【添乗員付き】
アンコールワット旅行ツアーを解説
&最安値を比較!

添乗員付きのカンボジアinアンコールワット旅行ツアーを簡単に解説!
  • 海外旅行は初めてという方 
  • ご年配の方
  • 予算に限りがある方 
  • クメール語に自信がない方 
も、このサイトを見れば大丈夫!
アンコールワット旅行の基礎予算や日数別にツアープランを比較できる便利サイトまですべてご紹介します!

アンコールワット旅行の最安価格をラクラク比較♪
詳しくはコチラ≫

カンボジアのアンコールワットとは?

  アンコールワットとは、カンボジア北西部に位置するユネスコの世界遺産、アンコール遺跡の一つであり、その遺跡群を代表するヒンドゥー教寺院建築のことを指します。
サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味します。大伽藍と美しい彫刻を特徴としたクメール建築の傑作とされ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれています。

アンコールワットは、12世紀前半にアンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、ヒンドゥー教の寺院として30年を超える歳月を費やし建立されました。
1431年頃にアンコールが放棄されプノンペンに王都が遷ると、一時は忘れ去られますが再発見され、アンチェン1世が1546年から1564年の間に、未完成であった第一回廊北面とその付近に彫刻を施しました。
さらに、その孫のソター王は仏教寺院へと改修し、本堂に安置されていたヴィシュヌ神を四体の仏像に置き換えたと言われています。

1992年にアンコール遺跡として世界遺産に登録されて以降、一度は訪れてみたい観光スポットとして、世界中からたくさんの観光客が訪れています。

日本からは、成田空港を出発して全日空の直行便を利用するとカンボジアの首都プノンペン国際空港へ約6時間20分で行くことができます。
比較的短い日程で旅行できますので、初めての海外旅行先としても人気があります。
また、ベトナムの都市と組み合わせた周遊旅行も企画されており、阪急交通社では、ホーチミンと組み合わせたベトナム航空便利用の5日間のプランが人気です。
 
添乗員付きのアンコールワット旅行にかかる金額は、朝食付き・燃油サーチャージ代込みで、5日間、約80,000円~110,000円が目安金額です。
(シーズンや燃油価格の変動によって、最大金額が変わる場合もあります)

東京発(羽田発・成田発)・中部国際空港発・関西発・名古屋発・福岡空港発…
など、各地の航空会社を利用した様々なツアープランが各旅行会社から提供されています。

また、利用航空会社によっては、追加運賃の支払いで、エコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードすることもできます。
追加料金の支払い先は航空会社ではなく旅行会社であることが多いため、ビジネスクラスを希望する場合は、念のため利用会社に連絡を行いましょう。

アンコールワット観光スポット

・アンコールワット
東西1.4km、南北1.3kmの寺院を囲む濠と参道、3つの回廊、5基の塔からなっています。
第一回廊には、東西南北の各面に特徴的なレリーフがあり、ヒンドゥー教の天地創造の神話を描いた「乳海攪拌」、古代インドの叙事詩「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」、天国と地獄とその裁定の3層に分けて描かれた「天国と地獄」、ヒンドゥー教のヴィシュヌ神の化身であるクリシュナの戦いを描いたものを見ることができます。

第三回廊は「神々の住む場所」と言われ、アンコールワットの中で最も神聖な場所とされているメインスポットです。1辺約60メートル四方の回廊で、急な階段があります。外側には女神の浮き彫りが多数あります。

このアンコールワットは、朝日鑑賞としても大変有名なスポットですので、現地に行った際には、少し早起きをして出かけるのがおすすめです。
1年に2回、春分・秋分に当たる日は、アンコールワット中央の塔から真っ直ぐ上がる日の出が鑑賞できます。

また、天気が良ければ1年を通して、アンコールワット手前の池にアンコールワットの影が映し出される「逆さアンコールワット」を見ることができます。
この池の前は写真スポットでもあるので、早めに行ってベストポジションを探しましょう。

