なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

公認心理師について

公認心理師とは

公認心理師が行う業務について公認心理師法では以下のように定めています。
「保健医療、福祉、教育その他の分野において、専門的知識及び技術をもって、
1:心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し、その結果を分析すること。
2:心理に関する支援を要する者に対し、その心理に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。
3:心理に関する支援を要する者の関係者に対し、その相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。
4:心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を行うこと。」

臨床心理士と公認心理師の違い

公認心理師に似ているしか、『臨床心理士』があります。
公認心理師と臨床心理士の違いとして、
臨床心理士の仕事としての「研究・調査」が、公認心理師の仕事では「情報の提供」となっているところです。

資格を取るには

公認心理師の資格を取るには、高校卒業後の進路先が、

A:4年制大学で「指定の科目」履修、かつ、大学院で「指定の科目」を履修
B:4年制大学で「指定の科目」履修、卒業後「特定の施設」で2年以上の実務経験
C:外国の大学において心理に関する科目を修め、かつ、外国の大学院において心理に関する科目を修了

の3つのうちのどれかを満たし、公認心理師試験に合格をし、公認心理師の資格を得ることができます。

公認心理師の今後の需要

そもそもの話、『公認心理師』という資格を聞いたことはありましたか?
そんな資格取得者が今後どのように活躍していくのでしょうか。
近年精神疾患の患者が増えていること、自ら命を絶ってしまう人が増えてきています。
そんな人に寄り添い、相談に乗ったりする公認心理師の資格を持っている『カウンセラー』や『精神科医』が今後の社会で必要な存在となっていくでしょう。