赤字決算で融資を受ける方法

営利を目的にして経営を行う会社は、当然のように黒字決算を目指します。

私も会社のために頑張って事業に取り組んできましたが、資金繰りに苦しんで赤字決算になってしまいました。

赤字決算とは入ってくる収入が出ていく支出を下回って損失を出すことですね。

この状態で事業資金を借り入れるのは難しいとイメージしていましたが、色々と調べてみるとそんなことはありません。

赤字決算で融資を受ける方法は大きくわけると2つありますので、それぞれについて見ていきましょう。

銀行融資を受ける

赤字決算の会社でも、銀行からの融資を受けられます。

決算書の最終利益がマイナスの状態ですので、黒字決算と比べると融資のハードルが高くなるのは紛れもない事実です。

しかし、次の3つの条件に当てはまるケースでは、赤字決算でも銀行から借り入れることができます。

  • 創業して間もない時期の赤字
  • 単発の損失で赤字を出している
  • 赤字を補えるだけの資力がある

創業して間もない会社の場合、「中々売り上げが伸びない」「経費ばかりが先行する」といったケースが少なくありません。

「会社の経営ではそういうこともあるよね」と銀行は判断してくれますので、融資交渉の余地はあります。

今回だけの赤字だったり赤字に耐えられる十分資金があったりという会社も、銀行からの融資は決して不可能ではありません。

ファクタリングを活用する

私の会社は創業して間もないわけではありませんし、単発の損失で赤字を出したわけでもありません。

銀行からの融資は断られてしまったので、事業資金を借り入れるためにファクタリングを利用することにしました。

ファクタリングは企業が保有している売掛債権を会社に売却して現金化する方法で、私の会社のように赤字決算でも審査に通りやすいのがメリットです。

売掛債権の譲渡でお金を借り入れる方法ですので、銀行融資のように厳しい審査が不要なのは何となくおわかり頂けるのではないでしょうか。

取引先から問題なく売掛金が入金されるとファクタリング会社はお金を受け取れるため、赤字決算の会社でも資金調達できますよ。

私は日本中小企業金融サポート機構を利用し、無駄なコストや時間を削減して資金の調達に成功しました。

契約時の押印漏れがなかったり最短即日で振り込んでくれたりといったメリットがありますので、資金繰りで悩んでいる法人や企業はファクタリングサービスを上手く活用してみてください。