・アンコールトム
クメール王朝最盛期の12~13世紀にかけて、ジャヤヴァルマン7世によって構築された、クメール語で「大きな都市」を意味する都市跡です。
アンコールワットの北に位置し、3km四方もの広さのある内部には王宮や寺院など80を越える遺跡があります。

・シェムリアップ
カンボジア北西部のリゾート地で、アンコール遺跡を訪れる際の拠点です。ここにあるトンレサップ湖は、カンボジアの中心に位置する東南アジア最大の湖です。
人々は湖の上で水上生活を送っており、トンレサップ湖クルーズではその暮らしぶりを垣間見ることができます。

また、この街のオールドマーケットでは、日用雑貨やお菓子、調味料、生鮮食品など品揃えが豊富な外国人観光客にも人気の市場です。買い物をする際は、ぜひ値切り交渉をしてみましょう。

・プノンペン
カンボジアの首都で、メコン川とトンレサップ川の合流点に位置しています。クメール帝国時代、フランス植民地時代のいずれにおいても中心地になっていました。

この街にあるトゥールスレン博物館は、ポルポト政権下で行われたカンボジア国民に対する拷問と虐殺の狂気を今に伝える博物館です。
思わず目を覆いたくなるような拷問器具や軟禁部屋等が生々しく展示されており、カンボジアの負の歴史をダイレクトに伝えてくれる場所です。

また、有名な王宮は、プノンペンの中心部のトレンサップ川沿いの交通の要衝に位置し、現在の国王陛下の住まいでもあり、執務も行われている王宮の一部が観光客に開放され見学できるようになっています。


アンコールワット観光スポットをもっと見る≫

人気のカンボジアグルメ

カンボジアに滞在中、観光の際や滞在ホテルなどで必ず食べたい人気グルメをご紹介します!

・プラホック
カンボジアの塩辛で、生の魚を塩漬けにして3年ほど発酵させペースト状にしたものです。
カンボジア料理にはかかせない調味料で、そのまま野菜につけて食べるときもあります。カンボジアに行くと至る所でこの匂いがするほど一般的に浸透しており、日本でいう醤油やお味噌のような感覚で使用されます。
匂いは強いですが、塩味が効き、料理に旨味を加えてくれます。

・アモック
淡水魚や鶏肉、卵、野菜、香辛料、ココナッツミルクなどを混ぜて蒸したもので、ごはんを添えて食べる甘めのココナッツカレーのような料理です。
ココナッツの葉っぱをお皿にして出されることが多いので、見た目の雰囲気も楽しめます。

・ノムバンチョク
日本の素麺に似た麺で、カンボジアで主流の麺は、タイやベトナムと同じく米麺です。この麺にはスープをつけて食べますが、緑のスープ、赤のスープの2種類が一般的です。

緑のスープの主な材料は、魚をベースにして、みかんの皮、こぶみかんの葉、干しエビ、レモングラス、ターメリック、パプリカパウダーです。
タイ料理のつけ麺「カノムチーン・ナムヤー」にも似ていて、アンコール遺跡周辺でよく食べられる料理です。

赤いスープの方は、ソムロカリーという鶏肉やサツマイモ、タマネギ、タケノコが入った赤いココナッツカレーのような雰囲気です。
どちらも一度口にしたらやみつきになってしまう麺料理ですよ。

・クイティウ
こちらもカンボジアの代表的な米麺で、屋台や食堂、フードコート、レストラン等どこでも食べることができ、一食の量も少なめなので、軽食におすすめです。
具材にはたくさんの肉や野菜が使われ、スープは豚骨ベース。塩味が効いたさっぱりとした味わいで、アクセントとして串切りのライムが添えられていることもあります。

他にもお好みで、カンボジアの魚醤であるトゥック・トレイや唐辛子系、チリソース、醤油などを入れます。
米麺とダシがきいたスープの相性は抜群で、朝ごはんによく登場するなど、毎日食べても飽きない優しい味です。

