なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
日経電子版
1ヶ月無料!

いつでも、どこでも、
日経電子版 

月額4,277円(税込)
※無料期間終了後、課金が発生します。
新機能
搭載

日経の価値ある情報、質の高い特集を、電子版で。

日経電子版のお申込日から1ヶ月間は無料期間です。
月額4,277円(税込)
※1ヶ月間とは、申込日から翌月の申込日に応当する日の前日までを意味します。ただし、翌月に申込日に応当する日がない場合には、翌月の末日の前日までとします。
※初回限定。無料期間終了後から課金が発生します。無料期間中に解約いただいても解約金はかかりません。
無料期間中に解約しても、解約金はかかりません!まずは体験を!

見出し

【NEW】新機能!AI推薦記事
さらに読む効率がUP‼
★過去にユーザーが選んだ記事を記憶し、関心テーマを学びます。
★1日1,000本配信される記事から、推薦記事をピックアップします。
★仕事や暮らしに役立つ記事をリスト化します。

見出し

   電子版トップページ
トップページを見れば、そのとき一番必要な情報が掲載されています。24時間体制で編集しているラインナップ。
    キーワード検索
ご希望のワードを入力するだけで、関連の記事が一覧表示されるので、記事の見逃しを防げます。
   Myニュースで収集
「MYニュース」を使えば、最新のニュースを自動で収集できるので、記事を見逃すことがありません。
   Myニュースで収集
「MYニュース」を使えば、最新のニュースを自動で収集できるので、記事を見逃すことがありません。

電子版のその他機能

ビジュアルデータ
グラフィックを活用しているので、重要なデータや情報が分かりやすくなりました。
Myニュースで取りこぼしなし!
検索結果や話題のトピックをフォローする「MYニュース」を使えば、最新のニュースを自動で収集できるので、記事を見逃すことがありません。MYニュースが更新されたらメールで1日1回お知らせします。
保存機能
記事を1本ずつ保存が可能です。保存した記事を後から読み返したり、ラベルを付けてテーマごとに管理もできます。
NIKKEI Briefing
世界情勢やお金の使い方など、様々なテーマのニューズレター。日経電子版では読めない、メールでしか書けない情報を、ベテラン記者がお伝えします。
Myニュースで取りこぼしなし!
検索結果や話題のトピックをフォローする「MYニュース」を使えば、最新のニュースを自動で収集できるので、記事を見逃すことがありません。MYニュースが更新されたらメールで1日1回お知らせします。

日経電子版機能まとめ

日経電子版
月額4,277円(税込)

※初回限定。無料期間終了後から課金が発生します。無料期間中に解約いただいても解約金はかかりません。ご安心して体験してください。

よくあるご質問

  • Q
    電子版の無料期間はいつまでですか?
    A
    日経電子版にお申し込みの場合は、申込日から1カ月間無料、日経Wプラン(電子版+新聞)にお申し込みの場合は、電子版部分(+1,000円部分)が申込の翌月末まで無料となります。宅配の新聞は無料になりません。
  • Q
    電子版+宅配(日経Wプラン)の宅配も無料の対象ですか?
    A
    無料の対象ではありません。電子版部分の料金(1,000円)がお申し込み月の翌月末まで無料となり、宅配部分の料金は配達開始日からその月の末日まで日割り計算になります。
    申し込み翌月分は日割り計算を行いませんのでご注意ください。
  • Q
    無料期間中に電子版を解約した場合、解約金はかかりますか?
    A
    無料期間中に解約した場合、電子版部分の料金は発生しません。日経Wプランにお申し込みされた方は新聞購読料(宅配)のみお支払いいただきます。
  • Q
    法人でも申し込めますか?
    A
    請求書払いにも対応し、産業新聞や日経MJなどの専門紙も読める法人契約専用の「電子版Pro」があります。詳細はこちら。
  • Q
    日経電子版の「有料会員」と「無料会員」の違いは何ですか?
    A
    閲覧できる記事の種類や、使える機能が異なり、有料会員限定の鍵マークがついた記事を一定数まで閲覧できます。 有料会員は、電子版のすべての記事を読むことができるほか、「朝刊・夕刊」や「Myニュース」などのサービスを利用できます。有料会員が利用できるサービス・機能の詳細は、「日本経済新聞 電子版 FAQ(よくある質問)」や「電子版ヘルプセンター」で詳しくご案内しています。
  • Q
    電子版+宅配(日経Wプラン)の宅配も無料の対象ですか?
    A
    無料の対象ではありません。電子版部分の料金(1,000円)がお申し込み月の翌月末まで無料となり、宅配部分の料金は配達開始日からその月の末日まで日割り計算になります。
    申し込み翌月分は日割り計算を行いませんのでご注意ください。

