さいたま市で注文住宅を建てたい!意識すべき点とおすすめ業者まとめ

収入も安定してきたし、そろそろ地元のさいたま市にマイホームを建てよう!そう意気込んだものの、建売住宅はちょっと不満な点があって発注できない……。それなら「注文住宅」で家を建てるのはいかがでしょうか?この記事ではマイホームはこだわりたい方のために、注文住宅の基本や、さいたま市で注文住宅を建てるときに依頼したい業者についてご紹介します!

そもそも注文住宅ってなんのこと?

注文住宅と言われてもピンとくる方はそこまで多くないかも知れません。「そもそも家を買うんだから、注文するのは当たり前じゃない?」そう思う方もいらっしゃるでしょう。
基本的に家を買うとなると、「注文住宅」と「建売住宅」から選ぶことになります。注文住宅とは家の細かい仕様まで注文するので「注文住宅」と言い、建売住宅とは、既に建設されて売りに出ている住宅なので「建売住宅」と言うのです。では、注文住宅と建売住宅にはどのような違いがあるのでしょうか。詳しくは次項で説明します。

建売住宅と注文住宅のメリットとデメリットを知ろう!

建売住宅と注文住宅、自分にとってどちらがいいのかはそれぞれの長所と短所を知らないと分かりませんよね。この項では、それぞれのメリットとデメリットについて触れていきます。

・建売住宅のメリットとデメリット
建売住宅の魅力はなんといっても「入居までの時間が短い」ということでしょう。気に入った物件があればすぐに契約し、実際にすぐ入居できる「即入居」物件があるようです。できるだけすぐ入居したいという方にとって、このような物件は大変魅力的なのではないでしょうか。「即入居」物件以外には、住宅ローンを組む場合は1ヶ月程度の期間がかかるようです。一方で、建売住宅は既に完成してしまっている住宅を購入するため、自分の気に入った間取りなどの住宅を見つけるまで時間がかかってしまいます。購入後にリフォームするという手もありますが、費用もそれなりにかかってしまうので、できるだけ自分の理想に近い家を探すのが大切になりそうです。

・注文住宅のメリットとデメリット
注文住宅のメリットとして挙げられるのは、やはり「細かい部分までこだわれる」ということではないでしょうか。あこがれのマイホームですから、妥協できない点はたくさんあると思います。建売住宅は既に完成してしまっているので、細かい部分にこだわることができません。ですから、少しでも妥協したくないという方は注文住宅を選ぶべきなのです。また、実際に家を建築する過程を見学できるのも注文住宅の魅力と言えるでしょう。一方で、細かいところからすべて自分で決めなければいけないため、入居までに時間がかかるのが注文住宅のデメリットと言えそうです。業者との打ち合わせの回数も多くなってしまうため、前にすすめるのにかなりの時間を要します。入居の時期に特にこだわりがなく、自分の思い通りの家にしたい方にとっておすすめなのが注文住宅です。

さいたま市で注文住宅を建てるときに意識したいこととは?

さいたま市の場合、夏は高温になるので、快適に過ごせるような家造りが大切になります。例えば、断熱材のグレードを高いものにすれば、夏は涼しく、冬は暖かく室内で過ごすことができるでしょう。いい断熱材は耐久性も高いので、ランニングコストを考えればグレードの高い断熱材を選んだとしても、十分お釣りが来るでしょう。

さいたま市で注文住宅を建てる時の業者の選び方って?

最後にさいたま市で注文住宅を建てるときに意識しておきたい業者の選び方についてご紹介します。業者選びに難航したら、ここで紹介するポイントを思い出してくださいね。

・大事なのは担当者との相性
注文住宅というのは、特に業者との打ち合わせ回数が多くなるため、担当者と密なコミュニケーションを取ることになります。ですから、担当者との相性が重要になるわけです。ハウスメーカーというのはそもそも営利企業なので、自分たちの得になるように動きます。しかし、自分たちの都合だけを考えて、意見を押し付けてくるような担当者とはいい家を建てられるでしょうか?優秀な担当者というのは、施主の要望を汲んだ上で、最良の提案をしてくれる人のことを指します。そのような担当者と巡り合えたら、家づくりの成功に大きく前進できるでしょう。
以下のサイトにはさいたま市でおすすめのハウスメーカーに関する情報が掲載されています。
担当者がどのような人かについては流石に記載されていませんので、
説明会や相談会などに実際に足を運んでみてくださいね

まとめ

この記事ではさいたま市で注文住宅を建てようと考えている方に、
注文住宅と建売住宅の違いや、それぞれのメリット、デメリットをご紹介しました。
マイホームはできるだけこだわりたいですよね。
入居まで急がないと言うなら、ぜひ注文住宅で家を建ててみてはいかがでしょうか。