NEOオンリーワンプログラム

商品やサービス、技術で差別化出来る時代は終わりました。それ以外の方法で濃いファン100人を最短で作り、売上をV字回復させる具体的な方法をこの手紙でお伝えしようと思います。

はじめに

はじめまして、オンリーワンプログラム開発者の佐藤ケンダイです。

3分程度で読める手紙なので最後まで読んで頂けたら嬉しいです。

今現在新型コロナウイルスの影響で日本経済は戦後最大のピンチに陥っています。

恐らくこの手紙を読んでいるあなたもそれを実感していると思います。

でもそんなピンチはあることに対応できればチャンスに変えることが出来ます。

それはコロナウイルスがもたらした急激な変化に対応することです。

本来テレワークだったり、オンライン講座、デリバリー、UberEetsこれらが定着するのは10数年先の未来だったのです。

10数年先に来るはずだった未来が今突然来てしまった。

それが新型コロナウイルスの影響で起きてしまった急激な変化の意味です。

しかしながらこの急激な変化に対応しさえすればコロナ騒動はチャンスとなります。

その対応方法こそが、私たち自身も急激な変化を遂げるということです。

じゃあ、私たち自身はどんな急激な変化を起こせば良いのでしょうか。

それは今までの常識を全て捨ててビジネスを行うことです。

つまり商品や技術、サービスに頼るのではなく、裸一貫の自分に頼ってビジネスを行うことです。

格好つけずに裸一貫になって素を見せれば、あなたの周りに濃いお客さんが溢れだします。


これは嘘のようで本当の話です。

さて、前置きが長くなってしましたが、

ここからは私とある大衆酒場の店長がタッグを組んで、コロナ禍の中V字回復を果たした実話を話したいと思います。

その実話ストーリーの中にあなたが今携わっているビジネスに応用できることがたくさんあるはずです。

そんなストーリーをぜひここから読んでみてください。



1本のLINEから始まった奇跡の始まり

物語は1本のLINEから始まりました。

そのLINEをもらったのはちょうど3ヶ月くらい前です。

そしてメッセージの送り主は私がよく行く大衆酒場の店長からでした。

「ケンダイ、ちょっと店に来て。」

私は何だと思い急いで店に行くと、店長が客席に座りなんだか悲しそうな顔をしていました。

私は店長に「どうしたんすか?」と聞いたところ、

「俺、もうダメかも・・・」

そう返事が返ってきました。

私は言っている意味が最初は何だかわかりませんでしたが、数秒後理解できました。

今日は5月15日の金曜日、夜8:00でいつもだったらお客さんが賑わっている時間帯です。

でも店内を見渡してもお客さんは0です。

もともとこの店は30年間続いているお店で常連客がついていたのですが、お客さんが高齢化してしまい来客が減っていました。

それに追い打ちをかけたコロナ騒動でお客さんがさらに来なくなってしまったのです。

そして今日に関してはガラガラというよりお客さんは0です。

そこで私は店長に聞きました。

「店長はこの先お店をどうしていきたいですか?」

そう聞くと、

「お店を続けたいよ。。」

そう答えられたので私はこう言いました。

「じゃあ、今のやり方を180度変えて、店長が裸一貫になってお店を立て直す覚悟はありますか?」

店長は言葉の意味をあまり理解していなかったようですが、軽く頷き分かったと言いました。

そしてここから店長の裸一貫のストーリーが始まったのです。

店長にやってもらったこととは?

