火災保険の
おすすめ商品とは?

家に万が一のことがあったとき役立つのが、火災保険でしょう。しかし多数の火災保険商品があって、どれを選んでいいのか迷っている方も少なくありません。自分にピッタリな商品を見つけたい人向けに、おすすめの火災保険の選び方を解説していきます。

火災保険とは?

・建物と動産にかける保険のこと

火災保険は、建物と家具などの動産にかける保険のことです。しかし通常の火災保険では、建物だけしか対象になっていないことも多いです。動産も保険の対象にするには、保険の特約を付ける必要があります。建物と家財両方をセットにしたい場合は、保険の内容を確認しましょう。

 

・幅広い災害に対応する保険

火災保険と聞くと、火災だけが対象だと思っている方もいるでしょう。対象の災害とは、火災、落雷、爆発、風や雪などの災害、水漏れ、衝突、盗難、水害など幅広い項目があります。単に火災だけが対象ではあにため、幅広い被害に対応できる保険です。

 

・持ち家は火災保険をかけるのが一般的

家を購入するときに必要となる住宅ローン利用は、ローンを提供する金融機関が、火災保険加入を前提としていることが多いです。火災保険をかけていれば万が一の際に保険がおりるため、金融機関も不測の事態に対応するよう火災保険加入を条件に加えています。

火災保険の必要性とは?

・オール電化住宅でも加入が必要

オール電化住宅だと火の元が少なく、火災のリスクは減ります。それでも火災のリスクはゼロではないため、火災保険に加入しなければなりません。もしかしたら隣家の火事で自宅が燃えるかもしれません。隣家の火事が原因でも、重大な過失がなければ隣家に責任を負わせることはできないのです。

 

・日本に居ればどこでも自然災害のリスクがある

火災保険は水害などの自然災害にも対応しているため、どの地域に住んでいても加入の必要性があります。近年は自然災害による火災保険の支払いが増えており、見逃すことはできません。台風やゲリラ豪富などで水害も予測され、日本に住んでいるなら自然災害対策として、火災保険の加入が必要です。

 

・盗難による損傷も対象

火災保険によっては、盗難による住宅損傷も対象となることがあります。家に泥棒が侵入する場合は、窓ガラスが割られ、家の中が汚される可能性があるでしょう。盗難で受けた損傷や汚損に対しても、火災保険が役立ちます。

火災保険の選び方

・必要な補償が選べる保険

火災保険は建物から家財までを対象にできます。さらに保険金がおりる対象も、自然災害から盗難や事故も選べます。必要な補償内容は家庭によりさまざまで、必要な項目を選択できる保険だと、無駄な保険料を払わなくて済むでしょう。

 

・希望する保険料である

火災保険商品は会社によって補償内容が異なり、保険料も変わってきます。保険料が高すぎても家計を圧迫するため、複数の業者の保険料を比較しましょう。保険によっては長期契約で割引料金になるものもあります。

 

・地震保険がセットにできるか

火災保険は火災や自然災害に対応できますが、地震に対する補償は別です。地震保険の加入は火災保険がセットでなければならず、加入する火災保険で同時に地震保険も加入できるか確認しましょう。

人気のある火災保険の特徴

・ネット通販型保険

最近はネットで申し込みができる、通販型の火災保険が増えています。自分で申し込みをしたり、内容を選んだりする手間はありますが、その分保険料がお得です。ネット通販型保険は、代理店の費用が必要ないため、それだけ保険料が安くなりやすい傾向があります。

 

・自分で補償内容が選べる保険

今は、補償内容を自分で選ぶ時代です。必要な補償を選択して、保険料を節約したいと考えている人が増えています。自由に補償を選べる保険なら、補償を厚くしたい方も、保険料を安くしたい方でも対応ができるでしょう。

 

・住宅ローン利用者向け保険

火災保険の中には、住宅ローン利用者向け保険もあります。中には住宅ローンを組む際に、金融機関が勧める火災保険を加入する方もいるでしょう。金融機関推奨保険の価格に納得できないなら、住宅ローン利用者向け火災保険がおすすめです。

火災保険加入方法のおすすめとは?

・クレジットカードで保険料が支払える

少しでもお得に火災保険を加入したいなら、クレジットカード払い対応の保険商品がおすすめです。支払いをクレジットカード払いにすると、カードのポイントが溜まりお得です。何年もかけることを考えると、カードのポイントは見逃せないでしょう。

 

・オプションが無料で付いてくる

保険料がそれほど変わらない保険商品があるなら、無料のオプションで比較してみましょう。鍵開けサービスや、水回りトラブル解消などが無料で付いてくるところがあります。

おすすめの火災保険は、下記リンクから確認してみましょう。

まとめ

火災保険の加入は、業者まかせという方も多いのではないでしょうか。
必要な補償がセットになっているか不安な方や、保険料を安くしたい方は、自分で比較しましょう。
最近はネット通販型も増えているため、お得な保険料で加入できるタイプもあります。