飯チケットの申請となる参考の目安
困窮度:緊急
申請チケット7枚
目安:下宿生で親からの仕送り、奨学金など学生本人以外からの援助が月5万円未満、もしくは学費を自分で捻出している方で、かつアルバイト等の収入が勤務先都合で減少した方。    
※経済的な困窮状態が続いている場合は、申請後、追加申請が可能です。
※最後の申請から5日以内の再申請は無効となります
困窮度:高
申請チケット5枚
目安:親からの仕送り、奨学金など学生本人以外からの援助が月7万円未満の方でかつアルバイト等の収入が勤務先都合で減少した方。    
※経済的な困窮状態が続いている場合は、申請後、追加申請が可能です。
※最後の申請から5日以内の再申請は無効となります
困窮状態:発生
申請チケット3枚

目安:「困窮度緊急」「困窮度高」に当てはまらないが、経済的な困窮課題が発生している方。   
経済的な困窮状態が続いている場合は、申請後、追加申請が可能です。
※最後の申請から5日以内の再申請は無効となります

困窮状態:発生
申請チケット3枚

目安:「困窮度緊急」「困窮度高」に当てはまらないが、経済的な困窮課題が発生している方。   
経済的な困窮状態が続いている場合は、申請後、追加申請が可能です。
※最後の申請から5日以内の再申請は無効となります

*申請者の皆さんへの支援を早急に行うために、どのレベルに当てはまるかは全て自己申告で行っていただき、資料等の提出は不要です。本当に困窮している人に届けること、広く支援をすることを目指しており、申請内容時の内容を精査し、申請枚数に対して発券枚数を調整することがございます。
(なお、なんらかの著しい問題が発生した場合には資料の提出等を求めることがあります。その点はご承諾ください。)

■学生の皆さんへ■
支援者もかつては誰かの支援を受けてきて成長してきたのです。
学飯を利用いただく申請者の皆さんも、いつかご自身に余裕ができたとき、同じようにサポートを必要とする人がいれば、今度はその誰かにあたたかい手を差し伸べていただければと思います。


プロジェクトに賛同していただける方へ
当プロジェクトは寄付も募集しております

当プロジェクトは市民、企業からの寄付によって運営されております。当プロジェクトに賛同いただけ、支援を実施してもよい。という方はぜひ、お力添えをお願いします。
プロジェクト公開日から48時間で300名を超える愛媛県の学生から支援の要請がはいっております。
学飯プロジェクト寄付サイトはこちら 
※外部サイトへ移動し、寄付受付として株式会社shiftが担当しています。

学飯プロジェクト
実行メンバー

困っている友達や後輩を支えたいんです。
松山大学法学部3回生の松崎悠也(共同代表)です。
今回の新型コロナウイルスの一件で友達にもアルバイトが出来ず、生活が困っている人が大勢います。この活動で少しでもそのような現状を変えていけたらと思います。

代表メッセージ(YouTube)

学生時代に飲食店から元気を頂いたので、今度は私がお返ししたいです。
現在、コロナの影響で、学生も飲食店も大変なことになっています。私は学生時代に飲食店の方々には大変お世話になりました。今回、このプロジェクトを通じて、少しでもお返しできればと思います。

会社員 岡本竜太郎(共同代表)

愛媛の学生さんの「今」に寄り添いサポートする。それは、私たちの使命だと感じています

日頃から、多くの学生さんたちと関わる機会がある弊社には、コロナの影響を受けた学生さんたちから、本当にさまざまな声が集まってきます。想像したよりも長引く現状に、学校生活はもちろんのこと、日々の生活にも大きな変化や影響を与えています。中でも、一人暮らしをする学生さんたちを中心に苦しい環境に置かれている方も少なくありません。そんな現状を見過ごすわけにはいきません。
少しでも多くの安心や笑顔が愛媛の学生さんたちに戻るよう、私たちにできる形の支援で、必要な方へその想いと活動が届きますように。

 株式会社スイッチカンパニー 代表取締役 芝飛鳥(事務局)

コロナによる学生の経済的な困窮は今から本格化します。
関わっている学生達がアルバイトに行けない。シフトに入れないなどで、収入を得る道が断たれています。また、ご両親もコロナの影響で収入に影響を受けており、頼れないなどの経済的な問題は、より深刻化してきました。今からが特に支援が必要なのです。

松山大学教授 遠藤泰弘(共同代表)

運営事務局

団体名
学飯プロジェクト委員会
所在地
〒790-0065
愛媛県松山市宮西1丁目8−12 宮西ビル2F
株式会社スイッチカンパニー内
学飯プロジェクト窓口
設立
2020年5月
代表者
共同代表 松崎悠也 (松山大学生)
共同代表 遠藤泰弘 (大学教授)
共同代表 岡本竜太郎(会社員)
事務局  芝飛鳥(スイッチカンパニー)
支援内容
非営利による学飯による松山市の学生支援プロジェクト
個人情報について
取得した個人情報は、食事券の郵送、及び、それに関連する支援の連絡のみに利用し、当プロジェクト終了後には、全て廃棄いたします。
なお、コメントなどについては、当プロジェクトの告知などで個人情報を利用しない形で広報などで活用することがあります。
ご連絡について
当プロジェクトは有志によって運営されており、ご連絡についてはメールでお願いしております。

Email: gakumeshi.ehime@gmail.com

支援内容
非営利による学飯による松山市の学生支援プロジェクト

協賛企業