店長はもう66歳なのでインターネットのことはほとんどわからないし、理解しようとしません。

そういったことに関してはもう完全に思考停止状態です 笑

でも今の時代インターネットが無ければどんなビジネスも成立しません。

だからまずはSNSとECサイト(HP)を私がボランティアで作りました。

その後で私は店長に対してコンサルを行い店長の特性を分析しました。

その結果、店長は人柄がとても素敵で誰からも愛されるキャラということがわかった。

私はそこに目をつけてまずはそういった店長の愛されキャラ(世界観)がわかるような記事をインスタで発信するようにしました。

最初の頃は恥ずかしいよと言っていましたがそんなことは無視です 笑

無視をして発信し続けた結果、予想通りですがフォロワーやいいねが集まるようになり店長がSNS上で認知されるようになった。

その次に行ったのがECサイト(HP)の構築で具体的にはこんなことをやってみました。

  • 商品やメニュー、サービスの見える化

  • デリバリーの自動決済システム

  • メルマガにて自分らしさの情報発信

  • Webチケット販売(通販)対応

  • デリバリーの自動決済システム

こういったシステムを作りを半自動で機能するようにしたのです。

そうすると新規お客さんの来店が徐々に増えてリピート化していきました。

またECサイト経由での売上も徐々に上がってきたのです。

でも勘違いして欲しくないのは、この結果はSNSやECサイトがすごいからではないです。

すごいのは何もしていない店長自身です。

その理由についてここから説明をしていきたいと思います。



裸一貫の自分らしさが全て

店長の場合は誰からも愛されるキャラという世界観設定がありました。

世界観という言葉だと難しいと思う方は単純に「自分らしさ」と捉えてみてください。

一方で、そういった自分らしさは誰でも必ず持ち合わせています。

でも自分ではなかなか気付かない盲点なのです。

なぜならばそれは本人が認識しようとするものではなく、周りの人間が感じ取るものだからです。

実際に店長は愛されキャラで通っていますが、周りが勝手に愛されキャラだと思っているだけ。

店長はまさか自分が愛されキャラだとは思っていません 笑

つまりほとんどの人は自分自身が持っている「自分らしさ」が盲点となっているのです。

恐らくあなたも「自分らしさは何?」と聞かれてもすぐに答えられないのではないでしょうか。

要するに自分らしさは主観ではなく客観的に成立するものなのです。

だから店長に関して言うと、

店長は無意識に愛されキャラという自分らしさをモットーにお客さんと接していました。

その結果、お店の最盛期はその愛されキャラに惹かれて店内はいつも満員でした。

私はそんな店長の愛されキャラという世界観をSNSやECサイト(HP)を使って多くの人にリーチしただけです。

だからSNSやECサイトはあくまでもツールであり、大事なのはその人の自分らしさ(世界観)の表現なのです。


自分らしさの表現方法

じゃあ、どうやって来店されるお客さんと同様にSNSやECサイトを通して自分らしさを表現するのでしょうか。

それには自分がどういった自分らしさを持っているかをまずは自分自身で知る必要があります。

その前提がないと魅力的な情報発信が出来ません。

一方で、お客さんがお店に直接来店される場合は、お客さんが店長や店員さんのその人らしさを感じ取ってくれるでしょう。

そしてそれを気に入ってくれた人は勝手にリピーターになってくれます。

だから極論ですが、お客さんが来店ベースの場合は自分自身で自分らしさを探す必要はないのです。

でもSNSやECサイトを通して世界観を表現する場合は、それを知った上での情報発信が120%必要となります。

もしも現在SNSで情報発信をしているけれども、反応が薄い場合は自分らしさが表現できていない可能性が高いです。

例えばインスタで情報発信している場合、商品やメニュー、サービスだけの偏った情報発信になってないでしょうか。

とにかくインスタ映えを意識した誤った情報発信になっていませんでしょうか。

私も何度かテストマーケティングを行いましたが、こういった情報発信では濃いファンを作ることが出来ません。

だから自分らしさなしの情報発信は今すぐやめて欲しいと思います。

それがぶっちゃけオンリーワン店舗を目指しながらコロナ第二波、第三波にも負けない店舗を作る唯一の方法となります。


オンリーワン店舗とは

オンリーワンとは誰かにとってたった一つしかない存在という意味です。

SMAPの歌『世界で一つだけの花』という大ヒット曲の歌詞にもありました。

つまりお客さんにとってここしかないと思われるお店がオンリーワン店舗です。

「だからまずはオンリーワン店舗を目指してみてください。」


でもですね、ぶっちゃけこれって簡単なんですよ 笑

地域で売上1番の店になるだったり巨大なマンモス店舗になるだったら難しいかもしれません。

なぜならばそれなりに時間や労力を含めたコストがかかってくるからです。

一方でオンリーワン店舗になるために必要なものは何でしょう?

