なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

トマトの種類や品種まとめ!

糖度が高く、甘くて美味しいものはどれ?

トマトは、イタリア料理やスペイン料理に欠かせない夏野菜の代表。およそ8,000を超える品種があるとされ、日本では120種類以上が栽培されています。日々、品種改良によって新しい品種が生まれ、主に大きさ、色によって生食用と加工用(ケチャップなど)に分けられています。


色での見分けかた
  • ピンク(もも)色系:薄い赤やピンク色のトマトで、皮が薄く香りが弱いので、生で食べるのに向いている。
  • 赤色系:濃い赤色をしたトマトで、皮が分厚く香りが強いので、加工品(ケチャップ)に向いている。
  • 緑色系:白、黄、緑、褐色があり、しま模様をした品種もある。酸味が強く、サラダなどに向いている。


          特に人気のトマト3選
桃太郎トマト

1玉が200~230gと大きく、皮が硬くて崩れにくいことが特徴です。実が小さいほど糖度が高くなり、小ぶりに作って糖度を高めたものは「フルーツトマト」という名前で知られます。



フルティカ
実の重さは40~50gで、皮が薄くて、柔らかな果肉をもちます。味にクセがなく、生のままでも食べやすい
フルーツルビー
おいしさにこだわって開発された品種で、糖度が6~8%と高く、しっかりとした歯ごたえが特徴です。実の先端が少し尖った形をしています。
フルーツルビー
おいしさにこだわって開発された品種で、糖度が6~8%と高く、しっかりとした歯ごたえが特徴です。実の先端が少し尖った形をしています。
トマトの美味しい食べ方( ◠‿◠ )
1 加熱する

ミニトマトを加熱することにより、生のときよりも大量に食べられて、旨味が凝縮される。ほかの食材と炒めたり、茹でてマリネにするなどがおすすめ

2 ドライトマトにする

ドライトマトにすることで、こちらもぎゅっと旨味が凝縮されて食べやすくなる。さらに、オイルなどに漬けておくことで長期間の保存も可能

3 生で食べる

トマト独特の食感と生だからこそのみずみずしさを味わえる

まとめ

トマトは、サラダやスープなど色々な料理に利用できる、身近な野菜です

種類は数え切れないほどあり、加工に適したものやそのまま楽しめるものと、特徴も味も様々。家庭菜園でなら、違う種類のトマトを栽培して、食べ比べてみるのも楽しそうです

トマトを食べよう🍅