もしかして、あなたは・・・
    ①立派な事務所
    ②建築現場
    ③営業マン
これらが無いと受注は獲れない!
と思っていませんか?


何ひとつ持ち合わせていなかった山形の下請け大工が

たった7ヶ月で5組の契約と6組の見込み客を獲得している秘密

きっかけは1冊の小冊子から

2年前のある日、1通のFAXによる問い合わせが届きました。

当時、工務店経営に役立つ小冊子を無料進呈するというキャンペーンを行っており、その問い合わせのFAXが届きました。連絡をしてみると、その方は山形市内の下請け大工で、法人化もしていない個人会社の息子さんでした。

状況を
伺ってみると、その方は「うちは大工はいらないんだよ」という一言を元請けの住宅会社から受け、思い悩んでいました。また、「良い家を造り続けていれば選んでもらえる」という考えも、元請けでの仕事が減ることにより疑問を抱いていました。何より、今後の住宅業界に大きな不安を感じていたそうです。

とはいえ、何をすべきなのか・・・と多くの想いを抱いて問い合わせをしたそうです。
この方が冒頭でお伝えしました、たった7ヶ月で5組の契約を獲得した、
株式会社鈴木建匠(屋号:メルシーホーム)鈴木社長の我々ナックとの出会いでした。


お客様から大工が選ばれなくなった理由

鈴木社長は毎日悩んでいたそうです。なぜ、自分たち大工は選ばれないのか。その理由を考えてみると、

  • お客様の要望を理解しようとしていない
  • 住宅ローンの提案ができない
  • 見積りが遅い、分かりにくい
  • 価格削減の努力をしていない
  • チラシやホームページの告知をしていない、告知の仕方が下手
  • お客様の要望を理解しようとしていない

などの原因に至ったそうです。そのことを解消するにも、何をしたら良いのかわからない。ただ、そこを学ぶことができれば、「大工という職業が、将来子供たちの目指す憧れの存在になる!」と期待も抱いていました。その中で、ナックと一緒に受注獲得へ向けて動いていきました。


建築現場、立派な事務所、営業マンがいなくても
受注が獲れる?

冒頭でもお伝えしました通り、鈴木建匠はたった7ヶ月で5組の契約と6組の見込み客を獲得しました。
うち3組については、建築現場のない状況から獲得した顧客です。ちなみに、鈴木建匠は、事務所は自宅、営業マン無し、さらには去年法人化をしたばかりの非常に新しい工務店です。

はっきり言いますと、歴史もブランドもほとんどありません。では、なぜここまでの実績を短期間でだせるようになったのか・・・
詳しくは当日本人から直接語っていただきますが、少しだけヒミツをお伝えします。


鈴木建匠の事務所にて管理しているホワイトボード
赤丸がアポイントにつながっている案件です

ヒミツ

1

現場が無い状況でも建築コストを16%下げたコストダウン方法

⇒ 職人だからこそ、業者を叩かずに下げられるやり方がある!

ヒミツ

2

公共施設がモデルハウスに早変わり?見込み客を作り出すイベント

⇒ 現場が無くても受注がとれる!契約につながったイベント開催方法とは?

ヒミツ

3

アポイント獲得に効果抜群!口べた大工でも即実践可能な営業ツール

⇒ 売り込まずしてアポイントが取れる!魔法のアプローチブックを公開!

ヒミツ

1

現場が無い状況でも建築コストを16%下げたコストダウン方法

⇒ 職人だからこそ、業者を叩かずに下げられるやり方がある!

鈴木建匠から多くのことを学んだ同業者の声

鈴木建匠の実績を聞いて、似た境遇の経営者様が何社も勉強しています。例えば・・・

岩手県のT工房、T社長より(43歳の大工社長です)
初めての見学会を企画していて、その勉強として鈴木社長の完成見学会のときに直接現場へ伺わせて頂きました。来場者もたくさんあり、接客の合間に快く現場の魅せ方のアドバイスをしてくれて、非常に勉強になりました。見学会当日が楽しみです!!

宮城県のOハウジング、K社長より(36歳の大工社長です)
私も最近下請けから独立し経営をスタートしましたが、何をしたらよいのかわからず・・・
鈴木社長の事務所兼自宅へ伺わせて頂き、いろいろアドバイスを頂戴し、直後に行った見学会から1件の契約が取れました!

山形県のSハウス、S社長より(38歳、塗装業から新規参入)
塗装から住宅をやり始めるにあたって、色々なことを教えていただきました。構造見学会の現場に伺わせて頂き、イベントの運営方法を学び、初めて行ったイベントから2組のアポイントを取得することができました!やはり同県の方は頼りになります!


自分が使っているアプローチブックを見せながら
接客方法について説明する鈴木社長(左)

最後はがっちり握手!
勉強に来たT社長(左)も満足そうです

講演者紹介

願いはひとつ『家族の幸せ』
株式会社 鈴木建匠 代表取締役 鈴木弘樹

山形市内で工務店を営んでおります、鈴木建匠の鈴木と申します。
私は元々、先代(父)と一緒に下請け大工をやっておりました。しかし、薄利な現場に追われ、紹介も減り、今後に不安を感じておりました。何とかしなければ・・・と。
ただ、元請け転換するにも、見せる現場、事務所、スタッフ等何も自社には持ち合わせてなく、あきらめようかと思っていました。

しかし、ナックさんとの出会いで考えが180度転換し、元請けとしての実績が出せるようになりました。口下手大工なので上手く話せるかわかりませんが、私が学んだことをお伝えします。

同じように工務店経営を行う方へ

今回、鈴木社長を新潟会場にお招きし、取り組みをお話しいただくこととなりました。
もし、自分は大工社長である、下請け業務が多い、会社にして間もない、といったことが当てはまる経営者様は、一度鈴木社長の取り組みに触れてみてください。