眉下切開のメリットやデメリットは?
基礎知識をしっかり知っておこう

目元をすっきりさせたい人におすすめされている美容治療、それが眉下切開です。切開する治療法なのでしっかりと基礎知識を知っておきましょう。メリットやデメリットについて紹介するので、眉下切開を検討している人は参考にしてみてください。

眉下切開のメリットは?

こちらでは、眉下切開のメリットについて見ていきましょう。どのようなメリットがあるかを知ることで悩んでいる人は眉下切開をするか否か決断することができるかもしれません。

 ・ダウンタイムが少ない

眉下切開は上まぶたのたるみ取りと比較して、ダウンタイムが少ない傾向にあります。多少の晴れや痛み、赤みはありますが他の切開法と比較すると少ないと言ってもいいでしょう。

 ・肩こりなどの改善

必要以上に目元に力を入れている人も多く、そのことが原因で肩こりや頭痛に悩まされる人もいます。原因不明の肩こりなどに悩まされている人は、眉下切開をすることで悩みの肩こりなどから解放される人もいるようです。

 ・二重ラインの幅が広くなる

上まぶたがたるむことで、二重ラインが狭まっている人も眉下切開をすることによって幅広ラインに戻すことができるのです。

眉下切開のデメリット

眉下切開にはメリットも多いですが、デメリットもあります。こちらでは、どんなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・左右差が生じる

医師の技術力不足などによって、左右差が生じる場合もあります。技術不足だけではなく、人間は左右対称ではないのでどれだけ実績がある医師であっても完璧な左右差が生じないというのは難しいようです。

 ・傷跡が目立つこともある

施術の方法によっては傷跡が目立つこともあるようです。ただ、これに関しては実績豊富な医師に依頼することである程度リスクを減らすことができます。費用の安さに釣られず、しっかり信頼できるクリニック探しをしましょう。

 ・変化が見られない場合もある

眉下切開をしたからと言って、全員が劇的な変化があるわけではありません。中には施術をしてもあまり目立った変化がない場合もあるのです。事前にどのような変化があるかなどをチェックしておくようにしましょう。

美容クリニックの選び方

眉下切開に対応している美容クリニックは数多くあります。こちらでは、どのような選び方をすればいいのか見ていきましょう。

 ・カウンセリング

患者がどのような変化を求めているのかなど、しっかりとカウンセリングで聞きだしてくれる医師を探しましょう。カウンセリングで患者の意見を聞こうとしない医師は問題がいと考えてもいいでしょう。

 ・実績

眉下切開の実績がどれだけあるのか、という部分にも注目しましょう。眉下切開は感染や化膿リスクもあるので、実績や経験が豊富な医師が執刀してくれるクリニックを探しましょう。

 ・費用

眉下切開はクリニックによって費用の差があります。基本的に美容治療は自己負担となるので、しっかりと費用に関して説明をしてくれるクリニックを選びましょう。費用に関して質問する場合は、追加費用などないかなどもチェックしておかないとトラブルの原因になりかねません。

眉下切開の基礎知識とは?

こちらでは、眉下切開の基礎知識について見ていきましょう。どのような特徴があるのかを知ることで見えてくるものもあるのではないでしょうか。

 ・副作用

眉下切開のリスクには内出血や腫れなどがあります。基本的に酷い状態になる人は全体の2割程度と考えられているようです。ごく稀に一時的な知覚麻痺などを起こす場合もあります。副作用が生じても、一時的なものなので安心して下さい。

 ・目に対する影響が少ない

眉下切開は目から遠い部分の手術となるため、目に対する影響は少ない施術なのです。そのため、視界などに悪影響を及ぼすことはほとんどないと言われています。ただ、傷跡が目立つと大変な部位でもあるので注意しなければいけません。

 ・治療期間は短い?

基本的に眉下切開は30分程度で終わると言われています。しかし、時間をかけて行うクリニックが多いのはデリケートな部分だからこそ悪影響を残さないためでしょう。短い時間で終わる治療だからこそ、しっかりと影響がない治療をしてくれるクリニックを選びましょう。

眉下切開について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

眉下切開は目元にコンプレックスを持っている人におすすめの美容治療です。
目元をぱっちりさせたい人は、ぜひ眉下切開を検討しましょう。
ただし、メリットだけではなくデメリットがあることも覚えておいてください。
メリットだけを見ているとトラブルの原因になりかねません。
美容治療ということでどんな名医であっても失敗リスクがあることも覚えておくべきです。
それらを踏まえた上で、眉下切開をお願いしたい医師がいるクリニック探しをしましょう。