あなたは、あなたのままでいい。

臨床美術

When you realize the power of art, your life will surely be colorful. Your everyday will be surrounded by more smiles.

ちょっと気になる。臨床美術ってなんだろう。

脳を活性化させることを目的にした、アートプログラムです。

 私たちが絵を描く時、ほとんどは左脳を使って状況を説明する絵を描きます。誰もがわかるようなシンボル画(太陽・★・チューリップ…マークのように同じような絵を描いてしまいます)そっくりに描いた写生や静物画、デッサン。上手い下手・器用不器用があります。
 
「さあどうぞ、絵を描いてください」と言われても難しいものです。興味のない方、苦手意識のある方はなおの事。

 臨床美術では、作品ごとにワクワクするようなプロセスがあり、「今日はどんな作品が出来上がるかな?」と、どきどきしながら作品作りを楽しんでいただけるようなアプローチをしていきます。五感を通して脳を刺激し、個性豊かな表現が生まれるようなセッションを行っていきます。

芸術造形研究所WEBサイト

右脳を使うと、どんな良い事がありますか?
おすすめの人はどんな人?

脳活しませんか

デイサービスのプログラムとして、ケア施設・病院などでもセッションを行わせていただきます。
 創作活動を通して脳を刺激することによって、認知症の進行を緩和させたり、予防にも一定の効果があるという研究・報告もされています。
 
 患者様・通所者様だけではなく、ご家族自身の方の心のケアにも繋がります。息抜きや患者様のご家族の方の交流の場としてもご利用ください。
 今の自分のありのままを受け入れ、その方らしく、日々の生活を心健やかに過ごしていきませんか?

 臨床美術は身体機能の低下予防や運動療法の為の作業ではありません。作品作りを通して記憶をたどり、イメージし、想像を膨らませていきます。
 セッション後は皆さん一緒に鑑賞会を行います。ご自分の作品の「思いがけない仕上がり」に驚かれることでしょう。

 その人らしい個性的な作品が生み出されるよう、アートを楽しんでいただければと思っております。

心の開放をしませんか

年齢を問わず、どなたでも参加できます。

 セッションは五感を使って感じてみることから始まります。
 興味を持ち、集中力を高め、観察し、表現する事を繰り返すことにより、右脳が得意とするひらめきや創造力、固定概念に囚われない発想力を育てることが出来ます。
 また、セッションを通じて臨床美術士に褒められることにより、自己肯定感が育まれ、自分の気持ちをのびのびと表現できるようになっていきます。

 創作活動を通じて柔軟な発想力・自己表現力が高まることはもちろんですが、鑑賞会を行う事で得られる効果があります。
 それは、自分とは違う感性や表現がある事に気づき、他人の考えを受け入れる事。お子様の感性教育だけにとどまらず、ストレス社会で働く大人の心のケアにも寄り添います。


臨床美術士ユニット ”I-message” 紹介

madoka sano

臨床美術士
佐野 円

富山県出身

東京モード学園ファッションデザイン学科卒業

株式会社レナウンに就職。メンズ・ファッションデザイナーとして約5年勤務。結婚出産を機に退社。

第一子の育児休暇中に全くの異業種、医療機関に就職。事務職として予防医療・健診業務に従事。職場環境に恵まれ、現在も勤務中。
三児の母でもある。

emi yokoi

臨床美術士
横井 映水

千葉県出身 

武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業

生活雑貨を扱う会社に15年勤務し、ランチ雑貨の企画開発、デザインを手掛ける。

現在は子どもから社会人まで通う、絵画教室の講師として活動中。

趣味はからだに優しいお料理研究。
島旅。

臨床美術士4級取得。

masae katoh

臨床美術士
加藤 昌江

千葉県出身。

大妻女子大学文学部国文科卒業

父親の介護中に臨床美術を知り、ワークショップに参加。それまで絵を描くことに苦手意識があったが、楽しみながら、完成度の高い作品作りが出来る事に感動し、臨床美術士を目指す。

多くの方に絵を描く事の楽しさを知っていただきたいと思っています。

千葉県で活動を行っているユニットです

臨床美術の楽しさを体験していただく活動をしています。

i-messageの由来

アイメッセージとは”私はどう感じたか”という事です。

「今ここで気づいたり,感じたりしたことをアイメッセージで伝える」
作品や考え方は創造したその方だけのものであり、批判したり要求したりしてはいけない。作品や考え方をご本人が変えたいと思えば、変えてゆくことが出来る。「人生の主人公はあなたです」という、臨床美術士として大切にしていきたいと思う事をユニット名にしました。

セッションについてのご説明

  • 様々なプログラムがございますが、所要時間は大人の方で90分~120分。お子様は年齢にもよりますが、60分~90分程度を予定しております。(事前準備・後片付けなどの時間を含まず)
  • オイルパステル・絵の具・粘土などを使います。動きやすい服装でお越しください。乾いてしまうと落ちにくくなる材料を使うこともあります。汚れてしまうのが気になる方は、エプロンやスモックなどをご持参ください。
  • 受講料は各種イベント・ワークショップによって異なります。詳しくはワークショップ&イベントスケジュールをご覧いただくか、お手数ではございますが、直接お問い合わせくださいますようお願いいたします。
  • 様々なプログラムがございますが、所要時間は大人の方で90分~120分。お子様は年齢にもよりますが、60分~90分程度を予定しております。(事前準備・後片付けなどの時間を含まず)

ワークショップ&イベントスケジュール

五感を使って、
楽しみながら夏野菜を描こう‼

ビタミンいっぱいの夏野菜を描きましょう。

場所:コープルーム南流山
   流山市南流山1-17-1セントラルコーポ102
 
日程:①2017.6/26(月)13:00~14:30
    親子ペアのセッションとなります。 申込締切り6/22
   ②2017.7/3(月)13:00~14:30 
    成人対象のセッションとなります。 申込締切り6/29 
参加費:¥3,500(画材費含む) お支払いは当日会場にて
参加人数:5~6名 
     お友達と楽しく脳活、参加してみませんか。
     お子様のセッション参加は3歳以上可。
      ※小学3年生未満のお子様は保護者の同伴をお願いいたします。
申込み:✉ madokasan1215@gmail.com
    ☎ 090-9327-4216
      なるべくメールで申し込んでいただけると助かります。
  
協賛:コープみらい地域クラブ

”I-message”へのお問い合わせはこちらへ



代表者 佐野 円

代表者住所 千葉県柏市 
       officeでは無い為、公示は控えさせていただきます。ご容赦ください。

☏ 04-7133-0234 
      ※ 留守番電話になりますので、メッセージとご連絡先をお願いします。
        翌日当方よりご連絡をさせていただきます。

✉ madokasan1215@gmail.com  


   ※『臨床美術』および『臨床美術士』は、
           日本における㈱芸術造形研究所の登録商標です。