実際に交流を持ち
コミュニケーションが
取れている人の数の平均は150名まで
イギリスの人類学者・ロビン ダンバー氏)


実際に交流を持ち
コミュニケーションが
取れている人の数の平均は150名まで
(イギリスの人類学者・ロビン ダンバー氏)

【期間限定無料進呈中】
↓↓↓

太鼓の昔からあるコミュニティ
そして現代の交流でも
最も質の良いコミュニケーションが
とれるベストの平均人数は
150人までとされる研究結果

部族の人数153人
狩猟採集社会での
村、氏族、部族の平均人数
クリスマスカード154人
毎年クリスマス・カードを送る相手と
その家族を合計した人数の平均
住民数120名〜150人
新石器時代での平均的村の住民数
チームの人数150人前後
ビジネスで、効率よく仕事ができる
組織の最大人数は150人前後
住民数120名〜150人
新石器時代での平均的村の住民数
集団生活するためには
「頭脳を使わなくてはいけないのではないか?」
「集団生活をすることで

頭脳が発達するのではないか?」

という仮説を元に、
猿のデータを人間に当てはめ、
人類の平均的な脳の大きさから、

安定した社会関係を維持できる
とされる人数の最大は約150人であると
ロビン・ダンバー氏は結論付けた。




150人を超えると問題発生

防水透湿性素材で有名なゴアテックス(ゴア・アソシエイツ社)の創業者ウィルバート・ゴア氏は、グループが150人以下であれば明確な規範がなくても従業員は同じ目標へ向かって努力するが、150人を超えると問題が発生することを経験から学んだ。そこで、各部門の従業員数が150人以下になるように、人数が増えすぎたら部門(工場)を分割するという戦略を取っている。
つまり、これらのことからわかるのは
最も関係性を深めることのできる

コミュニティの人数の最大が
150名までと言うこと。

もしかしたらあなたは
こんな事を思っていませんか?

ひとつでも当てはまれば是非
このマニュアルを手に入れてください
お役に立てるかも知れません
  1. 大勢の人を集める自信がない
  2. 自分のビジネスが進まない理由がわからない
  3. SNSを頑張っているが、これで良いのか悩んでいる
  4. コピーライティングやステップメール、ランディングページ、広告などがとても難しいと思っている
  5. そもそも見込み客の集客をしていない(リストもコミュニティもない)
  6. 広告は時期早々だと思っている
  7. グループを作っているが、いつまで経っても収益化の方法がわからない
  8. 自分の強みに自信がない
  9. 高単価商品は自分には無理だと思ってる
  10. 末永く続けることができるビジネスをしたい
  11. できれば安定収入に結びつけたい
  12. 収入を得て家族を幸せにしたい
  13. 大切な人と毎月旅行に行きたい
  14. 依存しないよう金銭的にも自立したい
  15. 年収を増やしたい
  16. 新規事業を展開したい

※すべての結果を保証するものではありません。

(高単価商品ができるワークシート付き)


「登録しますと宮川靖より「2ステップ・コミュニティ構築講座」メールマガジンをお送りさせていただきます。メールマガジンを受け取りたくない方は、ご登録なさらないでください」