一生歩ける体をつくる
10秒ポーズ健康法
福田裕子 講演会

「なぜ、人は弱くなってしまうのか?」

「ここまで傷めたり弱くなったりする前に防ぐ方法はなかったのか?いくつまで遡れば防げるのか」

「どうしたら、人はずっと長く丈夫で元気に生きられるのか?」

理学療法士として28年間、介護予防13年、問い続けながら現場を見てきた経験と最新の研究をもとに、今すぐできる長生き元気の秘訣、そして、それをどうデザインし実現していくのか?
福田裕子の活動を、まとめてぜんぶお伝えします。

参加費1,000円
オンラインで提供しております「10秒ポーズ3ヶ月実践プログラム」体験も兼ねて開催しますオンライン講演会のご案内です。

講演会でお伝えすること

1.10秒ポーズ健康法はほかのいろいろなエクササイズと何が違うのか?

2.  高齢者研究の専門家集団が見つけた究極の健康長寿3つの秘訣とは?

3.「10秒止まる」ことが、ライフスタイルにどんな影響を及ぼすのか?

4.今日からできて新感覚!10秒ポーズ式ラジオ体操

5.10秒ポーズ実技体験

6.10秒ポーズ活用事例(介護施設、企業、主婦、理学療法士、女将etc.)

7.3か月実践プログラムとは、どんな場で、何をデザインしているのか?

※zoomで開催いたします。13時~16時と3時間にわたる講演会ではありますが、実技や休憩を交えて開催しますので、ご安心ください。水分やメモのご用意をして、動きやすい恰好でご参加ください。

はじめまして。理学療法士の福田です。

10秒ポーズ健康法はその名の通り、 1日1回10秒ポーズを繰り返すだけの超シンプルな健康法です。

様々な理由で運動が 苦手、できない、続かない人のために
高齢者介護予防と働く女性の目線から開発しました。 

疲れない つらくない いつでもできる
一度覚えれば 一生の財産になる
人生100年時代の新メソッドです
これまで、
TV・新聞・雑誌・ラジオなど
様々なマスコミの方々に
取材していただき

おかげさまで少しずつ
認知度も高くなってきたかと
思っております。

メディア掲載実績

雑誌online『サライ.jp』『ふーぽ』
健康・介護情報サイト  
ウェルネス情報メディアDesign me(デザインミー)   
1分でわかる、やさしい介護の教科書|みんなの介護ニュース
新聞online『中日新聞』
新聞『福井新聞』『日刊県民福井』
ラジオ『FM福井』『たんなんFM』
   『FBCラジオ』
月刊誌『月刊URALA』『月刊fu』
TV 北陸朝日放送『2時どき!』『土曜はどきどき』
   FBC『おじゃまってれ~健康いちばん』
   福井テレビ『三上さ~んやってみて』
     福井ケーブルテレビ『福井市広報課ふくチャンネル』

これまで、10秒ポーズを
実践してきた人たちから
こんな驚きの声を
いただいています。

実践者の声

  • パーキンソン病で介護保険サービスを使っていた74歳の女性が、自立して買い物や旅行に行けるようになった
  • 毎日1ポーズ続けて1ヶ月目、夫にプロポーションの変化を誉めてもらえた
  • 階段を上がるコツをつかみ、バランス力が4倍(開眼片足立ち)、立ち上がりスピードが1.25倍になった(膝の人工関節の不具合で5回もの度重なる手術をして膝に力が入らなくなり、回復をあきらめていた71歳の女性)
  • 受講したその日にお尻の慢性痛が改善した
  • ある社会福祉法人では、体操導入6ヶ月後に、4割の人が体の痛みが改善したと答えた
  • 健康満足度90%以上!コロナで見通しが立たずに不安な時でも、心が不思議と落ちついている。
  • 不安や痛み等から解放され毎日が幸せ。10秒ポーズに出会い自分の体のことを愛する事が出来た
  • 毎日1ポーズ続けて1ヶ月目、夫にプロポーションの変化を誉めてもらえた

体が伸びると、心も、のびのびします

本郷恵美さん 50代 アロマセラピスト 東京都
背中が重いと感じるときに、フェニックスをしています。たまった疲れやモヤモヤが、背骨から地面へ抜けるように感じます。好きでしょっちゅうしています。一見簡単そうなポーズですが、なかなか奥が深い。胸の中央から、肋骨がパッカンと左右に開いていくように感じます。身体の感覚に意識を向けると、心の在り方が明確になっていくようです。

ちょっとしたコツで体が変わるので、毎日が楽しくなりました

太田由起子さん 42才 エステティシャン 福井県
毎日、ポーズを続けています。ちょっとしたコツで、こんなに変わるの!?と、一瞬で変わってしまう魔法のように感じています。当たり前が大事だと分かっていても、続かないものですが、簡単にいつでも、どこでも、10秒でカラダが変わるって、とっても嬉しいです。

久しぶりに出してきたスカートが履けました!

