[100万円~300万円]借金の返済できない※債務整理の相談はこちら
当サイトは100万円~300万円の借金(カードローン、住宅ローン、車のローンなど)があり返済できなくなった方を対象に、賢い借金返済の方法を紹介しています。家族や会社に内緒で債務整理(任意整理)する方法、債務整理の費用、全国の借金問題に特化した弁護士事務所などを紹介しています。
現代では、借金を背負って生活をしている人は少なくありません。
そしてここで問題なのは、返済が出来なくなった時の話です!

返済していたけど、なんらかが原因で返済できなくなってしまった人も珍しくはないでしょう。
では、そんな時どのようにすればいいのかというと、債務整理です!

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産の3種類あるので、1つずつどんなものなのか解説していきたいと思います。

借金返済ができない場合は「債務整理」を検討しよう

任意整理とは?
任意整理は、司法書士が債権者と返済方法や返済額を交渉して、支払いが今よりも可能になる条件を成立さける手続きのことを言います。

借金返済ができなくなった人が一番よく利用するのも任意整理。

任意整理の場合は、裁判所は関係ないので、官報には乗りませんが、信用情報機関には5年間掲載されてしまいます。

債務整理の中でも、最も利用される手続きと言っていいでしょう。

任意整理をすると、借金を払う代わりに利息を無くしてもらえないか、返済契約を長期にしてもらえないかを交渉し、返済への負担を減らすことが出来ると考えるといいでしょう。


~メリット~
・手続きをすると将来利息が免除されるので、完済が早くなる
・利息制限法の計算がされ、債務総額が減る。
・取引期間が長い場合は、過払いになっている場合がある
・一部の債権者だけ整理するというように選ぶことが出来る。
個人再生とは?
個人再生は、裁判所を通じ、債務を減額してもらう手続きのことを言います。

個人再生は、裁判所に申立書を提出する必要があるので、裁判に必要になる資料を収集したりなど手間がかかります。

ですが、法律に則って借金が減額されるので、一般的には任意整理より減額出来ます。(約5分の1くらい)

また3~5年間で支払いが完了することが出来ると、残りの借金が免除されるというような手続きです。



~メリット~
・専門家が手続きを進めてくれるため、業者からの催促がストップする
・任意整理に比べて、減額が期待できる
・自己破産と違い、財産は処分されずにすむ、条件が整った場合は住宅を手放さなくて済む
自己破産とは?
自己破産とは、裁判所を通し、借金の返済義務を免除してもらう手続きのことを言います。
裁判所によって、返済が不可能だと判断されると、全ての借金が免除になります。

自己破産は、裁判所に書類を提出して判決を受けなくてはいけませんが、そのためには、専門家である弁護士や司法書士に依頼しないといけないため、ここでも20~40万円くらいの費用がかかってしまいます。

つまりはお金がなくて自己破産をしますが、自己破産をするにもお金が必要ということです。
また手続きをしても全ての人が支払い免除の判決が出る訳じゃないので、免除されなかった場合は、謝金の金額が高くなってしまう可能性があります。

こうならないためには、専門家から見て「免除される」という時だけ申請するといいでしょう。


~メリット~
・全ての借金が免除される
・手続きをすると、債権者は強制執行ができない
・ある程度の財産は残せる
個人再生とは?
個人再生は、裁判所を通じ、債務を減額してもらう手続きのことを言います。

個人再生は、裁判所に申立書を提出する必要があるので、裁判に必要になる資料を収集したりなど手間がかかります。

ですが、法律に則って借金が減額されるので、一般的には任意整理より減額出来ます。(約5分の1くらい)

また3~5年間で支払いが完了することが出来ると、残りの借金が免除されるというような手続きです。



~メリット~
・専門家が手続きを進めてくれるため、業者からの催促がストップする
・任意整理に比べて、減額が期待できる
・自己破産と違い、財産は処分されずにすむ、条件が整った場合は住宅を手放さなくて済む

困った時はそのままにせず専門家に相談しよう!

上記で3つの債務整理について解説してきましたが、自己破産をすれば全ての借金を無くすことが出来ますが、10年間は信用情報機関に掲載されているので、新たな貸し入れは出来なくなります。

また住宅や自動車を手放さなくてはいけない可能性が高いです。
そして官報に住所や氏名が掲載されるというデメリットもあるので、避けることが出来るのであれば避けた方がいいでしょう。


少額の借金などであれば、返済期間を伸ばしたり、将来の利息を無くすことで返済できるようになるのであれば、任意整理をするといいでしょう。

1人で悩んでいても解決は出来ないので、困った時は出来るだけ早く専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

債務整理にはそれぞれメリットもデメリットもありますが、危ない所からお金を借りてしまうくらいなら、債務整理を検討したほうがいいでしょう。

また債務整理をすれば、催促されることが無くなるので、安心して生活することが出来るでしょう。

現代では借金を背負って生活をしている人がいるのは珍しいことではありません。
また毎月しっかり返済が出来ている人であれば問題ないかと思いますが、何らかの理由で返済するのが難しくなってしまい困っているという人もたくさんいるのではないでしょうか。

そんな時に返済できないからといって、返済を滞っていると大変なことになってしまうので、どうにもならないという時は、自分1人で悩むのではなく、出来るだけ早く専門家に相談して債務整理をすることをオススメします。

といっても、どの債務整理を選んだとしてもメリットもあればデメリットもありますが、することによって今より状態よりも生活がしやすくなるという人もいるので、どうも出来ないという時は、債務整理を検討してみてはいかがでしょうか。

自己破産をすれば全ての借金を無くすことが出来るので返済の心配はいりませんが、10年間は信用情報機関に掲載されるので、新しい借り入れが出来なくなったり、住宅や車を手放さなくてはいけない可能性が高いので、避けることが出来るのであれば避けた方がいいでしょう。