その他料金プラン・各種お申込み

見出し

日本経済新聞
(宅配)
月額4,900円(税込)
お支払い方法は日経ID決済
✓ 大きな紙面でスピーディーに記事を拾い読み
✓ 見出しの大小でニュースに価値づけし分かりやすく
✓ スマホで見られる紙面ビューアーサービスが利用可能
※ 一部地域では、月額税込4,000円となります
日経Wプラン
(電子版+日本経済新聞)
月額5,900円(税込)
電子版部分1,000円がお申し込みの翌月末まで無料
✓ 電子版、新聞のメリットをWでお得に
※ 新聞購読料4,900円+電子版部分1,000円
※ 一部地域では、月額税込5,000円となります。
※電子版部分の無料期間が翌月末までとなります。
日経Wプラン
(電子版+日本経済新聞)
月額5,900円(税込)
電子版部分1,000円がお申し込みの翌月末まで無料
✓ 電子版、新聞のメリットをWでお得に
※ 新聞購読料4,900円+電子版部分1,000円
※ 一部地域では、月額税込5,000円となります。
※電子版部分の無料期間が翌月末までとなります。

【登録者続々!】日本経済新聞をご購読中の方におススメ‼
~日経ID決済~

新聞購読料はそのまま!(月額4,900円)
追加料金なしで複数の限定サービスが利用できるのは、ID決済だけ。
日経ID決済とは
新聞購読料を日本経済新聞社がクレジットカード決済で集金代行します。
本サービスは月額定額の決済方法です。(月額税込4,900円)
お住まいの地域が朝夕刊セット配達地域では、夕刊も配達いたします。
お留守の間の新聞は取り置きし、再開時にお届けします。
※一部地区では、取り扱いできない場合はあります。
日本経済新聞(宅配)をご購読中でWプランをご希望の方
●料金
新聞購読料に電子版部分の1,000円が加算されます。

●ご利用条件
Wプランをご利用の際は、日経ID決済のご登録が必要です。口座振替などで新聞販売店にお支払いされている方は、日経ID決済に切り替えてください。
Wプランへ切り替えのお申込みはこちらから
朝・夕刊セット版、全日版について
●配達先の地域による料金の違い
日本経済新聞(宅配)の購読料は、お客様のお住まいの地域により異なります。

●地域別新聞購読料
朝・夕刊セット版地域 【宅配】月額4,900円(税込)/【Wプラン】月額5,900円(税込)
全日版地域      【宅配】月額4,000円(税込)/【Wプラン】月額5,000円(税込)

日本経済新聞の購読料は、配達先住所により異なります。ニュースを1日2回に分けてお届けする朝・夕刊セット版と、1日のニュースを朝刊のみでお届けする全日版に分かれており、購読料が異なります。朝・夕刊セット版地域にお住まいの方が全日版を読んだり、全日版地域にお住まいの方が、朝・夕刊セット版を読んだりすることはできません。

●全日版地域
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、長崎県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

ニュースサービス日経 西日暮里

所在地 〒116-0012
東京都荒川区東尾久2-45-5
TEL 03-3895-3397
フリーダイヤル 0120-379-134
ホームページ http://www.nsn-nishi-nippori.com/
アクセス JR西日暮里駅より徒歩15分(バス5分)
事業 新聞販売・宅配・デジタルサービス商品販売
ホームページ http://www.nsn-nishi-nippori.com/