もう太りたくない!
今年こそ
健康でキレイを手に入れる

LINE登録で分かること

  • 身体の中から変えるダイエットとは?
  • 姿勢・筋肉・内臓を整えるダイエットとは?
  • 自律神経を整えるダイエットとは?
  • 若返る!健康になる!
    ダイエットとは?
  • 何故このダイエットは
    リバンドし難いのか?
  • 若返る!健康になる!
    ダイエットとは?

貴方が毎年
正月太りを繰り返す
本当の理由

本当に怖いのは正月休みの後
 お正月、食生活が乱れてしまうのはどうしても避けられない。これは仕方のない事かもしれません。
ご馳走を食べては寝て~
おやつを食べてはゴロゴロして~
の繰り返しは幸せですよね。これでは太るのも当たり前ですよね。でも、正月太りの本当の怖さはその後なんです。
 少しの間暴飲暴食をしても直ぐに普段の生活に戻すとリカバリーできますが、それを失敗してしまうと本当の正月太りが待っています!
過食が脳を麻痺させて肥満へ!
 お正月の食生活の乱れのリカバリーを怠ってしまうと脳の働きが鈍感になってしまいます。
 年末年始にたくさん食べた肉類、お酒、糖質が体内で「炎症反応」を起こします。中でも真っ先に炎症が起こるのは満腹と空腹をコントロールしている脳の視床下部と言う場所です。
過食癖が止まらないのは何故?
レプチン抵抗性
インスリン抵抗性
視床下部で炎症が起こるとレプチン抵抗性とインスリン抵抗性が起こり太りやすい体質を作ってしまいます。

 
≪レプチン抵抗性≫
 レプチン抵抗性とはレプチンが効きにくい状態のこと。脂肪が溜り過ぎると脂肪細胞からレプチンが分泌されてそれ以上食べ過ぎないように満腹を促します。
 レプチンが効きにくいということは空腹感を感じやすく食欲が増し肥満へ進むことになります。

≪インスリン抵抗性≫
 インスリン抵抗性とは上記同様インスリンが効きにくい状態の事です。インスリンは膵臓から分泌されるホルモンで、血糖値を下げる働きをします。また、レプチンと同様に摂食を抑える働きもあるのでインスリンが効きにくいと食べ過ぎてしまいます。
過食が脳を麻痺させて肥満へ!
 お正月の食生活の乱れのリカバリーを怠ってしまうと脳の働きが鈍感になってしまいます。
 年末年始にたくさん食べた肉類、お酒、糖質が体内で「炎症反応」を起こします。中でも真っ先に炎症が起こるのは満腹と空腹をコントロールしている脳の視床下部と言う場所です。

あなたは年を取るごとに
痩せにくい体質
を作っています

キーワードは『炎症』

「昔より体重が減らなくなった」
「若い時はすぐに体重が落ちたのに」
こんな言葉をよく聞きます。実際にそう感じる方が多いと思います。アラフォー世代を過ぎると特にそう感じるのではないでしょうか?
 確かに年齢と共に代謝が下がり痩せ難くなっているのも事実です。でも諦めてはいけません。
「諦めたら、そこで試合終了ですよ」
諦めないで欲しいのです。

年齢を重ねて身体が『老化』して痩せにくいなら
若返ればいいんです! 

そこでよく聞くワードが『酸化』『糖化』『炎症』です!簡単に説明すると『酸化』と『糖化』が体の『炎症』を起こし、細胞を『老化』させる訳です。これが老化の簡単なメカニズムです。
 最近では体内の『炎症』が様々病気の原因と考えられいます。私たちの考える最高のダイエットは若返りながら健康でキレイで幸せになるダイエットです。

酸化糖化炎症を起こす
炎症が細胞の老化を加速!

老化予防
若返りながら

ダイエット

炎症度チェック

  • 魚より肉が好き
  • 揚げ物をよく食べる
  • スナック菓子が好き
  • 甘い物が好き
  • 間食が多い
  • 野菜が少ない食生活
  • 運動不足
  • 座りっぱなしの仕事
  • タバコを吸う
  • ストレスが多い
  • 肩こり・頭痛がある
  • アレルギーがある
  • 便秘がある
  • 体脂肪が高い
  • 皮膚トラブルがある
    (シミ・シワなども)
  • 疲れやすい
  • 歯周病がある
  • 0個・・・・・問題なし
    1~6個・・・このままだと問題
    7個以上・・・注意が必要!
  • 甘い物が好き

今までのダイエットは
炎症を考えていなかった!

