高齢者の機能訓練・冷え、むくみの改善
リハビリ・ダイエット
アスリートのトレーニングまで

わずか数分で驚きの血流改善!

RIP中
筋肉を空気圧で一時的に圧迫をします。
長時間正座をすると足が痺れてくるように、指先にピリピリとした感覚が現れます。
RIP後
毛細血管が指先まで広がり一気に血流が良くなります。
冷えやむくみの改善、新陳代謝の向上に抜群の効果を発揮します。また、身体全体の血流改善はもちろん、内臓や脳の血流も良くなります。
RIP後
毛細血管が指先まで広がり一気に血流が良くなります。
冷えやむくみの改善、新陳代謝の向上に抜群の効果を発揮します。また、身体全体の血流改善はもちろん、内臓や脳の血流も良くなります。

RIP (リップ:Regional & Remote Ischemic Preconditioning)

腕や脚の血流を一時的に止めることで、その後の血行を改善させます。
  1. 骨折・捻挫・肉ばなれなど、怪我をした所の血流が良くなり、早く改善
  2.  圧迫されている神経の血流が良くなり、神経痛・しびれが改善
  3.  筋肉の血流が良くなり、肩こり・筋肉痛が改善
  4.  関節軟骨の血流が良くなり、ひざ・肘などの関節痛が改善
  5.  全身の血流が良くなり、冷え症が改善
  6.  脳の血流が良くなり、歩行などが安定

血管が老化する原因は活性酸素による動脈硬化と運動不足です

動脈硬化は知らない間に進行しています。たとえ血圧が正常であっても、動脈硬化やストレスなどが原因で血管が詰まってしまうと、細胞に栄養素が届かずに干からびた状態になってしまいます。そして、心臓や脳の血管が詰まると、命に関わることになってしまいます。大切な細胞に酸素や栄養素を運ぶ「血管をいつまでも若々しく保つこと」は健康にとても大切なことなのです。


血管の老化を予防して、若返りを図る

MCC(RIP)がそれを可能にします

お問い合わせ・ご予約は
0531-26-9045



MCトレーニング

筋肉を直接圧迫して筋肉内の血流を制限し、
筋肉を短時間で効率よく、特に速筋を鍛えます。

歩くスピードと認知症の関係

歩くスピードが早い人は遅い人よりも長生きする、遅い人は認知症になるリスクが高いと言われています。また、認知症の原因として運動不足の影響が非常に高いと言われています。
歩くということは、あらゆる運動の基本となる動作です。
「膝が痛いから」「疲れるから」「もう年だから」など、できない言い訳ばかりしていても、どんどん時間は過ぎて身体は衰えていきます。
放っておいても簡単に歩けるようになることは絶対にありません。だからと言って現時点で、軽い運動をする体力もない高齢者の方やスポーツジムに通う時間がないと言う方が多いのも事実です。
                                 筋肉は、遅筋(ちきん)速筋(そっきん)の2種類の筋繊維が混じり合って構成されています。

「遅筋」はマラソンなどの長時間運動を続ける際に活躍します。高齢者や運動不足の方の日常生活の中で活動する筋肉のほとんどがこの遅筋です。

「速筋」は瞬間的に大きな力を出す瞬発性に優れた筋肉です。

 高齢者や極端な運動不足の方は、この速筋から衰えていくのです
  • 何も無いところでつまづいてしまう
  • 何かにつかまらないと立ち上がれない
  • 前かがみになって膝に手をつかないとうまく立ち上がれない
  • 手押し車や杖なしでは歩けない
  • 何かにつかまらないと立ち上がれない
  • ドアノブや手すり、ビンの蓋をあけるなど、物をつかむ力が弱くなってきている
  • 何かにつかまらないと立ち上がれない

上記に当てはまる方は速筋が衰えている危険信号です。

なぜ速筋を鍛えることが良いのか?

