動画配信システムの選び方を解説

現在では誰もがインターネットを利用する時代です。誰もが当たり前のようにネットを利用する時代だからこそ、多くの企業もビジネスにインターネットを利用しています。ネットで動画を配信してビジネスに活かしたいと考える企業も少なくありませんが、おすすめなのは動画配信システムの利用です。ここでは、動画配信システムの選び方をまとめてみました。

目的をはっきりさせる

インターネット上にはいくつもの動画配信サイトがあり、アカウントさえあれば誰でも動画を配信できます。しかし、動画をビジネスに活かそうと考えているのなら、効率よく配信ができる動画配信システムを利用するのが一般的です。
 
選ぶときのポイントはいくつも挙げられますが、一つには目的を明確にすることが挙げられます。まず第一に考えるのは、何のために動画を配信するのか、ということ。これが明確でないと、どのようなシステムを選べばいいのかも分かりません。動画配信システムと一口にいってもいろいろなシステムがあり、機能やできることも違ってきます。
 
どのような動画を配信したいのか、それは何のためなのか、ということをまずは考えてみましょう。それが明確になれば、どのシステムを選べばいいのかが自然と見えてきます。また、導入にかかるコストもだいたいどれくらいか分かるでしょう。目的が明確になったら、気になっているシステムで確実に配信ができるかどうかをチェックしてください。

セキュリティの確認

企業がビジネスとして動画配信をするのなら、セキュリティについても考えなくてはなりません。特に、情報の漏洩はもっとも危惧すべきことであり、何としても防がなくてはならないのです。
 
セキュリティレベルの低い動画配信システムを選んでしまうと、重要な情報が外部に漏れてしまう恐れがあります。会社の機密情報はもちろん、顧客情報など個人情報が漏洩してしまうと、企業として大きなダメージを受けることになるでしょう。顧客や取引先からの信頼も失ってしまい、今後事業を継続することが難しくなるかもしれません。
 
こうしたリスクを回避するためにも、セキュリティのしっかりしたシステムを選ぶ必要があります。ストリーミング形式で配信できるシステムだと、視聴した人の端末にデータを残さないため安心といえるでしょう。また、暗号化などの技術を採用したシステムなら比較的安心といえます。セキュリティに自信のあるシステムなら、そのことをアピールしているので、導入前にきちんとチェックしておく必要があります。
 

分かりやすいかどうか

動画配信システムを選ぶときのポイントとして、分かりやすさが挙げられます。サービスの内容はもちろん、どのようなことができるのか、どんな機能が備わっているのか分かりやすいところを選びましょう。
 
サービスの公式ホームページを見ても今一つよく分からない、といったケースだと、いざ導入してもシステムを活用できない可能性があります。ホームページをチェックし、サービスが明確になっているか、分かりやすく説明されているかどうかも重要なチェックポイントになるでしょう。
 
もし、公式ホームページでの説明が分かりにくい、または不親切だった場合、問い合わせをしたときも不安な対応になる可能性があります。逆に、分かりやすく説明してくれているホームページだと、サポート体制もしっかりしていると判断できます。
 
ユーザーに対して不親切さが浮き彫りになっている業者だと、サポート体制も不安です。きちんとサポートしてくれない、不具合に対応してくれないといった事態に遭遇する可能性もあるでしょう。注意が必要です。

無料のシステムはありか

インターネット上には、たくさんの動画投稿サイトがあります。これらのサイトは、アカウントさえ取得すれば誰もが利用でき、しかも無料というメリットがあります。では、企業がこうした無料の動画配信サービスを利用するのはどうなのでしょうか。
 
実際のところ、企業や団体が無料の動画配信サイトを利用しているケースは少なくありません。うまくプロモーションやマーケティングに利用できているところもあります。ただ、これらの配信サイトの多くはセキュリティにそこまで力を入れていないことが多く、どうしても不安が残る一面があります。
 
また、IDの管理などが行えないことがほとんどなので、ビジネスとして利用するにはさまざまな不安がつきまとうのは事実といえるでしょう。ビジネスで利用することを考えると、信用が第一です。セキュリティレベルの劣る無料の配信サイトを利用し、それで信頼を失墜させてしまっては本末転倒でしょう。

まとめ

動画配信システムをうまく活用できれば、新たなマーケティングも可能になるでしょう。今まで以上に売上を伸ばし、ファンをたくさん作ることも不可能ではありません。費用はもちろんですが、機能やセキュリティなどもチェックした上で、自社に最適な動画配信システムを導入してみましょう。