私たちの提案する
若返り

ダイエットとは?

若返りダイエット法(その①)
最も炎症しやすい臓器
『腸』を整える!
 あらゆる臓器の中で最も炎症しやすいのは『腸』です。腸は食べたものが集まってくると同時に、それに含まれる有害物質や毒素も集まってきます。胃の働きが悪く十分に消化されなかった食べ物が腸に送られると、腸内細菌のバランスが崩れ腸内環境が悪くなり炎症を引き起こします。
 さらに、過食や睡眠不足などの生活習慣の乱れ、ストレスによる酸化も腸の環境を悪化させ腸の炎症を引き起こします。
≪排泄できない体は変わらない≫
 腸内環境の悪化は体の排泄機能を低下させてしまうのでいくら健康的な食事をしても効果が出ません。しっかり排泄するから良い栄養が体に入ります。
 腸の炎症を抑えることはダイエットを成功させるばかりか病気をしない体作りにも大切な事です。私たちの提案するダイエットは、腸内環境を整えることをします。

≪腸内環境が乱れると≫
・便秘や下痢の症状がある
・お肌のトラブルがある
・肩こり、腰痛などを感じる
・冷え性
・ポッコリお腹
若返りダイエット法(その②)
身体は毎日酸化していく
酸化を少しでも遅らせる!
身体を老けさせる代表と言えば『酸化』ですよね。聞いたことがある方も多いと思います。アンチエイジングに抗酸化がとても大事です。
≪酸化とは? 酸化=錆び≫
 酸化とは、物質と酸素が結合する化学反応です。例えばリンゴの皮をむいて時間が経つと茶色く変色したり、鉄が錆びたりするのが酸化です。私達の身体も酸化をして細胞が変化し老化していくんです。
≪免疫としての酸化≫
 酸化が全て悪いわけではありません。呼吸で取り入れた酸素は「活性酸素」に変わり免疫として働く大切なものでもあります。ただ、ある一定量は必要ですが増え過ぎてしまうと体内の細胞にダメージを与えてしまいます。
≪酸化と抗酸化のバランス≫
 私達はこの活性酸素を抑える力「抗酸化力」を持っています。この「抗酸化力」のおかげで過剰に増え過ぎた「活性酸素」を取り除いて細胞をダメージから守ることができます。
≪現代の生活では酸化ストレスが多過ぎる≫ 
 しかし、現代の生活環境では「抗酸化力」を「酸化」が上回っていることが多いと思います。そうすると体のあちこちで「活性酸素」によるダメージを受けるようになります。これを酸化ストレスと呼びます。酸化ストレスは細胞の『炎症』を起こす原因になりますから若返りダイエットを成功させるために抗酸化力を高めることは大切な事の1つです。
≪身体を参加させる原因≫
・ストレス
・紫外線
・食品に含ませる炭化物や化学薬品
・スマホやパソコンの電磁波
・睡眠不足
・タバコ
・激しすぎる運動
若返りダイエット法(その③)
酸化より怖い糖化
糖化しないための食事法!
身体を老化させるものと言ったら真っ先に思い浮かぶのは先述した『酸化』でした。それが近年、『酸化』と同時に起こり、その『酸化』より怖いと言われるのが『糖化』です。
≪糖化とは? 糖化=コゲ≫
 『糖化』とは糖がタンパク質と結合して変性し「AGE」という老化物質を生むことです。私達が『糖化』してしまう原因は糖の過剰摂取です。余分な糖が体内でタンパク質と結合して体温によって熱が加わることで『糖化』が起こり体内に「AGE」が増えてしまいます。この「AGE」こそが体に炎症を引き起こし老化の元凶となります。
≪食べ物のも含まれるAGE≫
 「AGE」は毎日少しずつ体内で作られていきますが、実は食事にも含まれています。食べる物や調理の仕方、食べ合わせなどにより「AGE」の量は大きく変わります。若返りダイエットの食事法は「AGE」の摂取を考えて行います。
≪体に蓄積されるAGEを減らす≫
 体に蓄積されるとなかなか処理できないのが「AGE」です。蓄積された「AGE」が体にダメージを与えますから蓄積させないことも若返りダイエットの重要な考え方です。 
 まず、内臓がしっかり機能していること、特に腎臓の機能がしっかりしている人は「AGE」のほとんどが尿で排出されます。
 次に筋肉です。筋肉は運動習慣のない人は減ってしまいます。筋肉が減ると糖を処理できないので血液中に糖が増えて『糖化』の原因になります。筋肉量を増やして血液中の糖の処理能力を上げましょう!
 そして食事です。完璧にする必要はありません。ただ知っているのと知らないのでは大きい差があります。
若返りダイエット法(その④)
自律神経を整える
だからリバウンドしにくい!

