銀行以外で融資を受ける方法

事業資金は銀行以外からも融資を受けられます。

銀行からの融資には「金利が低い」「信用力の証になる」といったメリットがありますが、審査に通りにくいのがデメリットですね…。

私の会社は業績が不安定ですので、銀行融資を断られてしまいました。

しかし、キャッシュフローの改善で現金は必要ですので、銀行以外で融資を受ける方法を知っておくのは大事ですよ。

ノンバンク系のビジネスローン

銀行以外で融資を受けたいのであれば、ノンバンク系のビジネスローンがおすすめです。

そもそも、ビジネスローンとは中小企業や個人事業主に向けた金融商品を指しています。

銀行からの融資と違い、ノンバンク系のビジネスローンにどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 金利が高く設定されている代わりに、審査に通りやすくなっている
  • 即日対応のサービスも多く、資金調達までに時間がかからない
  • 担保や保証人を用意しなくても事業資金を借りられる

銀行とノンバンクを比較するにあたり、「○○○の方が優れている」とは一概に言い切れません。

しかし、審査から融資までのスピードや借りやすさで比較してみるとノンバンク系のビジネスローンに軍配が上がります

ノンバンク系のビジネスローンの代表格であるアイフルビジネスファイナンスは来店不要で審査に通りやすく、申し込みから1~3日程度で融資してもらえるのでおすすめです。

ノンバンク系の不動産担保融資

銀行ではNGだった物件でも、不動産の評価が高ければ積極的に融資をしてくれるノンバンクはあります。

評価の高い不動産を保有していれば、ノンバンク系の不動産担保融資で事業資金を調達できるわけです。

物件の種類によって違いはありますが、ビジネスローンと比べるとある程度まとまった事業資金を調達できます。

銀行以外の融資を検討しているのであれば、ノンバンク系の不動産担保融資も選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

ファクタリング

融資とは異なりますが、銀行のプロパー融資を断られてしまった方にはファクタリングがおすすめです。

ファクタリングでは数ヵ月先の売掛債権を業者に買い取ってもらい、スピーディーに現金化する方法を指しています。

「業者によっては即日で資金調達できる」「融資ではないので返済が不要」「融資を断られた会社でも利用できる」といった魅力がありますので、私の会社でもファクタリングは積極的に取り入れました。

日本中小企業金融サポート機構から提供されているファクタリングは、他のファクタリング会社と比べて手数料が低く設定されています。

つなぎ融資を検討している方や設備投資をする予定の方は、日本中小企業金融サポート機構で事業資金を調達してみてください。