速筋はダッシュや重たいものを持ち上げる、転びそうになった時に手や脚でバランスをとったりするときなど、いざという時に力を発揮する筋肉です。普段の生活の中ではあまり使われることはありません。速筋を鍛えることでバランスが取りやすくなり転びにくくなる、下半身を強化して瞬発力をアップさせる、身体を引き締めるなどの効果があります。
通常、速筋を鍛えるためには高い負荷でのトレーニングが必要ですが、高齢者の運動では大きな負荷がかけられないので、遅筋の活動が主体となり、速筋を活動させることは困難です。
MCトレーニングでは、筋肉を直接圧迫して血流を制限することで、「椅子から立ち上がる、座る」「爪先立ちになる」「手のグーパー運動」などの簡単な動作で速筋を短時間効率的、そして安全にトレーニングすることが可能です。
様々な生活の不安や辛さを解消し、
明るく楽しい毎日を過ごすためのサポートができる
それがMCトレーニングです

お問い合わせ・ご予約は
0531-26-9045



よくある質問

  • Q
    怪我や手術のリハビリも可能ですか?
    A
    骨折や捻挫などをした直後や術後間もない方は、出血がひどくなる事がありますので、怪我であれば2〜5日、手術後は7日後以降であれば可能です。
  • Q
    膝に人工関節が入っている80歳の母でもトレーニングできますか?
    A
    カフを巻いて圧をかける事ができれば何歳の方でも可能です。
    痛みを強く感じ、一定時間適切な圧をかける事が困難であれば時間を短くします。
    それでも無理な場合はお断りさせていただく事もあります。
  • Q
    時間はどれくらいかかりますか?
    A
    RIPであれば5分から7分程で終わります。
    MCトレーニングはメニューによって異なりますが、高齢者の機能訓練であれば10分、ダイエットメニューなどであれば20分程度です。
    アスリート用のトレーニングは鍛えたいパーツによって異なってきますのでご相談ください。
  • Q
    妊娠中や持病があっても大丈夫ですか?
    A
    医師に一度相談してからにしてください。
    悪性腫瘍や深部静脈血栓症の方などはお断りしています。
  • Q
    本格的なトレーニングもできますか?
    A
    プロ野球選手や競輪選手など、プロスポーツの一部のトップクラスの選手もトレーニングで使用していますので大丈夫です。
  • Q
    通常の治療と一緒にやってもらうことは可能ですか?
    A
    大丈夫です!
    週2回来られる患者様で、1回はMCCのみ、もう1回は治療+MCCという具合で来院される方も多いです。
  • Q
    膝に人工関節が入っている80歳の母でもトレーニングできますか?
    A
    カフを巻いて圧をかける事ができれば何歳の方でも可能です。
    痛みを強く感じ、一定時間適切な圧をかける事が困難であれば時間を短くします。
    それでも無理な場合はお断りさせていただく事もあります。

美容、女性特有の症状に

「MCC」は、血流を改善することで、冷え性や脚のむくみなど女性特有の症状を解消します。
また、成長ホルモンの分泌が活発になるので血色が良くなり、肌がとても美しくなります。

肩こり、冷え性、その他体の不調の解消に

肩こりや冷え性など、体の不調の原因となる症状を根本から変えていく事が期待できます。
例えば末端まで血流末端まで血流が巡りにくい体質の方でも、わずか数分の加圧で、今まで体験したことがない血の巡りを実感していただけます。

ボディメイク・ダイエット・
高齢者の機能訓練に

MCトレーニングは、スクワットや手のグーパー運動等の簡単な運動を行います。
MCトレーニング専用カフは、瞬発力の筋肉「速筋」に効果的に働きかけるため、
高齢者の方でも短時間(1〜2分)で筋肉を追い込むことができ、
体力向上に著しい効果を発揮します。

アスリートやダイエット希望の方には専用のトレーニングメニューもございます。
いずれも短時間で効率よくトレーニングを行うことが可能です。
スポーツなどの怪我や学生さんの成長痛はもちろん、ギックリ腰や自律神経の乱れを伴う肩こりや頭痛まで、お身体の不調でお悩みの方はぜひご相談ください。
美容鍼交通事故治療も行っております。
愛知県田原市田原町築出57−77
0531−26−9045 
お気軽にお問い合わせください
診療時間
9:00~12:00  15:00~20:00
休診日 日、祝 (水、土午後)