自律神経とは人が意図せずの動いている活動を支配している神経です。
例えば消化活動・・・「今から消化しよう」と自分でコントロールしているか? 
例えば血流・・・「今から血流を増やそう」と自分でコントロールしているか?
していませんよね? 自分が意図していなくても自律神経がコントロールしてくれています。
≪自律神経が乱れると≫
 現代の生活リズムやストレス社会と言われる現状からほとんどの人が多かれ少なかれ自律神経が乱れていると言っても過言ではありません。内臓や血流、ホルモンの分泌などをコントロールしている自律神経が乱れると身体の様々な機能が低下してしまい、体調不良や痩せにくい体質を作ってします要因になります。
≪交感神経と副交感神経≫
 自律神経にはアクセルのような働きの交感神経とブレーキのような働きの副交感神経があります。この2つの神経のバランスが大切です。
 例えば、交感神経ばかりが働くと、胃腸の調子を崩しやすくなったり、血行が悪くなりむくみやすくなったりします。副交感神経が優位になりすぎると食欲が抑えられなかったりします。
 若返りダイエットは自律神経のバランスを整える事で痩せやすくリバウンドし難い身体を作ります。
若返りダイエット法(その⑤)
リバウンドが生む根拠のない
思い込みが失敗を繰り返す
リバウンドはメンタルにも悪影響を及ぼします!
「七転び八起」という言葉があります。何度失敗しても諦めない。。。諦めずに何度でもチャレンジする精神ですが、ダイエットではおススメしません。
なぜか・・・?
ダイエットはリバウンドするたびに痩せにくくなります。
そうすると、頑張ってダイエットしても痩せられないという体質だけでなく、メンタルが出来上がります。
「年を取ったから痩せにくくなった」
「水を飲んだだけでも太る~」
「体質だからしかたない」
こんな風に・・・。
 こうなると太っている自分を、ダイエットが続かない自分を無意識に正当化しようとしてしまいます。このメンタルから脱することがダイエットを成功させるために必要になります。
     ≪なぜ思い込みが通られるのか?≫
 何度もダイエットに失敗してきた経験があると少し痩せただけではメンタルを変える事ができません。
 例えば過去にウォーキングをして少し痩せたけど・・
リバウンドしてしまったのでウォーキングでは痩せないという決めつけが生まれます。リバウンドしたのはウォーキングが悪いわけでは無いのに・・・。
 また、強制的に辛い運動をしたり、無理やり食事制限をしたりしては「成功」を実感できません。強制的なダイエットでは成功した後のリバウンドが、更に【根拠のない思い込み】を深く印象付けてしまいます。
        ≪思い込みを外す≫
 先ずはしっかりとした計画で痩せること、成功体験を繰り返すことです。
「だから痩せたんだ!」
「これならリバウンドしない!」
と理解することです。そうすることで、もし暴飲暴食をしてしまっても自分でリセットすることができます。
もしくはリセットできる体質になります。
若返りダイエット法(その②)
身体は毎日酸化していく
酸化を少しでも遅らせる!
身体を老けさせる代表と言えば『酸化』ですよね。聞いたことがある方も多いと思います。アンチエイジングに抗酸化がとても大事です。
≪酸化とは? 酸化=錆び≫
 酸化とは、物質と酸素が結合する化学反応です。例えばリンゴの皮をむいて時間が経つと茶色く変色したり、鉄が錆びたりするのが酸化です。私達の身体も酸化をして細胞が変化し老化していくんです。
≪免疫としての酸化≫
 酸化が全て悪いわけではありません。呼吸で取り入れた酸素は「活性酸素」に変わり免疫として働く大切なものでもあります。ただ、ある一定量は必要ですが増え過ぎてしまうと体内の細胞にダメージを与えてしまいます。
≪酸化と抗酸化のバランス≫
 私達はこの活性酸素を抑える力「抗酸化力」を持っています。この「抗酸化力」のおかげで過剰に増え過ぎた「活性酸素」を取り除いて細胞をダメージから守ることができます。
≪現代の生活では酸化ストレスが多過ぎる≫ 
 しかし、現代の生活環境では「抗酸化力」を「酸化」が上回っていることが多いと思います。そうすると体のあちこちで「活性酸素」によるダメージを受けるようになります。これを酸化ストレスと呼びます。酸化ストレスは細胞の『炎症』を起こす原因になりますから若返りダイエットを成功させるために抗酸化力を高めることは大切な事の1つです。
≪身体を参加させる原因≫
・ストレス
・紫外線
・食品に含ませる炭化物や化学薬品
・スマホやパソコンの電磁波
・睡眠不足
・タバコ
・激しすぎる運動
実践
1
カウンセリング
 お客様一人ひとりの特徴の把握をします。
問診、測定、体調を確認しダイエット計画を立てます。成功イメージを持てるように目標設定も行います。
実践
2週間の食事指導
 2週間は食事管理により目標減量体重の半分を目指します。
≪2週間の食事指導の目的≫
・腸内環境の改善
・舌の油抜き
・成功体験によりメンタルを変える
実践
身体の機能を高める
 整体により身体の機能を高めます。日々のストレスや疲労から来る身体の不調を取り除きます。
≪整体の必要性≫
・内臓機能の改善
・酸化・糖化に負けなし体の機能作り
・姿勢の改善
・筋肉の活性
実践
自律神経を整える
整体と共にTRXトレーニングにより背骨に関わる筋肉や頭蓋骨を整えることで自律神経を整えます。自律神経が整うことで体の機能が上がり体質改善やメンタルの改善にも効果が期待できます。
実践
3ヶ月で体質を定着
2週間の食事指導や自律神経を整えるトレーニングにより得た結果は、一時的なもの・・・
本当の体質として定着させるために今度はゆっくりしっかり体を変えて行きます。
 2週間の頑張りはメンタルを変えます。自信がつきます。痩るイメージができます。リバウンドしない体作りの土台ができます。
実践
筋肉をつけて仕上げ
筋肉は年と共に減ってしまいます。
《筋肉量=若さ》と考えましょう。
筋肉は血流や脂肪燃焼に大きく関わります。このこともとても大切です。もう一つ筋肉の大切な役割として『保水力』があります。
 これは意外と知られていない事です。赤ちゃんの時身体の水分量は70~80%。これが年を取ると最終的に50%まで減ります。この水分を保水するのが筋肉の働きです。
《筋肉量=保水力=若さ》とも言えます。
水分が少ないと、お肌のちょうしが悪くなる、関節が硬くなる、血行が悪くなる、冷えやすくなるなどの事が体で起こります。筋肉を育ててダイエットの仕上げをします。
実践
2週間の食事指導
 2週間は食事管理により目標減量体重の半分を目指します。
≪2週間の食事指導の目的≫
・腸内環境の改善
・舌の油抜き
・成功体験によりメンタルを変える

