なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

見出し

科学的外国語学習法

こんにちは! 井上大輔です。

外国語学習者にとって、勉強しても結果が出ないことほど頭が痛いことがありません。

勉強しても望んだ結果が出ず、時間と労力を無駄にしてしまう。そんなふうに悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 

そんなあなたの悩みを解決するために、このページでは井上が、福岡の田舎で育ち、腎臓病のため長期留学ができないながらも、英語・フランス語・スペイン語をマスターし、また20年以上、数千人の方の外国語学習を成功に導く過程で見つけた科学的外国語学習法について話していきます。

井上大輔プロフィール

東京生まれ、福岡育ち。

早稲田大学第一文学部で英文学を学び、その後早稲田大学文学研究科でフランス言語学を学び、その後第二言語習得理論を学ぶために上智大学外国学研究科に再度進学し、現在は上智大学外国語学部の博士課程でフランス語言語学を研究中。

著書:語学書10冊以上、翻訳書3冊。
僕は、TOEIC980、早稲田大学の英文学専修を卒業し、現在上智大学博士課程のフランス語学科に在籍しながら、フランス語学の研究をしており、ネットで英語やフランス語、スペイン語を教えています。

出版翻訳や語学書の出版などもしており、語研から出したフランス語やスペイン語の教材はロングセラーとなっています。 

また教えた人も、短期で結果を出してくれている人がたくさんいます。 

しかし、井上は帰国子女でも、長期留学者でもありません。

腎臓病のため留学を止められていたので、国内だけで多言語を身につけ、また多くの人に語学学習を成功させてきました。 

いったいなぜそれが可能なのでしょうか?

それは科学的な外国語学習法を編み出したからです。


科学的外国語学習法で迷信を払拭

外国語学習は形がなくてつかみ所がない上に、中心となる作業が頭の中で起こるので、勉強の内容がいよいよはっきりしません。

これが原因で外国語学習には宗教に負けないぐらい、怪しげな迷信がいっぱいはびこっています。

・ネイティブと話してさえいれば…
・TOEICの点数さえあげれば…
・聴き流してさえいれば…

という考え方は、その良い例でしょう。 

外国語学習者の中にはこの迷信にふり回され、間違った勉強をしたり、間違った時間の使い方をして時間・お金・エネルギーを浪費している人が多くいます。

また、TOEICの点数は上がったり、英検で難しい級はとったけど、実際に外国語を話す段になると、何を話していいかわからず、会話が通じない…。

そう悩む人も多いです。

そして、こうした学習法の間違いによる時間やエネルギーの損失は見えないので、油断するとこの先何年も結果がでないまま語学学習を続けることになります。

これでは人生を浪費しかねませんが、解決策はあります。

 それが僕が早稲田や上智で習った

言語学、心理学、第二言語習得理論、通訳訓練法、

などの科学的&成功証明済みの学習法に加えて、

英米文学、フランス文学、フランス現代思想、社会学

などに基づき外国語学習を社会的な側面からも分析した結果生じた科学的外国語学習法!です。 



科学的外国語学習法四つのステップとは?

STEP

1

第二言語習得理論

科学である第二言語習得理論を通して、外国語学習の理論的基盤を学びます。

STEP

2

理論に基づく、証明済みの外国語訓練法

第二言語習得理論という科学的基盤を実践するための、通訳訓練法・筆写音読・5行作文に代表される証明済みの外国語訓練法を身につけます。

STEP

3

ポップカルチャーを学ぶ!

学ぼうとする外国語の映画や歌といったポップカルチャーを知ることで、その情報空間に対する臨場感を高め、苦労せずとも自然にその外国語の知識が身につき、しかもネイティブと話すときの話題に困らないようにします。

STEP

4

教養や古典に対する知見を深める

学ぼうとする外国語の教養や古典を学ぶことで、その文化で貨幣として働く文化資本を手に入れ、話しただけでネイティブから「頭がいい」「教養がある」と言われるようになります。 

STEP

1

第二言語習得理論

科学である第二言語習得理論を通して、外国語学習の理論的基盤を学びます。
この順番で学習をすると、正しい学習を正しいエネルギー&時間配分で勉強することになるので、効率よく結果を出すことができるのです。こうした一連のやり方を「科学的外国語学習法」と呼びます。


主要著書・メディア掲載歴

ケルアック (祥伝社)
イヴ・ビュアン (著)
井上大輔 (翻訳)

フランス語
動詞活用ドリル
井上 大輔 (著)

日常スペイン語会話
ネイティブ表現
井上 大輔 (著),
Monica Alvarez (著)

週刊 東洋経済
2015年 1/10号に登場

メールは不要になったらいつでも解除できますので気になる人はとにかく登録してみてくださいね!
 
1:第二言語習得理論を学び、

2:具体的なトレーニング方法について理解し、

3:歌や洋楽などのポップカルチャーについて知ることで、自然と単語や文法が覚えられて、話も弾むようになり

 4:古典や歴史について知ることで、自然と相手から尊敬され、教養があると言われるようになる!
 
こうした科学的な学習法で取り組むと、勉強のムダが少なくなるので、3カ月もすると英語が話せる
様になり、TOEICなどの点数も上がり始めます!

また、ネイティブとも話が弾むし、教養がある人として尊敬されるようになります。
 
早く取り組むと早く成果が出ますので、今すぐこちらから登録を!

週刊東洋経済2015 1/10に掲載された記事です

受講生の声!

  • こんばんは、Sです。

    やっとこの時が来ました。

    1年半かかりましたが、ついに越えることが出来ました!

    900の壁をよじ登りました!

    正直なところ、900に届いている実感はありませんでした。

    でも結果は越えてました。
    L475 R430 T905
  • 井上さん こんにちは。いつもお世話になっております。2月のTOEICの結果が届きました。780点でした。初めての700点台で、目標の800点までもう少しでした。嬉しかったので報告させていただきます。来月も受験しようと思います。模試を解いても復習するのが面倒で捗っていませんでしたが、またやる気が出ました。今後ともよろしくお願いいたします。
  • 井上大輔先生昨日はありがとうございました。流石はプロの語学の先生です。勉強になりました。今後ともよろしくお願い申し上げます。