・サムロ・コァコー
「サムロ」とはスープ料理のことを意味し、サムロ・コァコーは、魚、豚肉、野菜と具沢山のボリュームのあるスープです。
カンボジアではこのスープと一緒にご飯を食べるのが定番です。

また、サムロ・カリーというカレー味のものもあります。サムロ・コァコーにも、カンボジア料理で多用するプラホックが入っていることが多いですが、サムロ・カリーには入っていないので、こちらの方が万人受けする味かもしれませんね。

人気のカンボジアグルメをもっと見る≫

添乗員付きアンコールワット旅行ツアーの口コミまとめ

初めての海外旅行。
添乗員さんのお陰で安心して楽しめました

私も妻も気が付けば還暦。「長年支えてくれてありがとう」と妻に感謝の意を込めて、海外旅行をプレゼントしました。初めての海外旅行に選んだ場所はアンコールワット。クメール語はしゃべれないのでガイドさんと添乗員さんが付いたツアーを選びました。
旅行前は、楽しみという気持ちの反面「言葉の問題」を考えると、不安も大きかったのですが。
いざカンボジアにつくと、美味しい食事やきれいな景色、日本では味わえない異国の様々な魅力に圧倒されました。初めての海外旅行がアンコールワットで、本当によかったと妻も私も感激。
また「言葉の問題」ですが、買い物などの際は、ガイドさんがクメール語を英語に、添乗員さんが英語を日本語に通訳してくれたおかげで滞りなく楽しむことができました。
娘夫婦や孫へのお土産を一緒に考えてくれた添乗員さんには頭が下がりません。楽しい旅行を、ありがとうございました。叶うなら次回も是非、同じ添乗員さんにお願いしたいです。
(栃木/60代/男性)※画像はイメージです

笑顔の絶えない5日間でした

息子が8歳、娘も5歳になったので、そろそろいいかな?と思って念願の海外旅行にアンコールワットを選びました。本当は新婚旅行で海外へ行こうと思っていたのですが、子供にも外国の景色を見せたい!と思って、ずっと楽しみにしていました。
私が参加したツアーは、プノンペン, シェムリアップを5日間で旅するツアーでした。
添乗員さんが同行してくれるツアーなので、ガイドさんの英語の通訳はもちろん、「ありがとう」や「こんにちは」などの簡単なクメール語も教えてくださいました。そ
のお陰で、息子も娘も初めてカンボジアの人とコミュニケーションを交わせたときは本当にうれしそうで、私も旦那もすごく感動しました。
子供を連れて海外旅行、大変そうなイメージですが、本当に楽しかったです。
家族で共有する素敵な思い出がまた一つ増えて、本当に良かったです。日本に帰ってきてから、旦那は「次どこ行く?」ばっかり言っています。笑
早ければ来年にでも、今度は別の国へ家族旅行に行きたいと思います!
(静岡/30代/女性)※画像はイメージです

一生忘れられない思い出ができました

彼女と付き合って5年目、プロポーズもしたいし、思い出に残るところに行きたい!…ということで、海外旅行が趣味な友達がすすめてくれたアンコールワットへ行きました。
アンコールワットに行く前、彼女は「治安が不安」「言葉通じる?」と不安がっていたので、添乗員つきのツアーを申し込みました。
実際アンコールワットに行くと、安全なコースを回ってくれたお陰か治安の悪さも感じなかったし、英語で話すガイドの言葉を翻訳してくれたので、安心して旅行を楽しめました。
あと、彼女はカンボジア系の雑貨が好きなので、添乗員の人におすすめのお土産屋さんとか教えててもらって、自分よりアンコールワット旅行を満喫してると思いました。

プロポーズですが、行きの飛行機の持ち物検査で指輪が彼女に気づかれないかヒヤヒヤしたけど、無事に成功しました!
添乗員の人にこっそり聞いたら、カンボジアの夜景が一番お勧めらしいので、夜景を眺めながらプロポーズしました。一生忘れられません!
食べ物も空気も美味しかったし、カンボジアの人もみんな優しかったので、絶対にまた行きたいです。
(東京/20代/男性)※画像はイメージです