オンリーワンと思ってくれるお客さん(リピーター)が1人でもいれば、まずは成立します。

そしてそんなリピーターが100人いたらどうでしょうか。

お店の規模にもよりますが、コロナ第二波、第三波の影響はまず受けないと思います。

オンリーワンと思ってくれる濃いお客さんは、お店がピンチの時は必ず何かしらの形で助けてくれるからです。

一番わかりやすい例がクラウドファンディングかもしれません。

濃いファンは勝手にクラウドファンディングを立ち上げてお店の売上に貢献してくれたりします。

そのためコロナ禍などの一般的にはピンチな状態と思われる時でも、オンリーワン店舗は売上200%アップなどを普通に叩き出してしまいます。

まさにピンチがチャンスに変わってしまった瞬間です。

だから私たちがやるべきことはオンリーワンと思ってくれるリピーターを一人でも多く増やすことです。

それを増やすために必要なものが、あなたが持っている裸一貫の自分らしさの表現です。

そして今回のオンリーワンプログラムは、あなたの自分らしさを十二分に引き出すことが目的となります。


オンリーワンプログラムを始めます

さて、ここから本題に入らせて頂きます。

私は6年前に店舗ビジネス向けではなく、個人向けにオンリーワンプログラムを開発しました。

その当時は個人の方向けに自身の世界観(自分らしさ)を引き出して、それを強みとして誰かのオンリーワンになってもらうという企画を行いました。

だから結婚や昇進、起業、仲間作りのようなことがゴール設定です。

手前味噌ではありますが、非常に好評で今でもクライアントの方々と良いお付き合いをさせて頂いています。

そして今回は店舗ビジネスを行っている方向けにオンリーワンプログラムを行うことにしました。

内容としては、あなたの持っている自分らしさを引き出し、SNSやECサイトを通してそれを発信してもらいます。

その結果、濃いファンが集まり続けて、最終的にはあなただけのオンリーワンコミュニティを作って売上を安定させてもらうことが目的です。

Withコロナ時代はあなたをオンリーワンと思ってくれるお客さんをいかに多く集めることが出来るかがカギとなります。

またオンリーワンを体現するのはあなた自身しかありません。

なぜならば商品や技術、サービスではライバルが多すぎて差別化できないからオンリーワンを体現できないからです。

私の感覚ですと世界で一番美味しいパスタ屋さんは日本の至る所にあります。

もはや食材やレシピの情報が溢れ過ぎていて、誰でも世界一のパスタを作れる環境が整ってしまっているからです。

一方で、あなたという人間は世界でたった一人でライバルというものは存在しません。

そんなあなたがオンリーワンという世界観をSNSやECサイトで適切に表現できればどうなるでしょうか。

あなたという人間に共感できるファンが集まりだして、最終的には濃いファンとなってくれます。

その結果、あなたのオンリーワンコミュニティが出来て売上も安定する仕組みを作ることができます。

オンリーワンプログラムを復活させた理由

一言でいうとオンリーワンという概念を忘れてしまい、自分らしさを無視してビジネスをしている人が多いと感じたからです。

本来自分らしさというものは私たちが幼少期から今に至るまで生きて来た過程で出来上がり一貫性のあるものです。

しかしながら今は情報過多な時代ですから、私たちの脳みそには多くの情報やストレスが絶え間なく入ってくるので脳みそは常にぐちゃぐちゃな状態です。

それに加えて今回のコロナ騒動ですから、脳みそは何がなんだか分からない状態になっています。

その結果、完全に自分らしさを見失った状態になってしまっています。

そうなると自分はこう生きたい、こうしたことがやりたいと思っていても情報やストレスに流されてしまい、本来やりたいことができなくなってしまいます。

その結果、周りの人がこういうことを言い始めると、、

「コロナ禍でデリバリーが流行っているからやってみよう。」

「ライバル店が新しいサービスを始めたから真似してみよう。」

「この案件手間かからないけどめっちゃ儲かるんだって。。」

残念ながらこういった話を聞くと無意識に乗っかってしまうのです。

でも本質はそういうことではないですよね。