沢嵜悦子さん 49才  福井県
ある一つのことを意識していただけなのですが、久しぶりに履いたスカートが、いつもはホックが止まらなくてファスナーだけを上げて履いていたのに、きっちりホックも止まりました!体重も変わってないのにデス💕

気づいたら肩こりが気にならなくなっていました

T・Kさん 男性  30代  理学療法士 福井県
講座を受ける前は肩こり首こり持ちで、よく首の付け根などを指で押さえてほぐしていましたが、1ヶ月ほどで、気にならなくなっていることに気づきました。福田さんに1対1で教えて頂いた初日には、首が辛かったのが、いまはもう軽減しています。

気持ちいいから続けられました!

F・Yさん 62才 主婦 福井県
もともと私は、肩こりで首をまわすとスジがつったり、頭痛がしたりするほどの肩こりでした。祈りのポーズの正しいやり方を聞いてからは、朝も昼も、時間関係なく、気がついた時にやるようになりました。祈りのポーズは、とにかくおススメです!ちゃんと教えてもらったから、効果が実感できました。いままでは、「もうこんな年になって気がついても遅いけど」と思っていましたが、夫が「死ぬ前に気づいてよかったな」って言うんです(笑)そう思う方が楽しいかなって思います。  
※これらは個人の感想をあらわしたもので、効果を保証するものではありません

どんな健康法も
毎日続けることが大切なのですが、

「間違っていないか、直接見て欲しい」
「ちゃんと習得したい」
「筋肉や体の仕組みを学びたい」

という声をいただきまして、今回、指導をすべてオンライン化することで、遠距離の方であっても継続サポートを受けていただけるようになりました。それが、3か月実践プログラムです。

今回の講演会では、福田がこれからの介護予防や健康長寿を実現するために、どのようにプログラムをデザインしてきたのか?をお伝えしていきます。

ご参加特典プレゼント

毎日1ポーズ!動画が見れるQRコードつき
”10秒ポーズ健康法すごろくシート”
をプレゼント!
 
A3サイズですのでカレンダーのように
壁や冷蔵庫に貼ってお使いいただけます

体の可能性に気づくと
心が軽くなり

いろんな挑戦が
できるようになります
人生が甦ります

10秒止まるだけだから、かんたんです
わかりやすいです

だけど、ものすごく深い
なぜなら、体は人生そのものだから・・・

10秒ポーズ健康法を、
毎日のくらしの中に取り入れて、

ぜひ、あなたの人生を
甦らせてください!

   福田裕子
(フィジカルセラピスト/理学療法士/ゆうこりん

福田裕子の想い

「運動が続かない」「運動と聞くと気が引ける」「三日坊主になる」という失敗はすべて、正しい運動のやりかた、はじめ方、続け方を、ちゃんとお伝えしてこなかった、私たち業界全体の責任だと、私は考えています。 

筋トレがいい、ストレッチがいい、ウォーキングがいいetc.いろいろ言われていますが、現実をみると、運動習慣のない人がまだまだ大勢います。

「体が弱ってしまうまえに、なぜ、もっと早く体づくりに取り組めなかったのか?」
「もっと早く、正しいやり方で運動をスタートしてもらうことができなかったのか」

これは、リハビリテーションや介護予防の業界で28年仕事をしてきた私の、リアルな実感です。これまでの専門家と言われる人たちの正しいやり方を真似ているだけではダメなのだと、私は思ったのです。

ですから私は、今までとまったく違う運動法を探しもとめ、研究をつづけました。

10秒止まるだけ!10秒ポーズ

このプログラムは、理学療法士が、介護や医療分野ではたらく女性の目線で開発した、筋トレでもなく、ストレッチでもない、100年つよく美しく歩ける体をつくり、体から生きがいある人生を創造しようとする新しい健康法で、体の取扱い上の作法を学ぶものです。

これまで、体の正しい取り扱い方を教えてもらうことなく、運動習慣も身につかないまま、「なにか運動をしなくては」と焦りながら、数か月、数年、過ぎてしまった方も多いのではないでしょうか。

このまま、悩みを抱えている人を、放っておいていいのでしょうか。
みすみす衰えていくのを、指をくわえて見ていていいのでしょうか。
私には、それでいいとは思えませんでした。

立つ、座る、歩く、息をする~暮らしの動作すべてがFitness

体の弱点を強くするという発想ではなく、自分にとって良いことや、無理のないことを繰り返して、もともとある善い部分や美点を磨きあげることで、全身を強くし、甦らせていこう!というのが10秒ポーズです。

特別なことをしたり、運動の「量」を増やしたりするのではなく、体にいちばん影響する、日常の「質」を変えていくことをめざします。日常生活がもっともくり返されることであり、「量」に直結するからです。

暮しすべてがフィットネスである、という考えは、生活すべてが修行である福井県の曹洞宗大本山永平寺の禅Zenにも通じます。

つまり、体を磨きあげお手入れする「暮らしの作法」として、生活にとけ込むようにしていくのが、日本らしい健康文化のあり方なのです。

10秒ポーズ教室では、その人の回復力を信じ、ひとりではなかなかできない運動量とバリエーションを得られるように、勇気づけ、元気づけのチームを、リハビリテーションの叡智を投入し、細心の注意をはらって創りあげます。

これまで、福井で行ってきた教室では、病後のソーシルサポートとしても機能する、すばらしい成果を上げてきました。ぜひ、書籍化もされた10秒ポーズ健康法の全容を、聞きにきてください。