アンコールワット旅行ツアーの感想で多かったものは…

添乗員付きのアンコールワット旅行ツアーに参加された方にアンケートを行ったところ、感想として多かったのは以下の通りでした。

1.添乗員付きだから安心感があった
  • 初めて海外旅行に行かれた方に多い感想でした。
  • 安全なコースをまわってくれた
  • 出発から到着まで一緒なので、心強かった
  • ツアーに関する質問にやさしく答えてくれた
  • 現地に詳しい人がいるのは心強かった
などの声が寄せられています。

2.添乗員の下調べや申し込みのお陰でスムーズな行動ができた
添乗員とは現地を案内してくれる「ガイド」とは違い、ツアー客の旅程管理を行う人です。そのため、
添乗員さんが美術館に予約してスムーズに手続きしてくれたおかげで、ゆっくり観光することができた
海外の土産物屋はぼったくりが心配だったけど、添乗員さんがしっかり調べてくれたおかげで気兼ねなくショッピングを楽しめた
お店の営業時間までしっかり把握してくれて、安心できた
という声が多かったです。

3.言葉の不安がなくなった
現地ガイドの中では、日本語ではなく英語のみでガイドを行う方もいます。
そこで、「英語が不安」という方に、日本語と英語の通訳をしてくれる添乗員さんも多いです。
また、現地の基本的な挨拶を教えてくれる添乗員さんもいます。
買い物中値段がわからないとき、添乗員さんが英語でお店の人に聞いてくれた
ガイドさんの英語が聞き取れないとき、日本語でやさしく通訳をしてくれて安心できた
子供に簡単な挨拶を教えてくれた
などの声が寄せられています。

口コミから、添乗員さんのお陰で円滑にアンコールワット旅行を楽しめた様子が分かりますね。

添乗員付きのアンコールワットツアープランを一括比較してみる≫

添乗員付きアンコールワット旅行ツアーを最安価格で予約する裏技!

数ある旅行サイトの中から、最も自分に合った旅行プランを探すのは非常に困難…。
そういった方のために、様々な旅行サイトの添乗員付きツアープランを一括で比較できる、便利でお得なサイトをご紹介いたします!

ポイント1:添乗員付きのツアーに特化!

ほかの海外旅行サイトは、「添乗員付き」といっても、結局は添乗員付きとそうでないツアーをごちゃ混ぜに紹介してくることも多々…。
しかし、「テンツキ」は添乗員付きツアーに特化したサイトなので、紹介しているのは添乗員付きのツアーだけ!
安心して添乗員付きの海外旅行を探すことができます!

ポイント2:各社のアンコールワット旅行ツアーを一括比較!

海外旅行サイトは多数あって、自分の予算や希望に沿ったツアーを選ぶのは大変。
そこで、添乗員付きツアーの専門サイト「テンツキ旅行」でアンコールワット旅行を検索すれば、様々な旅行会社のアンコールワット旅行ツアープランを一括で比較することができます!

ポイント3:サイトが見やすくて分かりやすい!検索も簡単♪

添乗員付きツアーの専門サイト「テンツキ旅行」は、
  • 行きたい方面
  • 予算・日程
  • フリーワード
の3つから添乗員付き旅行プランを簡単検索!
画面が見やすくてインターネットが苦手な方でも大丈夫。
海外旅行初心者の方にも、わかりやすいサイトになっています!

「行きたい」がきっと見つかる。まずはお気軽に検索から♪
テンツキ旅行というサイトでは、
コストパフォーマンスの優れた格安ツアープランから、
少人数でゆったりと旅ができる快適な旅のプランまで、
様々な添乗員同行の旅行プランを比較することができました!
まずはお気軽に、行き先や予算に合わせたツアープランの検索をはいかがでしょうか?
※管理人も使用しましたが、サイトに利用料はかかりません。
※旅行プランの検索に個人情報の入力は必要ございません。