ダイエットの失敗する理由

  • ダイエット情報が多い
  • 👇
  • 正しい方法を選択できない
  • 👇
  • 痩せてはリバウンドを繰り返す
  • 👇
  • いつまでも痩せない
  • 👇
  • 痩せない体質になる
  • 👇
  • 痩せないメンタルになる
  • 👇

ホントは みんな分かってる!

どっちがダイエット成功する?
どっちがリバウンドしにくい?

運動なしで食事制限(糖質オフ)
VS
運動とバランスの良い食事
飲む(サプリ)だけで痩せる
VS
体質を変える
激しい運動を短期間行う
VS
自分に合った運動を習慣化する
激しい運動を短期間行う
VS
自分に合った運動を習慣化する

もう失敗しない!
もうリバウンドしない!
若返りながら
ダイエットしたい!

そんな方!
LINEからのご予約で
無料カウンセリングが
受けられます!

登録済みのLINEから
『無料カウンセリング希望』
と入力して送信!

スタッフが希望のお日にちを
ご確認致します
無料カウンセリングを
受けて頂いた方全員に
インディバの体験
50%OFF券
プレゼント!

まだLINEのお友達登録が
お済でない方
下のボタンからご登録下さい!

スタッフ紹介

竹原裕喜
ボディメンテナンスサロン1/24 院長
加圧トレーニングとカイロプラクティックが専門。TR-Xを使ったトレーニングも行います。健康に美しくダイエットするコツを伝授しています。