ロレックスの魅力や
オーバーホールの必要性

高級時計と聞けば、多くの人が「ロレックス」の名前を挙げるのではないでしょうか。今回は多くの人が惹かれてやまないロレックスの魅力とオーバーホールの必要性について紹介していきましょう。おすすめのオーバーホール業者も紹介するので探している人は参考にしてみてください。

ロレックスの魅力

こちらでは、ロレックスの魅力について見ていきましょう。どのような魅力があるか知ることで多くの人が惹かれる理由も分かるのではないでしょうか。

 ・完成度が高い

ロレックスは高級時計の定番ですが、ただ「高級」なだけではありません。高い完成度を誇り、実用性に富んでいるので高級時計ですが長く愛用できる特徴があります。

 ・シンプルで精悍なデザイン

高級なものと言えば、比較的派手な印象がありますがロレックスは「シンプル」に統一されています。現在も続く多くのモデルは50年以上の長い歴史を持つデザインばかりです。デザインが大きく変わらないにも関わらず多くの人から注目されているのです。

 ・さまざまなシーンで活用できる

ロレックスは先述したようにシンプルなデザインばかりです。そのため、ビジネスでもプライベートでも使うシーンを限定させません。どんな時でも合う特徴があるので、シーンに合わせて時計を変える必要もないのです。

オーバーホールの必要性とは?

ロレックスなど高級時計は一定期間でオーバーホールに出さないといけません。こちらでは、オーバーホールの必要性について見ていきましょう。

 ・長く使うために必要

時計は約300個の部品から成り立っていると言われています。そのため、些細な異変が時計自体に大きな影響を与えかねないのです。定期的なオーバーホールをすることで、長く愛用できるようになります。

 ・トラブル防止のため

油が劣化したり、金属カスが発生した状態で使い続けると部品の摩耗や消耗に繋がります。車もオイル交換などをしないといけませんよね? 時計も同じことだと考えましょう。

 ・オーバーホールのタイミング

基本的に時計メーカーによってオーバーホールのタイミングは異なってきます。一般的には5年前後と言われていますが、長く使い続けたい、大切にしたいというのであれば3年に1度はオーバーホールに出しておきたいところです。

オーバーホールに出す前に確認しておきたいこと

こちらでは、オーバーホールに出す前に確認すべきことについて見ていきましょう。確認しておかないとオーバーホールを受けつけてもらえない場合があるので注意してください。

 ・正規品であるか

ブランドアイテムなどもスーパーコピーなどがあります。ロレックスのスーパーコピー品もあるので注意してください。特に海外で正規店以外で購入した場合は外観が同じように見えても内部がまったく違うこともあるので注意してください。

 ・正規店以外にオーバーホールを出したか?

すべてのオーバーホール業者ではありませんが、正規店以外でオーバーホールをすると了解なしに非純正のパーツに変えられていることもあります。基本的にロレックスは正規品のみが対象なので非正規のパーツが含まれているとオーバーホールを受けられません。

 ・製造から35年以上経っている

ロレックスは過去30年分の部品を用意していますが、35年以降になると部品の製造中止などによってオーバーホールを受けられない場合もあるのです。

おすすめのロレックスオーバーホール業者とは?

こちらではおすすめのオーバーホール業者について紹介していきましょう。オーバーホールを検討している人は、ぜひ参考のひとつにしてみてください。

 ・カナルクラブ

業界最安値のオーバーホールを誇る業者です。ロレックス修理専門店なので安心して任せることができます。オプションサービスなども充実しています。創業40年以上の実績があるので、さまざまなロレックスに対応してくれると期待されているのです。

 ・タムタイム

40年の実績と経験、信頼でオーバーホールをしてくれる業者です。熟練の技術者が多くいるので、さまざまなメーカーのオーバーホールに対応しています。

 ・大樹

一級時計技能士が揃う修理工房であり、複雑機構のアンティーク時計や現行モデルなども対応しています。オーバーホールのクオリティの高さに定評があり、実際に依頼した人からの口コミ評価も高い特徴を持っています。

ロレックスのオーバーホールについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

高級時計の代名詞でもあるロレックスは多くの人に愛されている時計です。
しかし、メンテナンスをしないままだと故障する可能性も高いので注意しなければいけません。
高級時計だからこそ定期的にオーバーホールに出して長く活用できるようにしましょう。
ロレックスは価値が下がりにくいことから資産として所持している人も多数存在します。