人手や資金が無くても、あなたも

6ヶ月で新築6棟受注できるようになる!



以前は紹介で1棟あるか無いかだった30代社長ができた受注方法


年間6棟の新築受注を確実にやる「きっかけ」をつかみたい方へ

「新築を、年間数十棟も受注したいとは思わないけど、今よりもう少し増やして年6棟くらい取れるようになればいいな」という方に向けたセミナーを開催することになりました。

目の前の仕事に追われる分、なかなか自分たちで仕事を増やしていく「きっかけ」がつかみづらい方へ向けて、有意義な情報をご提供させていただきます。


大工職人、今まで紹介受注のみ、新規客からの受注はほぼゼロ

このような状況から、わずか6ヶ月で新規客から6棟の新築受注に成功された方がいらっしゃいます。
それが、岡山県倉敷市で工務店を営まれている㈲まんてん.の麦田氏です。

社員3名の大工会社で、新築は手刻みで年間に紹介受注があれば0~1棟程度で利益はだいたい10%。あとは知り合いからリフォームなどを手がけていました。
しかし、新築もリフォームも以前に比べ仕事が入ってこなくなり、「どうすれば仕事がとれるんだ?」と悩む毎日。考えても考えても考えても、いいアイディアは全く出てこない・・・、そんな日々が続いていました。

麦田氏自身、「もっと安定的に仕事が欲しい」と考えていましたが、日々の仕事に追われ、なかなかきっかけをつかめずにいました。
そんな中、麦田氏に2つの転機が訪れます・・・


他にも、3人体制の工務店が1年で15棟の受注!?

一つ目の転機は、ある工務店さんとの出会いでした。その工務店は、社長と専務、事務員さんという3名体制で展開しながらも、1年間で15棟の新築を受注しているというのです。しかも、中心となっている専務は、もともと住宅営業の経験は無く、受注できている他社のやり方を徹底的に真似したとのこと。

麦田氏も半信半疑ながら、「俺にも、1人あたり5棟の新築がとれる方法が本当に出来るなら、確かに魅力的だな・・・」と、同じやり方を真似していきました。


新規のお客様と出会うことは、実はこんなに簡単だった・・・

その工務店さんと知り合った時には、まだ見せられる現場もなく、そもそも見学会自体ほとんどやったことがない状態でしたが、やり方を教わり真似をしただけで、今までお付き合いのなかったお客様と、簡単に出会うことが出来たのです。今まで 「イベントなんかやっても、うちには誰も来ないんじゃないか」と心配していたのも全くの取り越し苦労でした。

しかし、それだけですぐに受注につながったわけではありません。集客が出来ても一向に契約に繋がらなかったのです。なぜなら・・・


お客様に営業をすることが「悪」だと感じていた日々

初めてのイベント相談会でお客様と出会うことが出来た麦田氏。しかし、やって来てくれたお客様に契約をもらうことが一向にできません。それもそのはず、麦田氏は営業をかけること自体が「悪いこと」だと思って、㈲まんてん.の家づくりに興味を持っているお客様にすら、何もアプローチしていなかったのです。


「しつこい営業しません」の本当の意味とは?

麦田氏が営業を「悪いこと」だと感じていたのは、見学会などで「しつこい営業をしません」という言葉(これも真似した言葉)を使っていたからです。
この言葉を麦田氏は「営業をかけること自体してはいけない」と解釈されていたのです。

そんなタイミングで2度目の転機が訪れます。やり方を真似した工務店の専務から、「麦田さん、“しつこい営業しません”というのは、売り込みはしないけど、お客様が得することなら全部伝えてOKって意味ですよ」と教えられたのです。
教わった通り素直に、麦田氏は、今までアプローチしていなかったお客様に急いで連絡を取り、「お客様が得する情報」を伝えていきました。すると・・・

今まで、契約にならなかったのがウソのよう!

あれよあれよと、お客様が「麦田さんのところでお願いします」と言って、なんと目標を超える、6ヶ月で6棟もの受注につながったのです!!


今回は、この「6ヶ月で6棟の新築受注に成功」された麦田氏を愛知県岡崎市にお招きし、実際にどういった手順で受注を取ったのかをお話しして頂きます。

講演者インタビュー

ハウスメーカーのシェア率全国1位の激戦区で
新築6棟受注した工務店

有限会社 まんてん.
代表取締役
麦田 賢二

はじめまして。岡山県倉敷市の工務店「まんてん.」の代表、麦田と申します。今回、ナックさんから皆さまの前で講演して欲しいというお話をもらい、「私なんかが皆さんの前で話をしていいのか」と正直に言って迷いました。
あまり慣れないことではありますが、この6ヶ月で新規のお客様から6棟の新築受注ができたこと、粗利も10%から25%に改善できたことを、私の実践経験を踏まえてお話しさせていただきます。
大工ですし、上手く話せる自信はありませんが、私が真似をした内容を知り得る限り、全てお伝えしたいと思います。

最初にお断りしました通り、今回は「何十棟も新築をやりたいと思わないけど、1年間で6棟受注できれば理想的だな」と思われる方に向けたセミナーです。目の前の仕事も大切だけど、もっと「利益が残る仕事をしたい」「新築の受注を伸ばしたい」とお考えでしたら、今回の会にご参加されることをおすすめします。必ずや、貴社が今よりもっと良くなる「きっかけ」があるはずです。