高地トレーニングを、日常に
よくある質問

  • 「ハイアルチ」という名前の由来は何ですか?
「High Altitude/ハイアルチテュード (高地状態)」を略して、「High Alti/ハイアルチ」という名前をつけました。

  • 海外では、どこの国で広まっていますか?
オーストラリアを中心に、欧米諸国でハイアルチは広まりつつあります。

  • ハイアルチと低酸素トレーニングの違い
低酸素トレーニングは、基本的にマスクを使って行います。
他方で、ハイアルチは、マスクを使用せず、空間をまるごと「高地状態」にする点で異なります。このように、環境型の高地トレーニングをベースに、30分で2時間分の運動効果を見込むことができるのが、ハイアルチのオリジナルプログラムです。

  • 安全に運営している高地トレーニング施設の見分け方

おかげさまで、ハイアルチの認知度が高まるにつれて、環境型の高地トレーニング施設が増えてきております。しかし、運営体制に問題がある施設も少なくありません。必ず、以下を遵守している施設で、安全に、楽しく、高地トレーニングを行ってください。

1. 酸素・二酸化炭素濃度計を設置し、室内の空気濃度を計測
2. 血中酸素濃度・心拍数を、運動中に、定期的に計測

  • どうやって高地状態(低酸素状態)を作り出しているのか?

特殊な機器を使い、通常の空気を窒素と酸素を分離し、より窒素を増やした状態の空気を発生させて、高地状態を作り出しています。

  • 自宅に、ハイアルチ機械を設置することは可能か?


自宅用のハイアルチ機械のご提供が可能です。詳細は、スタッフにお尋ねください。

  • どのくらいの頻度で通ったらいいか?

推奨は、週2回です。最近の研究では、週1回/低強度でも効果が出ることが実験で分かってきました。まずは、 週1からハイアルチをはじめてみませんか?

  • どのくらいで効果が出るか?

最近の研究では、6週間〜から明確な数値を伴った効果が出てきます。

  • 心疾患をお持ちの方/高血圧の方は、なぜハイアルチができないか?

高地状態(低酸素状態)における負荷は、肺動脈の攣縮を引き起こす可能性があります。心不全、肺高血圧の既往がある場合は絶対的な禁忌になると思います。

  • 予約は、取りにくいか?

問題なく、予約を取ることができる稼働状態となっております。
会員の方は「予約可能クラス数は2つまで」「当日キャンセルは10時まで」というルールの遵守をおねがいいたします。

・SpO2とは?

血中の酸素濃度のことです。ハイアルチでは、運動負荷を図る指標の一つとしています。

・SpO2はどうやって計測しているのか?


パルスオキシメーターという装置を使って測定しています。発光部は赤色光と赤外光を発し、これらの光が指先等を透過したものをセンサーで測定します。血液中のヘモグロビンは酸素との結合の有無により赤色光と赤外光の吸光度が異なるので、センサーで透過光や反射光を測定して分析することによりSpO2を測定することができます。

・プログラム中に、SpO2を計測するのはなぜか?

体質、その日の体調によって、SpO2は変動します。安全に、その人に合わせた運動負荷をかけるために、プログラム中は、絶えずSpO2をモニタリングしております。

・ミトコンドリアとは?

真核生物の細胞小器官です。二重の生体膜からなり、独自のDNAを持ち、分裂、増殖します。酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られており、細胞のアポトーシスにおいても重要な役割を担っている。

・ミトコンドリアが活性化すると、脂肪燃焼につながるのはなぜか。

ミトコンドリアは、体内の細胞です。高地状態下では、酸素濃度が薄いため、ミトコンドリアが「生命の危機」だと勘違いし、活動を活発化させます。その結果、ミトコンドリアの餌となる、脂肪を消費する=脂肪燃焼、ためです。

・ハイアルチをすると、スタミナがつくのはなぜか?

高地状態(低酸素状態)にいると、酸素をより効率よく吸収するために、赤血球の数が増えます。赤血球の数が増えると、平地では、楽に活動することができます。

・エリスロポエチンとは?


赤血球の産生を促進する造血因子の一つ。165個のアミノ酸から構成されている。血液中のエリスロポエチン濃度は、貧血、赤血球増加症などの鑑別診断に用いられる。腎性貧血の治療に主に使用されてるが、ドーピングにも使用され問題となっている。




 

プログラムや空き状況についてお気軽にお問い合わせください。

※開始時間の10分前にはお越しください。遅刻の場合は、プログラムの受講をお断りすることがございます。

施設のご案内

1F / 受付、RUN&WALKルーム

WALK&RUNルームには、ハイアルチ空間の中に、歩いたり、走ったりできる自走式ランニング機械が5台あります。トレーニング中は、スタッフが心拍数/血中酸素濃度を計測しながら、個別にトレーニング負荷をコントロールします。

2F / ストレッチルーム、シャワー&ロッカー

当ルームの空き時間は、トレーニング前の、ハイアルチ空間のストレッチルームとしてもご利用いただけます。貸切のプライベートレッスンも可能です。シャワー&ロッカー完備。

※ボディーソープやシャンプーなどはご持参ください。

プログラムや空き状況についてお気軽にお問い合わせください。
※開始時間の10分前にはお越しください。遅刻の場合は、プログラムの受講をお断りすることがございます。
また、当日10時までにキャンセル連絡がない場合、「当日キャンセル」として、1回分消化扱いになります。予めご了承ください。
スタジオ名 ハイアルチ 三軒茶屋スタジオ
お問い合わせ TEL:050-1359-3922 MAIL:info@high-alti.com
営業時間 平日:10:00〜22:00(最終時間:21:30まで)土曜日:10:00~19:00(最終時間:18:30まで)※日曜:定休日
予約方法 オンライン予約 ※当日予約も、空きがある場合は予約可能
スタジオ住所
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-14-3 アーバンリゾート三軒茶屋1-2階
(田園都市線 三軒茶屋駅 北口Bから徒歩3分)
営業時間 平日:10:00〜22:00(最終時間:21:30まで)土曜日:10:00~19:00(最終時間:18:30まで)※日曜:定休日