なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

東京麻布で食べる飛騨牛

部位

ピックアップ


牛の部位
・ネック ・ミスジ ・肩ロース
・サーロイン ・シャトーブリアン
・ヒレ ・うちもも ・そともも
・レバー ・ミノ ・ハラミ
・白ホルモン ・タン などなど




豚の部位
・豚肩ロース ・豚ロース
・豚バラ ・ヒレ ・豚もも
・豚足 ・豚骨 ・豚タン
・豚レバー などなど


鶏の部位
・手羽 ・ムネ肉 ・モモ肉
・ささみ ・レバー ・砂肝 
・きも ・ももなんこつ  
・はらみ ・かわ などなど
鶏の部位
・手羽 ・ムネ肉 ・モモ肉
・ささみ ・レバー ・砂肝 
・きも ・ももなんこつ  
・はらみ ・かわ などなど

料理

店舗案内

見出し

牛料理
・ステーキ ・ローストビーフ 
・すき焼き ・牛丼 などなど
豚料理 
・しょうが焼き などなど
鶏料理
・焼き鳥 ・唐揚げ ・親子丼
タンドリーチキン などなど

胃袋と焼き方

フロア
牛の胃袋
牛の胃袋は、4つある。
ミノ→実は、胃の中でも一番大きい。
ハチノス→蜂の巣のようなひだになっている。
センマイ→千枚のひだがあるような形で、特有の歯触りがあり脂肪が少ない。
ギアラ→表面が滑らかで、薄く大きなひだがあるのが特徴。
焼き具合
  1. レア→片面を強火で30秒焼き、弱火にして1分焼く。表面は焼けているが、中心部は生で肉汁が多い。
  2. ミディアム・レア→表面は強火で30秒焼き、弱火にして1分30秒焼く。レアより火は通っているが、中心部はまだ生の状態。
  3. ウェルダン→片面を強火で30秒焼き、弱火にして2分30秒ほど焼く。に行く汁はほとんど出ないが、しっかり焼けばベリーウェルダン。