イボの原因や治療方法は?
おすすめの杏仁オイルについて

加齢と共に現れるイボを憂鬱に感じている人も多いのではないでしょうか。きちんとスキンケアをしていても、些細な原因からイボが生じることもあります。今回はイボの原因や治療方法だけではなく、イボケアに注目されている杏仁オイルについて紹介していきましょう。

イボの原因

簡単に「イボ」と言っても、その原因はさまざまです。こちらでは、どんな原因でイボが出来てしまうのかを見ていきましょう。

 ・ウイルス

イボができる原因は、ヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルスによる感染です。小さなキズからも感染して、イボを作ってしまいます。子供の多く見受けられます。

 ・加齢

年齢を重ねることによって発症するイボもあります。ただ、イボが出来たからといって痛みや痒みなどを感じないものがおおいです。

 ・イボ以外のものもある

イボのように見えていても、悪性黒色腫や悪性腫瘍の初期症状という場合があります。安易に「大丈夫だろう」と決めつけるのは良くありません。

イボの症状

イボができると、どんな症状が出てしまうのでしょうか。こちらでは、一般的なイボの症状について見ていきましょう。

 ・痛みなどはない

先述したように、イボが出来たからといって痛みや痒みが出ない人の方が多いです。通常は自覚症状になるものはないので、痛みなどが生じている場合は医療機関で診てもらった方がいいかもしれません。

 ・広がることがある

イボは1つだけ出来る場合もあれば、多発することもあります。多発した場合は集まって融合して大きな1つのイボになることがあります。

 ・放置は良くない?

なるべくなら放置せずに、皮膚科などで治療することをおすすめします。その理由として、イボを放置すると多発して完治までに時間を要してしまうことがあるからです。必ず多発するわけではありませんが、イボを放置するということは多発してもおかしくない状況であることを覚えておきましょう。

イボの治療方法

医療機関でイボを治療する場合、どのような方法があるのでしょうか。こちらでは、一般的なイボの治療方法について見ていきましょう。

 ・凍結療法

皮膚科などでイボの治療をしてもらう場合、液体窒素で凍らせてから除去する凍結療法が一般的と言われています。小さなイボであれば、凍結療法で問題ないでしょう。

 ・電気焼灼法

凍結療法と同じく一般的な治療方法のひとつに「電気焼灼法」があります。電気でイボを焼き切るという治療方法です。凍結療法と電気焼灼法を比較して、患者に合う治療方法を医師が提案してくれます。

 ・根気が必要

イボや電気焼灼法で治療をしても、それで終わりではありません。1回で感知することはほとんどないので、複数回の通院が必要になります。イボは広がることもあるため、根気強く治療に臨むことが重要です。イボが出来てしまうと、治療に時間がかかることを覚えておきましょう。

イボ対策におすすめの杏仁オイルとは?

イボが出来る前に対策したいという人もいるのではないでしょうか。イボ対策におすすめされているものとして「杏仁オイル」があります。こちらでは、おすすめの杏仁オイルについて見ていきましょう。

 ・アプリアージュオイルS

厳選されたアプリコットのみを使用している杏仁オイルであり、イボ治療で処方されるヨクイニンエキスも配合されています。添加物を使用していないので、肌が弱い人でも安心して使うことができるオイルです。杏仁オイルといえば、アプリアージュオイルSと言われるほど高い知名度を持っています。

 ・アンミオイル

アンミオイル1本に杏仁400個分の杏仁オイルが含まれています。カンゾウエキスも配合されているので、抗炎症作用にも適していると言われています。オイル自体の成分が濃いので数滴塗布するだけで構いません。オイルでありながら、さらっとしたテクスチャは愛用者から高い支持を得ています。肌にべたつくオイルが苦手な人におすすめされています。

 ・アプリシャル ピュアオイル

スクワラン配合がされていることもあり、保湿力の高さに定評があります。無着色・無香料なので肌への負担も最低限で済みます。就寝前に多めにつけておくと、翌朝はしっとりとした肌に仕上がるのも特徴のひとつです。他の杏仁オイルと比較して、値段が若干高めですが保湿力の高さもあり、製品の機能と比較しても割高と感じる部分はありません。

イボケアの杏仁オイルについ知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

杏仁オイルはイボ対策以外にも活用されているものです。
先述したように保湿力の高いものもあるので、
スキンケアアイテムとして愛用している人が多いのです。
エイジングアイテムなどを探している人にも杏仁オイルはおすすめです。
加齢で増えてくるイボを防ぐためにも、杏仁オイルなどでしっかり肌ケアをしておきましょう。