あなたがやろうとしているサービスの根底には「あなたらしさ」があることが重要です。

それはあなたのことをオンリーワンと思ってくれるお客さんのためにこそです。

お客さんはなんとなく始めたものではなく、あなたが強い意思で始めたサービスを受けたいと思っているのです。

それについては理屈ではありません。

あなたという人間に惹かれて、あなたと出来るだけ多くの時間を共有したいのです。

そんなお客さんの思いに応えるためにも、今回のオンリーワンプログラムであなたらしさを取り戻して欲しいと考えています。



オンリーワンプログラム参加方法

さて、ここまでこの手紙を読んで頂きありがとうございました。

ここからはプログラムへの参加についてお話をします。

6年前に行ったオンリーワンプログラムは10万円頂きました。


でも今回のプログラムは0円です。

LINE登録がこのプログラム参加のためのキックオフとなります。

LINEの中でオンリーワン店舗になるための情報発信をしていきたいと思います。

そして今回は人数限定となりますが「自分らしさ」発掘のために時間無制限で※無償コンサルを1回だけ実施しようと思います。
※ZOOM or SKYPEで行います

無償コンサルを受けると・・

  • 自分らしさ(世界観)がはっきり見えてくる
  • 新規顧客をあっという間に濃いファンにすることができる
  • リピーター100人のコミュニティを作ることができる
  • 目先の売上で右往左往することがなくなる
  • 自分らしさをそのまま売上UPに繋げることができる
  • 濃いファンが集まる仕組みを雪だるま化することができる
  • 結果的にコロナ第二波、第三波の影響を1mmも受けない
  • あなたの大切な人を守ることができる
  • 新規顧客をあっという間に濃いファンにすることができる

自分らしさ(世界観)が空虚な情報発信は本当につまらないし、お客さんに興味を持ってもらえません。

withコロナ時代はこれが顕著であり、さらにこの流れは加速して行きます。

一方で、今流行っているドラマの半沢直樹がどうしてあそこまで人気があるのでしょうか。

それは全ての出演者が自分らしさをうまく表現出来ているから面白いのです。

特に香川照之さん演じる大和田常務は自分らしさの塊ですよね 笑

ドラマのコンセプトや場所、ストーリーももちろん大事です。

でも一番大事なものは自分らしさを世界観として表現できているかどうかです。


そして今回のプログラムではこの一番大事な武器をあなたに手渡したいと思いますので、ぜひコンサルを利用してみてください。

LINE登録後に「無償コンサル希望」と書いてご返信ください。

追伸

私たち人間は基本的に変化を嫌う生き物です。

なぜならば私たちの体にはホオスタシス(恒常性維持機能)といった変化を拒む機能が備わっているからです。

何かをやるのは面倒だなと思ってしまうのは全てこのホメオスタシスに原因があります。

面倒なことをやるということは変化を起こすということだから当然ブレーキがかかります。

でも、しっかりと変化することを意識すればこのホメオスタシスに抗うことは可能です。

一方で、今回のコロナウイルスは私たちに強制的に変化をもたらそうとしています。

それは法律、常識、あり方、生き方、人生哲学など多岐に渡ります。

もちろん仕事のあり方もこれらに全て内包されているので例外ではありません。

そして私が声を大にして言いたいことは、それに私たちは乗っかってしまいませんかということです。

「コロナウイルスの導く変化という船に乗ってしまいましょう。」

なぜならばコロナウイルスがもたらした変化に適応さえすれば良いことしか待っていないからです。

コロナウイルスがもたらした変化は確かに大きなものですが、私たちがその気になれば十分適応できます。

その変化に適応する方法はオンリーワンプログラムの中で余すことなく伝えて行きますので安心してください。

そして適応できた人たちだけが生き残っていけると私は確信しています。

だからぜひとも「自分自身」そして「変化」と真剣に向き合ってみてください。

ここまで最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

オンリーワンプログラムであなたとお会いできることを楽しみにしています。