Ibaraki Prefecture 
TEL. 080-3313-4304

挑戦のフィールド
それは
茨城 県北にある

実践型
インターンシッププログラム

通常のインターンでは、学生はお客さんとして扱われ、1日の職場体験型であることがほとんどです。

茨城県北実践型インターンシップでは、1ヶ月~半年間、企業のプロジェクトメンバーとして参加し、新商品開発や地域の課題解決を行うことができます。

本年度は2018年8月スタートです!
詳しいプロジェクト内容等は、説明会までお越しください。

説明会ではこれまでのインターンの取り組みや、地域で立ち上がる新たなプロジェクトについて、ご紹介します。

説明会概要

日時 2018年12月13日(木)18:15~19:45
場所 筑波大学 3A203
対象 全学群・全学年
対象 全学群・全学年

タイムスケジュール

18:00~ 開場
18:15~ 自己紹介
18:30~ 実践型インターンシップの説明
18:55~ インターン体感ワークショップ
19:35~ 質問・アンケート記入
19:45 終了
18:30~ 実践型インターンシップの説明

実践型インターンシップ
3つのポイント

「志」を持った県北の魅力ある企業
本事業では、スタッフが「この会社で働いてみたい!」と思った企業様のみ受け入れを実施していただいています。信念をもって働く経営者の方々の元で、プロジェクトに参加できます。
コーディネーターによる充実のサポート
我々コーディネーターが期間中に事前・中間・事後の研修を行い、相談も随時受け付け!受入企業と学生の目標標達成に向けて、きめ細やかなサポートを行います。
学生が地域社会のエンジンに
地域の課題に本気で取り組んで、新たな価値を生み出そう。
社会を動かすのは、君だ。

学生が地域社会のエンジンに
地域の課題に本気で取り組んで、新たな価値を生み出そう。
社会を動かすのは、君だ。

私たちは学生が当たり前に地域で活躍する社会を目指しています

よくあるご質問

インターンシップに参加するために費用はかかりますか?
基本的にかかりません。しかし、受け入れ先での食事を自分で用意する場合や、面談の際の交通費は学生の負担となります。
交通費や給料は支給されますか?
原則として、インターンシップは仕事ではなく研修として実施されます。そのため給料はでません。しかし、長期のインターンシップでは活動支援金が支給される場合があります。交通費は期間にかかわらず支給されます。
バイトやサークルと掛け持ちは可能ですか?
茨城県北実践型インターンシップでは、長期休暇中は週4~5日程度、学期中は週2~3日程度は活動していただくことになっています。

しかし、バイトやサークルとインターンシップの掛け持ちも、講義の無い日を活動に当てたりと工夫次第では可能です!

コーディネーターが面談で日程調整やアドバイスを行い、スムーズなインターンシップの実施をお手伝いします。
バイトやサークルと掛け持ちは可能ですか?
茨城県北実践型インターンシップでは、長期休暇中は週4~5日程度、学期中は週2~3日程度は活動していただくことになっています。

しかし、バイトやサークルとインターンシップの掛け持ちも、講義の無い日を活動に当てたりと工夫次第では可能です!

コーディネーターが面談で日程調整やアドバイスを行い、スムーズなインターンシップの実施をお手伝いします。
コーディネーター紹介
茨城県 常陸太田市出身 若松 理央 

地域で活動していると、たくさんの大学生から「将来が不安だ」、「仕事をしたくない」という声を聞きます。

その一方で、地域の中には生きるように働き、楽しみながら新たな価値を生み出し続ける大人達がいます。

そんな志を持った大人と学生が共に挑戦する。その中で、価値を生み出すことの楽しさに気づき、楽しみながら挑戦を続けていく。

そんな若者たちが当たり前のようにいる社会を、私は目指しています。
私達の活動に興味があれば、ぜひ一度お話しましょう。
問い合わせから気軽に連絡ください!

2018年05月03日 インターンコーディネーター 若松 理央
私達の活動にご賛同いただける方は是非一緒に挑戦していきませんか
まずはお気軽にお問い合わせください